知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

食物アレルギー

アレルギー反応を起こす原因!3大アレルゲンを除去する方法とは!!

2017/09/06

2016120322
「卵や卵が入っているものは避けてください」
といわれても、実行するとなると、

なんにはいっているのかは意外とわからないものですよね。

食べていいもの、悪いものの基本を頭に入れて、
あとは成分表示をきちんと確かめる習慣をつけていきましょね!

とくに、調味料やダシ、ルウなどには、注意が必要ですよ。

この記事では、
3大アレルゲン=卵、牛乳、大豆を除去する方法を調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

除去する食物はどんなものに使われているの?

まず、除去する食物がどんなものにつかわれているのかを
しっかり頭に入れましょう?

それが難しいんでしょうが・・・、と言われてしまいそうですが:^^;

でも、アレルギーといっても、
症状の形はいろいろあるし、同じお子さんでも、
年齢とともにその症状は変わってきます。

毎日、食べたもの、皮膚の状況を記録した食物日記をつけておくと、
あとですごく役に立ちますよ!

発育発達のいちじるしいときですから、
食物の除去は、お母さんの判断でやらずに、

何を、どの程度、どのくらいの期間、除去するのか、

必ずお医者さんに相談しましょう!

 

食物負荷試験 乳児は検査して除去する食物を特定しましょう!

食物アレルギー 除去食はいつまで続ければいいの?

食物アレルギー アレルゲンを除去して症状を抑えるために大切なこととは?

 

 

卵アレルギーのとき

鶏卵やうずらの卵はもちろんですが、

たらこ、子持ちししゃもなど魚の卵にも注意してください。

ハム、ちくわなどの練り製品、
ラーメン、食パン、菓子パンにも卵は使われているので、

アレルギー用の練り製品
ビーフン、こんにゃくの麺、
フランスパンなどで代用します。

市販のお菓子はよく卵を使いますが、
成分表をみてもわからないときがあります。

卵抜きで手作りをすると安心ですね。

市販の唐揚げ粉、天ぷら粉の代わりには、
片栗粉、コーンスターチ、小麦粉をつかいます。

マネネーズは、自家製のドレッシングに置き換えます。

とくに、鶏肉に関しては、
鶏肉がアレルゲンとわかっっているときは除去します。

 

アトピーで顔のブツブツ!その湿疹の原因は卵かな?

アトピーは卵を除去して改善!でもゼイゼイするので喘息が心配

食物アレルギーで卵とミルクにアレルギー。除去さえすれば・・・?

 


スポンサーリンク




 

牛乳アレルギーのとき

牛乳、粉ミルクは、赤ちゃんや子どもにとって大切なので、
必ず医師と相談しながら、アレルギー用のミルクを使います。

バターやチーズ、マーガリン(植物性でも)、
ショートニングは牛乳が入っているので、

アレルギー用のマーガリン(パーム油マーガリン、菜種油マーガリンなど)を使います。

菓子パンや食パンも牛乳を使っているので、フランスパンに!

ホットケーキ、プリン、アイスクリームはどの乳製品はやめて、

ミルクノンビスケットや、
わらびもちなどの和風のお菓子の手作りはいかかでしょうか。

また、牛肉に関しては、
牛肉がアレルゲンだとわかっているときは除去します。

 

赤ちゃんのアトピー 卵と牛乳が食べられないから別メニューで奮闘中です!

牛乳アレルギーとチーズ!1才5ヶ月でカルシウムはどうやってとるの?

牛乳アレルギーでバター卵もダメ!代替えメニューは何かある?

 

 

大豆アレルギーのとき

一番注意したいのは、市販のサラダ油、ごま油、天ぷら油、
ショートニングには、大豆油が混入しているので、

アレルギー用油を使います。

インスタントラーメン、カレールウ、
油ずけ缶詰、市販の天ぷら、カツ、
ポテトチップス、コーンフレークなど

大豆油を使っているので、
アレルギー用油で作った食品を代わりに使います。

しょうゆ、みそ、納豆、豆腐、ソースなど
大豆を使った製品の代わりに、

ノン大豆しょうゆ・みそ(一般の麦味噌は大豆を使っているんのでダメです)を使います。

えんどう豆、そらまめ、あずき(あずきあんのお菓子も)なども避けましょう!

 

11ヶ月で食物アレルギー!大豆はラストラスク3、しょうゆやみそは?

アクの強い食物でかゆくなるのはアレルギーですか?

アレルゲンは年齢によって変わるって?食物アレルギーを起こす食べ物とは?

 

 

まとめ

食物を除去するのは、特定が難しいし、
すぐに効果が出るわけでもないので、本当に厄介ですね!

食物を除去するときは、

・除去することで症状が良くなっているか、
・きちんと代替え食品で栄養がとれているか
・いつからふつうに食べれるようになるのか、などを

お医者さんに相談しながら、
きちんとした指導をうけながらすすめてくださいね♪


スポンサーリンク




-食物アレルギー
-, , , , ,

スポンサーリンク