知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

生活の知恵

レインボールームとファンルームの違いって一体何なの?

2017/09/17

2016090610

最近、カラフルなアクセサリーをつけている人をたくさん見かけますよね!

子供にクリスマスや誕生日にプレゼントしたい!

自分用に買って色々作ってみたい!

だけど、あんなにかわいいアクセサリー、一体どうやって作るのでしょうか?

その秘密はレインボールームとファンルームにあるそうです・・・

レインボールームとファンルームの

商品の違い、作品や作り方についてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

レインボールームとファンルームって何が違うの?

でもこの2つ一体、何が違うの?
まず、

レインボールームは、編み台のパーツが動かせるので編み方の自由度があります。

ファンルームは、編み台の位置が固定されていて動きません。
輪ゴムは各社共通で使えますが、品質が違います。

類似品のゴムは切れやすく切り方が悪かったり、口径の大きさが揃ってなかったりします。

ファンルームのゴムは一番丈夫ですが、太めで何しろ入っている本数の割に凄く高いです。

レインボールームのゴムも割と良い方で、価格はファンルームより安価です。

 

材料や編み方の違いは?

レインボールームもファンルームの材料や編み方の違いを比べてみましょう。

材料

・レインボールーム:輪ゴム

・ファンルーム  :シリコンでできた輪

その他、どちらも編み機やフックがいりますが、それぞれ少し違いがあります。

 

編み機

編み機はこのようになっています。上がレインボールーム用。下がファンルーム用。

201609066

 

レインボールームの突起。

201609068

引用:http://ameblo.jp/striped-cat-house/entry-11912500582.html

 

ファンルームの突起。

201609067

引用:http://ameblo.jp/striped-cat-house/entry-11912500582.html

 

レインボールームは輪ゴムを使うので、ファンルームよりも色が豊富で伸びやすいです。

一方、ファンルームはシリコンの輪ですので、耐久性に優れています。

レインボールームとファンルームで作るブレスレットの作り方です。

編み方の違いなど参考になさってください。


スポンサーリンク




輪ゴムの違いは?

レインボールームのゴムはよく伸びます。

太さは少し細いです。

一方ファンルームのゴムはあまり伸びません。

あまり伸びはよくないので、無理に引っ張ると切れやすいです。

太さはレインボールームのゴムより少し太い感じ。

私はあまりびろ~んと伸びないほうが編みやすいので
ファンルームのゴムのほうが好きですね。

 

後は値段の違いです。

・レインボールームのゴムの値段:600本(クリップ24個入り)で約400円

・ファンルームのゴムの値段  :300本(クリップ15個入り)で約700円

圧倒的にレインボールームの方がコスパが良いですね!

ゴムは絶対に正規品を使って編まないといけないという事は無いので
好みで好きなほうを使っていいと思います。

でも色々作ってるとかなりゴムの数は必要になってくるので
レインボールームのゴムのほうが使いやすいかも、です。

 

どこで購入出来るの?

ファンルームは比較的簡単にどのお店でも手に入ります。

ショッピングモールのおもちゃ屋さん、トイザらス、通信販売で購入が可能です。

値段はどちらも2000円くらいです。

難しいのがレインボールーム。

でも、通信販売の楽天やアマゾンでの並行輸入品は偽物の危険があります!

以下の店舗で正規品を売っています。

イオン パンドラハウス、イトーヨーカドー、ユザワヤ

私はイオンのパンドラハウスでレインボールームを購入しました。

こちらのページゴムを編むおもちゃレインボールームが人気!偽物に注意!

プレゼントに偽物を贈る訳にはいきませんから、レインボールームを購入の際は気を付けてくださいね。

 

まとめ

コスパがよいのはレインボールーム

レインボールームのほうが輪ゴムが沢山入っているので、
ファンルームのゴムよりもコスパがよいそうです。

さらに、最近では100円ショップでもゴム編み用の輪ゴムが購入できます。

セリアで売っています。

編みやすいのはファンルーム

レインボールームと比べて、ファンルームのゴムのほうが伸びにくいです。

また、ファンルームの機械のほうが、レインボールームよりもしっかりしていて編みやすいです。

自由度が高いのはレインボールーム

レインボールームの機械は、思い通りに形を変えられるので

色々こったものを作りたい場合は、レインボールームがオススメです。

ファンルームは、編みやすいので
お子様などと一緒に作る場合などは作りやすいかもしれませんね。

 

◆こんな記事も読まれています

ドラム式乾燥機の電気代はどれが一番安いの?3つのタイプを徹底比較!

蛍光灯と白熱灯とLED。それぞれの性能、寿命、価格を比較してみると?

布団のダニをしっかり駆除する方法と繁殖を防ぐ方法とは!

ポリプロピレンとポリエステルの違いは何?その用途を比較してみる!

蛍光灯の種類と見分け方!直管や丸型をLED交換するための注意点とは!

 


スポンサーリンク




-生活の知恵
-, , ,

スポンサーリンク