知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

健康の知恵

二日酔いの対処法!頭痛や吐き気に即効で効く7つの裏技とは!

2017/09/12

2016110517

さて、これからの季節、忘年会、新年会と宴会続きですね!

でも、次の日が朝早かったり、大きな仕事をまかされているのに・・・

付き合いで逃げられない、なんて時もあるかもしれません。

この記事では、”二日酔いを今すぐ治せる方法を知りたい”という人のために、

即効性のある二日酔い解消法をご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

そもそも「酔い」の正体とは、何?

そうです、答はアルコールによる”脳の麻痺”ですね!
アルコールは脳を麻痺させることで酔った状態を作り出します。

軽い麻痺で精神の抑制が解かれ、興奮状態が表面化することが酔いの正体です。

でも、アルコールの摂取を続けて、呼吸中枢のある延髄まで麻痺が進むと、
呼吸が止まり命に係わる事態となります。
アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されますが、
アセトアルデヒドは毒性の強い物質として知られています。

アルコールを飲みすぎると、アルデヒドの分解機能が追いつかず、
顔が赤くなり動悸がするなど脳の麻痺症状が出たりします。

無理に、しかも長時間飲み続けるのは、本当に飲むのは危険なのです。

この状態が、翌日までも続くことで、”ひどい二日酔い”になるのですね!

 

二日酔いに即効で効く7つの裏ワザ

効くか効かないかは個人差があると思いますが、

これだけ知っておけば安心、という二日酔い解消法をまとめてみました。

 

大量に水分補給する

二日酔いは体内に入ったアルコールを分解する際に発生する
アセトアルデヒドという有害物質が原因で起こります。

肝臓のアルコール分解能力の限界を超えた量の飲酒をすることで、
翌日まで体内に残ったアセトアルデヒドが頭痛や吐き気、倦怠感などの症状を引き起こします。

これを解消するための最も有効的な手段が、
水分を大量に補給してトイレの回数を増やし、
アセトアルデヒドを体外に排出することです。

二日酔いのときは体が脱水状態になっているので、
補給する水分は糖分や塩分を含むスポーツドリンクがおすすめです。

Water bottles in ice

 

 

コーヒーを飲む

コーヒーに含まれるカフェインには、
二日酔いによる頭痛を解消したり、ボーっとした頭をすっきり覚醒させる効果があります。

利尿作用もあるので体内のアルコールを早く排出する手助けにもなるでしょう。

胃腸の調子が悪くてコーヒーを飲むことに抵抗があるときは、ミルクや砂糖を入れてまろやかにしましょう。

2016110513

 

トマトジュースを飲む

トマトには実は優れた二日酔い解消効果があると言われています。

トマトに含まれるリコピンがアセトアルデヒドの働きを抑制し、
クエン酸がアルコールで荒れた胃の粘膜を修復し、
GABAがアルコールで弱った肝臓を元気にしれくれます。

トマトそのものを食べても構いませんが、
手軽に用意できるトマトジュースを常備しておけば、
二日酔いの朝にサッと飲んで出掛けることが出来ますよ。

2016110519


スポンサーリンク





 

濃いお茶を飲んで、梅干を食べる

濃いお茶を飲み、梅干を食べましょう。

〝アセトアルデヒド〟を体外に排泄するためには、十分な水分補給が必要です。

その中でもお茶に含まれるカフェインは利尿を促し、
おしっことともに〝アセトアルデヒド〟を排泄しやすくなりますので
〝お茶〟がおススメです。

また、梅干に含まれるピクリン酸という成分がアルコールを含む全身の代謝を促し肝臓の機能を高めてくれます。

この2つを一緒にとると吐き気などもおさまります。

2016110520

 

シジミ汁を飲む

二日酔いのときにはシジミ汁を飲むと良い

と言われていますが、これは間違えありません。

シジミに含まれるタウリンには、
胆汁の分泌を促進して肝臓の解毒作用を高める作用があります。

翌朝飲めるように飲み会に行く前にシジミ汁を用意しておけば、とりあえず安心です。

2016110511

 

〝柿〟を食べる

柿は二日酔いの特効薬ですよ!

柿や干し柿に含まれる苦味成分のタンニン(ポリフェノールの一種)には
アルコール分解作用が、またカリウムには利尿作用があり、二日酔いに効きます。

2016110522

 

熱いシャワーを浴びる

二日酔いの朝に熱いシャワーを浴びることで、血液の流れが良くなってアルコールの分解が早まります。

目が覚めて頭もスッキリするので、シャキッとした状態で出掛けることが出来ますよ。

ただしあまりにも具合が悪いときは止めた方が良いでしょう。

2016110524

 

まとめ

アルコールを摂取すると楽しい、でも二日酔いはお断り。

そうできないのは、”二日酔いの原因”を知らなかったからですね!

でも今日からは大丈夫ですよね?
特に重要なのが、飲む前の行動です。

先にカフェインを含む紅茶や緑茶を飲んでおくだけでかなり違ってくるはずです。

また、ウコンを摂取するのも効果的ですよ!

ウコンは〝クルクミン〟という栄養成分があるのですが、
肝臓の解毒酵素を活性化させ、アルコールの分解を速めてくれる成分です。

飲酒前に摂取すると二日酔い予防に効果絶大です!

サプリメントやドリンク剤も販売されていますので、飲酒前に是非♪

ちなみに私は、飲む前にプリンをたべて、胃の壁に膜をつくるようにイメージしています。

これだけでも、酔具合は本当に違うのですよ!翌日の二日酔いも!!

でも、結局は「飲み過ぎない」ことが一番の二日酔い対策なのですが・・・(:^^;)

 

◆こんな記事も読まれています

柿は二日酔いに効くは本当?

枝豆の栄養と効能がスゴかった!でもイソフラボンと食べ過ぎの危険とは!

突然目が回る原因とは!めまいや冷や汗、腹痛は恐ろしい病気が潜んでいることも?

 


スポンサーリンク




-健康の知恵
-, , , , , , ,

スポンサーリンク