知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

イベント

新居浜太鼓祭り2017の日程と見どころ。喧嘩の場所や歴史は?

2017/09/12

 

新居浜太鼓まつりは、毎年10月に、愛媛県新居浜市で開催される秋祭りですね。

徳島の阿波踊り、高知のよさこい祭りとともに、四国三大祭りとして知られています。

新居浜人にとっては、
「お正月に帰れなくても新居浜太鼓祭りの時は絶対帰る!」というくらい大切なお祭りなんですよ。

みんなすごい気合ですよね!

新居浜太鼓祭りは、太鼓台と呼ばれる、絢爛豪華なお神輿型の山車を担いで練り歩く、勇壮で威勢の良いお祭り。

県内、県外を含めたくさんの観光客が訪れる、まさに新居浜市の一大イベントなんです。

新居浜太鼓祭りの醍醐味は『参加すること』

そんな新居浜太鼓祭り2017の日程や見どころなど、魅力をたっぷりとお伝えしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

新居浜太鼓祭りの2017年の日程とスケジュール

開催日時

10月16日(月)・・・8時30分~20時30分
10月17日(火)・・・9時45分~20時30分
10月18日(水)・・・9時~18時

開催場所

愛媛県新居浜市の各所

予想される開催場所

一宮神社・内宮神社・浦渡神社・萩岡神社・白山神社・八幡神社
一宮の杜ミュージアム ミュージアム・国領川河川敷
多喜浜駅前・新高橋南、国領川緑地 他

他にも小学校のグラウンドやスーパーの駐車場などでも開催予定があります。

 

201608311

 

新居浜太鼓祭りの見どころ!“かきくらべ”

新居浜太鼓祭りは、太鼓台という山車の1種を担ぐ勇壮華麗な伝統行事です。

太鼓台は元は神輿太鼓とも呼ばれていて、
高さ5.5m、長さ12m、重さ約3tにもなる巨大なもの。

胴体は金糸によって
龍や虎などの絢爛豪華な刺繍、布団締めや継幕で飾られ、壮麗を極めます。

この巨大な太鼓台は新居浜市内に53台あり、
1台を150人の男衆によって担ぎ、市内を練り歩くのです。

新居浜太鼓祭りでは、
担ぎ手を“かき夫”、担ぎ棒を“かき棒”と言うように、
「担ぐ」ことを「かく」と言います。

そして新居浜太鼓祭りの最大の見どころは
“かきくらべ”にあると言っても過言ではないでしょう。

かきくらべとは、
複数の太鼓台が一箇所に集まって、
太鼓の絶妙な合図で太鼓台をかき上げ、

さらに“差し上げ”という
両手を伸ばして頭上に持ち上げる技を競い合ったり、
太鼓台の房の揺れ具合の美しさを競い合ったりする、男の力比べ、技比べのことを言います。

ダイナミックな動きと、男衆を鼓舞するような太鼓の音、
そして若衆の威勢のいい掛け声に、観衆も熱い熱気に包まれます。

 

201608312


スポンサーリンク




 

おすすめ鑑賞スポットは?桟敷席はある?

おすすめ鑑賞スポット

新居浜太鼓祭りの醍醐味はかきくらべ。

おすすめ鑑賞スポットはかきくらべが観れる場所が中心になります。

16日の朝、“内宮神社かきあげ”に始まり、昼間は“中萩きらきら公園”、
16日の夕方より“昭和通り夜太鼓”。

17日の午前中は“河川敷公園かきくらべ”、“一宮の杜ミュージアム” 、
17日の昼間は“山根グラウンド統一寄せ”、
17日の夕刻なら“多喜浜駅前かきくらべ”がおすすめです。

18日は“大江浜かきくらべ”に始まり、
18日の昼間は“一宮の杜ミュージアム”、フィナーレの夕刻は“一宮神社かきくらべ”

がおすすめ鑑賞スポットです。

特に17日の山根グラウンド統一寄せと、有料桟敷席のある一宮の杜ミュージアム
一際迫力ある太鼓台を観覧することができると思いますよ。

桟敷席について

新居浜太鼓祭りの有料観覧席は、
一宮の杜ミュージアム(一宮神社の表参道)に桟敷席が設置されます。

楠の大樹のトンネルが続く木陰で、表参道の鳥居をくぐり、
雄大に練り歩く太鼓台を観覧できる、絶好のロケーションです。

全席指定で、前売り券が1席3,000円、当日券が3,300円で販売されます。

価格の変動もあるかもしれませんので、
前売り券の販売についてはこちらをご参照下さいね。

 

新居浜太鼓祭りの喧嘩とは?

新居浜太鼓祭りでは地域毎の太鼓台のぶつけ合いが勃発することがあります。

新居浜太鼓祭りでは他の地区と競い合う風潮があり、
太鼓台がすれ違う際には男達が意地の張り合いを見せることがままあるようです。

この太鼓台のぶつけ合いを“喧嘩”と称しているのです。

新居浜太鼓祭りの見どころの一つですが非常に激しいものなので注意しましょう。

よそ見をしている内に巻き込まれれば大変です!

太鼓台とすれ違うときには目をそらさず周囲に気をつけましょう。

 

まとめ

新居浜太鼓祭りは愛媛で行われる非常に激しいお祭りです。

お祭り当日には男衆が巨大な太鼓台が乗った山車を持ち上げ、
神様に見てもらえるよう街を練り歩いたり、山車を放り投げたりします。

非常に男らしくて見応えのある景色ですが、
“喧嘩”と称される太鼓台のぶつけ合いが生じることがしばしばあるので
巻き込まれないように注意が必要です。

あえて喧嘩に参加するのもありかもしれませんが
怪我をしないように気をつけてくださいね。

当日はきらびやかな太鼓台と威勢の良いかけ声、そして激しい喧嘩を楽しみましょう!

 

◆こんな記事も読まれています

大雪山の紅葉の見ごろは? 2017年の時期はいつ頃?

浅草酉の市2017年!場所や日程、アクセス方法は?

 


スポンサーリンク




-イベント
-, , , , ,

スポンサーリンク