知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

健康の知恵

お肌の乾燥をどうにか防ぎたい!保湿の方法はどうしたらいい?

2017/09/14

201609153

元々乾燥肌の人は1年中、

そうでない人も季節や環境によって、お肌の乾燥に悩まされる方は多いのではないでしょうか。

特に冬は顔の乾燥が気になりますよね。

顔は体に比べて皮膚が薄く、常に外気に触れているため、乾燥しやすい部分です。

でも放っておくと、肌が厚く硬くなりさらに乾燥しやすくなるので、しっかりケアをしましょう。

今回は、肌の乾燥を防ぐ方法について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

肌の乾燥はなぜ起きるの?

健康な肌の角質層には、
皮脂や角質細胞の中にある保湿成分によって水分が一定量保たれています。

天然保湿因子のNMFが水分と結びついて潤いを細胞内に留め、
角質細胞間脂肪のセラミドが角質細胞同士を結び付けて水分の蒸発を防ぎ、
皮脂が肌の表面で外の刺激から肌を守っています。

このような身体の保湿システムが上手に働かずに水分不足に陥ると、肌が乾燥します。

 

肌の乾燥を放っておくと・・・?

・肌がカサカサして老けてみえる
・シワができやすくなる
・かぶれやすくなる

潤いが不足した肌は、カサカサして実際の年齢よりも老けて見えたり、
シワの原因となったりと、皮膚の老化が進んでしまいます。

また、身体を守るバリア機能も低下するので、細菌などに感染しやすくなり、
かぶれや炎症と言った皮膚トラブルが起こることもあります。

 

特定疾患による肌の乾燥を防ぐには?

肌の乾燥の原因は、
アトピー性皮膚炎、手湿疹、甲状腺機能異常などの特定の疾患によるものと、
環境、加齢、間違ったお手入れ栄養不足などの生活習慣によるものが考えられます。

特に特定疾患のものであれば、医療機関での治療も必要になってきます。

アトピー性皮膚炎

医療機関でかゆみを抑える治療を行います。

かゆみのコントロールを行いながら、
自宅では皮膚の症状や乾燥の改善のために、セルフケアを行いましょう。

・医師に処方された保湿剤を使ってスキンケアをする
・部屋の掃除をして、室内を清潔な環境に保つ
・布団はこまめに天日干しをして、取りこむ前に表面を丁寧にはたく
・睡眠を十分に取る
・好きなことをしてリラックスできる時間を持つ

 

手湿疹

手は心臓から遠く新陳代謝が悪いので、もともと乾燥しやすく外からの刺激も多く受ける場所です。

手荒れの症状を抑えるために、保湿を心がけましょう。

湿疹や痛みが酷いときは、医療機関を受診しましょう。

・市販の保湿剤やハンドクリームを手に塗って保護する
・除光液も手の刺激になるので、マニキュアを塗らない
・水仕事をするときは、木綿の手袋をしてから、
 その上に防水性のある手袋をつけて行う

 

甲状腺機能異常

甲状腺は「のどぼとけ」と呼ばれるところの下にあり、
甲状腺ホルモンは、基礎代謝の維持に必要なホルモンです。

医療機関で治療を行いましょう。

長期的に薬物を投与することで、症状が改善されます。201609151


スポンサーリンク




 

生活環境での肌の乾燥を防ぐ保湿方法は?

人の身体は肌ばかりでなく、全身のあらゆる場所にバリア機能を持ち合わせています。

肌が乾燥してしまうということは、そのバリア機能が低下してしまっていることに大きな原因があります。

バリア機能が回復すれば肌の状態も改善してくるはずです。次のような方法を試してみましょう。

紫外線を避ける

紫外線に当たり過ぎると肌の中で活性酸素が増えてしまい、正常な細胞を傷つけてしまい保湿力が低下してしまいます。

そのため紫外線対策は必須条件です。

栄養バランスの取れた食事

太るからと言って野菜ばかりのような偏った食事をしていませんか?

肌を構成しているセラミドやコラーゲンといった物質は、良質なタンパク質から生成されます。

バランスの取れた食事をすることが大切です。

運動不足の解消

「どうして乾燥肌に運動不足が関係あるの?」と思うかもしれませんが、
運動不足は全身の新陳代謝の低下を招き、
それが肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーを狂わせてしまう元になってしまいます。

適度な運動をすることが、肌の活性化にもつながるのです。

肌自身のバリア機能を高める方法

低下していた肌のバリア機能が回復してきたら、次はそれを高めて維持していきましょう。
回復させる際に行った方法にプラスする形で実行していきましょう。

規則正しい生活を送る

適切な睡眠時間と規則正しい生活は、全身の新陳代謝をアップさせます。

もちろんそれは肌にも影響があります。

これは寝不足の日々が続くと肌がガサガサになってしまうことでも実証済みですよね。

乾燥した場所に長居しない

最近ではオフィスの空調が整備されていて、
一日中室内にいて仕事をしていると肌の状態がカピカピになってしまうこともあります。

このような場所にいる場合は、
1時間に一度くらいは室外に出て、肌の乾燥状態を解消しましょう。

ミストなどを使って潤い分を補給するのも良いでしょう。

 

■私のおススメ!乾燥肌の最強保湿剤

私の経験からたどり着いた保湿剤が「オロナインH軟膏」なんです。
それまでは、お風呂を上がる手前の体がまだ濡れているときに、

ベビーオイルを全身に塗ってから拭いていたり、入浴後、全身にボディークリームを塗ったりしていました。

でもそのベビーオイルたやボディークリームはその場をしのげるっていうくらいだったのですが、

オロナインH軟膏を使うようになってから、見る見るうちに改善し始めんたんです。
また、夏でも足の小指の間のひび割れも、

お風呂の後に、よくその指の間を拭いた後にオロナインH軟膏をすり込むと1日で治ったりもしました。
だから、手や足の粉吹きのカサカでも大丈夫!

このオロナインH軟膏を手足にすり込んで寝ると、朝にはしっとりとみずみずしいお肌になれますよ!

ハンドクリームとしても、体の保湿にも、手足のササクレにも、本当に最強の保湿剤ではないでしょうか。

乾燥肌や敏感肌に「乾燥」は本当によくありませんよね。

しっかりを皮質するように心がけましょう♪

 

◆こんな記事も読まれています

アレルギーの治療法 保湿剤を上手に使えばコントロールできるって?

アトピーのやけどのような肌トラブルが回復 早めの保湿ケアを!

目の下のクマの治し方!種類別の原因とその後のケア方法を伝授します!

貧血の原因はストレス?女性に多いのは鉄分不足?症状を抑える対処法とは!

アットノン効果で顔のシミも消える?ニキビ跡にも?ケシミンとの違い?

 


スポンサーリンク




-健康の知恵
-, , , ,

スポンサーリンク