知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

生活の知恵

4Kテレビ購入するならいつがイイ!?ベストな買い時をお伝えします!

2017/09/16

2016101311

4Kテレビが世に売りだされてから数年がたちました。

今では家電量販店に4Kテレビがズラリと並んでいます。

高画質でこれまでのテレビとは比べ物にならないくらい
きれいで繊細な映像を映し出すことができます。

以前は200万円とかとてもテレビとは思えない価格でしたが、
今ではかなり安くなっているようですね。

新しい家電はどんどん技術力が進化していきますが、
4Kテレビの買い時というのはいつなのでしょうか?

購入をご検討中の方にもベストな買い時をお伝えします!

 

スポンサーリンク

そもそも4Kテレビとは?

そもそも4Kテレビって何でしょうか?

現在のテレビの主流が2Kテレビ(フルハイビジョンテレビ)です。

そして、2Kテレビの画素数が約207万画素に対し、
4Kテレビは4倍の約829万画素という緻密で精細な映像を映し出すことができます。

2Kより4Kの映像の方が荒いボヤケた感じもなく、
細部までクッキリとしたリアルで滑らかな映像を映し出していることがわかります。

つまり、今までの倍の精度の画素数のテレビが登場したということですね。

2016101312

 

 

4Kテレビの買い時は新製品投入の秋が狙い目!

2016リオ五輪も終わり、リオ五輪ロスになっている方もいるとかいないとか、、、。

ちょっとさみしい気分ですが、4Kテレビの買い時はこの秋が狙い目。

この時期は、各家電メーカーより秋の新製品が投入される時期となっており、
今までの現行モデルは価格が安くなる傾向があるからです。
そして、スーパーや家電量販店などは、新製品との展示入れ替えのため、
現行モデルを“処分価格”として入れ替えセールなどの戦略を打ち出してくることも見逃せません。

どうしても新機能を搭載したモデルが欲しいなら、新製品モデルになりますが、

現行モデルにおいて十分なスペックがあるので、問題ないといえるでしょう。


スポンサーリンク




 

4Kテレビの価格がお求めやすくなったことも

テクノロジーの進化とともに、私たちを取り巻く社会はそのライフスタイルも大きく進化してきました。

エレクトロニクスの分野においても国をまたいだ技術開発競争と、
大量生産によるコスト削減による低価格化が実現しています。

大きさにもよりますが、
4Kテレビで40~50インチのものであれば、20万円程度あれば購入することが可能です。

これぐらいの大きさであれば、
やはりフルハイビジョンのテレビに比べれば高いのは否めません。

またさらに大きなサイズとなれば、
4Kテレビが初登場した2011年は、55型で約100万円と高値でした。

その後、コストダウンが着実に進み、
現在では最新機能と格段に画質が進化したハイエンドモデルが、
40万円前後まで落ち着いています。

さらに、メーカーが拡販を狙った戦略モデルなら、
上位モデルと同程度の最新機能を網羅しつつ、10万円台から見つかります。

40型以上でリビングに据えるなら、もう4Kを選ばない理由はありません!

 

まとめ

買い時は説明の通りなのですが、多くの種類があるテレビを絞り込む作業は大変ですね。

信者のソニー、

安くて無難なパナソニック、

最低限で安いシャープ、

ハイエンドを買うなら高画質な東芝、

究極はLGなどといわれています。

各メーカーの個性や特徴もありますが、一番大切なのはあなたが何を重要視するかですね。

買い時を逃すことなく、ベストなテレビ選びのお役にたれてば幸いです。

 

◆こんな記事も読まれています

ドラム式乾燥機の電気代はどれが一番安いの?3つのタイプを徹底比較!

蛍光灯と白熱灯とLED。それぞれの性能、寿命、価格を比較してみると?

布団のダニをしっかり駆除する方法と繁殖を防ぐ方法とは!

ポリプロピレンとポリエステルの違いは何?その用途を比較してみる!

 


スポンサーリンク




-生活の知恵
-, , , , ,

スポンサーリンク