知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

イベント

大雪山の紅葉の見ごろは? 2016年の時期はいつ頃?

2016/12/21

 

今夏の北海道は、台風が立て続けにいくつも来襲で本当に心配です。

そんな台風シーズンの真っただ中ですが、

日本の中で、誰よりも先に紅葉が見られる場所をご存知ですか?

そうなんです、それは経緯の関係で、冬は長く夏が短い”北海道”!

その北海道でも、【北海道同中部に位置する大雪山】。

日本で一番早い紅葉とされる場所『大雪山』について今回は詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

日本一早い紅葉スポットとは?!

北海道では人気の紅葉スポットであり、毎年多くの観光客が訪れる場所になっています。

その大雪山の紅葉というのはいったいどんなものなのかお伝えできればと思います。

紅葉前線は、北海道から南下していくので、
残暑が厳しい…なんて声が聞かれるころ、大雪山では一足早く紅葉の季節がやってきます。

桜前線は南のほうから北に上がっていくのですが、
その動きとは逆にになっているのですね!

さらに、大雪山と言ってもひとつの山ではありません。

大雪山は・・・

・旭岳

・黒岳

・緑岳

・赤岳(銀泉台)

・北鎮台

・白雲岳

・愛別岳

・北海岳

北海道の最高峰である旭岳、黒岳、赤岳などの山々の総称なのです。

たくさんの山があることから「大雪山系」という言い方もするんですよ!

そんな大雪山で紅葉を楽しむためにおすすめのスポットをご紹介します。

201608301

 

 

大雪山の紅葉 時期はいつ?

9月上旬から10月上旬が紅葉シーズンとなります。

でも、ちょっと待ってください!

紅葉は山の上の方から始まって徐々にふもとに降りていきます。

山の5合目で見るか、ふもとで見るかによって紅葉の時期は変わりますよね。
それに大雪山を囲む大雪山国立公園の広さは神奈川県とほぼ同じ!

どのスポットに行くかによっても時期が違ってきます。

そこで、大雪山でも特に人気の3つのスポットについてもう少し詳しくご紹介します。

 

赤岳銀泉台 9月初旬から中旬

大雪山の中でも見ごろを早く迎えるのが赤岳銀泉台です。

紅葉の時期は交通規制があるので、
大雪レイクサイドからシャトルバスを利用していきます。

銀泉台からは森林パトロール事務所で入山届を出し、登山となります。

銀泉台の紅葉として紹介されている写真の多くは
30分ほど歩いた先でみられる景色なので、そこを目指して歩いてみましょう!

目標はおよそ1時間で到着する「第一花園」。

登山と聞くと特別な装備が必要のように感じますが、
第一花園まででしたらそこまで特別なものは必要ありません。

山道を歩きますので、最低でもスニーカーで大丈夫です。

汗拭きタオルや水筒など、子どもの時の遠足を思い出して準備してくださいね。

大雪山系赤岳~銀泉台の紅葉
【住所】北海道上川郡上川町銀泉台

【交通】車:札幌中心部から約3時間20分(道央自動車道 比布JCT利用)
※ 9月11日(日)~9月25日(日) 交通規制有り

バス:大雪レイクサイド臨時駐車場からシャトルバス運行/片道500円

【駐車場】有り / 駐車協力金1回200円

 

201608302

 

旭岳 9月中旬から下旬

登山はちょっと敷居が高いという方におすすめなのがロープウェイから見る紅葉です。

旭岳ロープウェイ
大雪山連峰の主峰で標高2291mの旭岳。

5合目の姿見駅までロープウェイで上がり、
ロープウェイからは、赤や黄色に色づいた美しい紅葉が眺められます。

ロープウェイではぜひ見下ろす景色も楽しんで!

山を見上げる景色ももちろんですが、
見下ろすと景色が180度広がって北海道の雄大さを感じることが出来るそうです。

姿見駅についたらぜひ姿見の池へ。

およそ1時間でまわれる姿見の池の散策路は
登山よりも気軽に楽しめるトレッキングコースです。

トレッキングコースは人気があり、
2時間ほどでゆっくりと効用を楽しみながら一周を周ることができます。

天気が良ければ姿見の池に映る旭岳の姿が見られますし、
9月の中旬からは雪の旭岳と紅葉が楽しめるかも!

前日までのお天気によってはぬかるんだ道を歩くことになります。

姿見駅では有料で長靴の貸出しを行っているので利用するといいですね!
・旭岳ロープウェイ:大人2990円・小学生1450円(往復運賃)

・所要時間10分ほどで、1時間に4本ほど。
また温泉宿もあるので、

紅葉トレッキングを十分に楽しんだ後は、
色とりどりの連峰を眺めながら温泉につかる・・・

もう最高の贅沢ですよね!

 

201608303

 

黒岳(層雲峡) 9月上旬から10月上旬

9月上旬から10月上旬ごろが見頃ですね!

登山もできますが、ロープウェイ+リフトで7合目まで行ける手軽さが魅力の黒岳。

山頂付近は8月の下旬に紅葉が始まり、
1か月ほどたつとふもとのロープウェイ乗り場でも見られるようになります。


スポンサーリンク




 

大雪山の紅葉 2016年の見ごろは?

2015年は、8月中旬から9月上旬まで、気温が低い状態が続きました。

このため、大雪山も少し早い紅葉の始まりとなりました。

2016年の天気の長期予想を見ると、
8月は平年並み9月は少し高めの平均気温ということです。

ということは、少しゆっくり目のスタートなのかな?という気がします。

ただ、ほんの数日でもグッと冷え込めば紅葉が進みますから・・・
こればっかりは天気次第ですね(笑)

赤岳銀泉台

9月の第2日曜から交通規制を行っているので、
紅葉のシーズンは9月10日ごろから2週間くらいと言えそうです。

シルバーウィークのころはちょうど見ごろになるかと思われます。

早朝からシャトルバスが運行していますが、登山客が多く込み合いそうです。

バスの本数は割と多いので乗れないことはないと思いますが、
座っていきたいなら早めに行って待つと良さそうです。

銀泉台から第一花園までの道のりはおよそ1時間と言われていますが、
途中でカメラを構える人も多くもう少し時間に余裕を持った方がいいでしょう。

 

旭岳

2015年の様子を見ると、
8月下旬は青い空と緑の山並みなのにシルバーウィークには
紅葉が最高潮となっています。

9月の下旬には紅葉の時期は終わり…という情報もあったので
昨年は割と短い紅葉シーズンだったのかもしれません。

9月20日すぎでも美しい紅葉が見られた年もあるので
お天気とにらめっこになりますね(笑)

土日や祝日は、駐車場もロープウェイも混雑するようです。

シルバーウィークは一番混む時期になります。

特に夕方よりも朝が人気で早朝でも駐車場がいっぱい!ということもあります。
100人乗りのロープウェイでも待ち時間があると聞くと
その混雑は想像がつきますが、
同じ紅葉シーズンでも平日であれば少し余裕がありそうです。

ロープウェイで行ける気軽さからか軽装で来る方も多いようですが、
服装には要注意です。

旭川市内と旭岳では、気温が10℃は違うそうです。

ロープウェイを降りた途端に寒さに震えることになったら大変!

フリースやウインドブレーカーなどの防寒対策をしましょう。

 

黒岳(層雲峡)

大雪山の北東側にある黒岳は7合目まで行けるロープウェイがあり、
山頂までは歩いて1時間程度で行くことができます。

ホテルや温泉、飲食店などが麓にあるので観光ツアーに人気の場所です。

5合目には入場無料の大雪山黒岳資料館があるので帰りに立ち寄ることもできます。

1時間程度の登山ですので初心者の方でも行きやすく、
始めの方は赤やオレンジ、黄色に染まった紅葉の中を歩き、
山頂に近づくにつれて背の低い草紅葉など楽しみながら上ることができます。

山から下りて来た後には近くの温泉に入れるので、
そこで1日を振り返りながらゆっくりしていきましょう。

201608305

 

 

大雪山の紅葉シーズンの混雑状況は?

これは一番気になるところだとは思いますが、実は大雪山の紅葉はそこまで混雑しません。

休日は人が増えるかもしれませんが、
9月の紅葉シーズンなのでまだ紅葉を見に行こうという人はそこまでいないのでしょう。

なので人混みが嫌な方にとっては9月の大雪山の紅葉はかなりおすすめできるものになります。

ただし10月になってしまうと本格的な紅葉シーズンになるので、
お客さんはかなり増加します。なので9月に行くのが良いでしょう。

 

 

初めての方はツアーもおすすめ

いきなり北海道に紅葉を見に行くとなると計画を立てるのが大変かもしれません。

そんなときにはツアーに申し込んでしまうのが簡単ですしおすすめです。

紅葉の時期はマイカー規制やバスへの乗り換えも大変なので、
初めての方は全てプロに任せてしまうのも良いでしょう。

ツアーを利用することで登山をする際の装備なども事前に案内してくれますので、

不安な方はツアー会社に連絡をして申し込んでみてください。

201608304

 

まとめ

9月の紅葉シーズンには全国から観光客が訪れ、大人気のスポットですね。

赤岳や銀泉山、黒岳でも見事な紅葉が見られますよ。

北海道のおおよそ真ん中の大自然に囲まれた山々は神々しく見えます。

野生動物を観察できるのも大雪山ならでは。

時にクマが出没することもあるとの情報があるので気を付けてくださいね。
それと、どこのスポットにも共通するのは、
山の天気は変わりやすいということ。

特にロープウェイに乗ると、
降りた途端に悪天候ということもあります。

強風の日はロープウェイが運行されない場合もありますし、
そもそも天気が悪いと紅葉が楽しめません。

天候やロープウェイの運行状況を確認して
お出かけを楽しんでくださいね。


スポンサーリンク




-イベント

スポンサーリンク