知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

アレルギー月齢別Q&A

あせもとアトピーの見分け方は?あせもはかゆくてかき壊すと長引きます!

2017/11/18

2017010711

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーは、
治療をしても一進一退のことが多く、

治るまでにずいぶん時間がかかります。

そんなあんなで、お母さんの不安や疑問、
迷うことなどがどんどん溜まってきます。

薬の量や塗り方など、
塗り薬の使い方は意外に難しいものですよね!

「あせもとアトピー性皮膚炎、どうやって見分ける?」といった素朴な質問、

「日焼け止め、塗ったほうがいい?」といった疑問や、

「1才まで検査は不要というのは本当?」といった

具体的な質問などを「Q & A」にまとめてみした。

実生活に即した情報をお伝えしますので、毎日の生活にお役立てください。

 

 

スポンサーリンク

あせもとアトピー性皮膚炎、どうやって見分ける??

Q:

あせもとアトピー性皮膚炎、どうやって見分ける??

 

 

A:

暑いとき、急にできたらあせもですが・・・。

あせもは、暑いとき(冬でも暖房で室温が高いと)、

頭や顔、わきの下などに、
赤い小さなブツブツが急にパーっと広がり、
かゆみがあります。

あせもは汗を洗い流し、
涼しい環境におけば数日でよくなりますが、

かゆくてかき壊すと長引きます。

アトピー性皮膚炎
顔やおなか、手足の関節部分などに、
慢性的にできるかゆみのある疾患ですが、

汗で悪化することもあるので、
両方が混在することもあります。

 

あせもとアトピーはどの薬を使うの?赤ちゃんのアトピーは治るの??

アトピー性皮膚炎は治るのか?あせもとアトピーの見分け方は??

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は治るの?あせもとの見分け方とその対処法とは!

 

 

日焼け止め、塗ったほうがいい??

Q:

日焼け止め、塗ったほうがいい??

 

 

A:

強い日差しのときは塗ったほうがいいでしょう!

日焼けは皮膚への強い刺激になりますから、
海水浴やキャンプなど強い日差しを浴びるときは
日焼け止めを塗りましょう。

乳幼児用など低刺激性のものを選び、
まずは手足の湿疹のないところに塗って

かぶれがないか、確かめておきましょう!

近所への買い物、散歩程度なら、
ベビーカーの日よけや防止でいいでしょう!

 

アトピーの皮膚症状!かゆくて頭を振るけど変にならないの?

赤ちゃんは蚊に刺されやすい?蚊取り線香を使わない対策とは?

日焼け止めのおすすめは!敏感肌でも効果的な塗り方とは?!

 

スポンサーリンク




 

1才まで検査は不要というのは本当??

Q:

1才まで検査は不要というのは本当ですか?

 

 

A:

食物アレルギーの疑いがあれば、検査をします。

かゆみのある湿疹がずっと続くようなら、
食物アレルギーが関係している可能性があるので、

アレルギーの原因となっているアレルゲンを探す
アレルギー検査をします。

血液検査と皮膚検査があります。

卵や牛乳など食物が
アレルゲンになっているかどうかがわかると、

除去によって皮膚症状が改善したり、
離乳食を安全に進めることができます。

食物アレルギーは赤ちゃん時代に症状が出やすく、
成長するにつれて症状が出にくくなってくるので、

検査は1才になるまで待たず、
早めに受けたほうが実際の治療に役立ちます。

 

しかし、一般小児科では、
皮膚テストはあまりしませんし、

皮膚科では
小さい赤ちゃんの採血は苦手です。

実務的なことや、
医療保険上の問題から、

赤ちゃんの検査は敬遠されがちなのが現実です。

アレルギー専門医を受診するといいでしょう。

 

アトピーの原因は?アレルギー検査は生後何ヶ月からできますか?

血液検査でアレルゲンを除去!卵、牛乳、小麦が3大アレルゲン?

食物アレルギー 血液検査と皮膚テスト、食物負荷試験の危険とは?

 

 

最後に

食物アレルギーは、
検査は1才になるまで待たず、

早めに受けたほうが実際の治療に役立ちます。

アレルギーの原因となっている
アレルゲンを探すアレルギー検査をしてください。

食物アレルギーの根本の原因を突き止めて、
その食品を除去してください。

除去することによって皮膚症状が改善したり、
離乳食を安全に進めることができます。

赤ちゃんは
言葉を発することができないので、

ひっかいたりして細菌感染などの
症状が悪くならないうちに、
医師の指導に従って治療してください。

赤ちゃんの負担もその分、軽くすみますし、、
適切な処置を行えば、必ずよい方向に向かうはずですよ!

頑張ってください。応援しています。

赤ちゃんに愛情たっぷりの子育てお母さん♪

スポンサーリンク




-アレルギー月齢別Q&A
-, , , ,

スポンサーリンク