知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

気管支喘息

気管支喘息の血液検査、皮膚テストと呼吸機能検査とは?

2017/09/03

喘息は、
気道が慢性的に炎症を起こしているため、

せきや喘鳴(ゼイゼイ)を伴う
呼吸困難発作を繰り返す病気です。

治療するのにけっこう時間がかかるし、
炎症も一進一退なので、

お母さんの不安や疑問、
迷うことなどがどんどん溜まってきますいよね!

血液検査や皮膚テストでアレルギーの関与、

呼吸機能検査などで発作の程度を調べます。

この記事では、
実生活に即した情報をお伝えしますので、

毎日の生活にお役立てください。

 

 

スポンサーリンク

血液検査と皮膚テスト

赤ちゃんや子どもは成長過程で
アレルゲン(原因物質)が変わってくることもあるので、

赤ちゃんのときにアトピー性皮膚炎で検査を受けていても
再度検査をすることがあります。

卵や牛乳に対する食物アレルギーが陽性で、
ダニやほこりは陰性であったとしても、

1才を過ぎると
ダニやほこりが陽性になり、

さらにおおきくなると逆に
卵や牛乳が陰性になるということもあります。

 

血液検査

アトピー素因を持っているかどうかわかります。

総IgE値が1才で130単位以上あると、

アトピー素因があると言えます。

 

 

血中抗原特異IgE抗体検査

どのアレルゲンに対して、
どのくらいのIgEを作っているのかを示します。

アトピー素因があると、
アレルゲンに対してIgE抗体が作られやすくなります。

このIgE抗体が悪さして、
喘息など、さまざまなアレルギー症状があらわれるのですね。

とくに喘息は、
吸引性アレルゲンが原因のことが多いので、

ダニやハウスダスト、カビ、猫や犬のふけについて
調べることが多いのです。

 

 

皮膚テスト

アレルゲンによって、
どれくらい皮膚が腫れているのかをみると、

どのアレルゲンに対して
IgE抗体を作っているのかがわかります。

 

赤ちゃんでも喘息症状が出るなら吸入ステロイドで長期管理を始めます!

気管支喘息の薬!吸入ステロイドを中心に重症度に合わせて使います!

気管支喘息の治療!発作を起こさないための服薬や環境整備とは?

 

 

発作の重症度や呼吸状態を知るためには?

喘息や発作のとき、
呼吸が苦しそうなのはわかっても、

どの程度肺が働いているか
客観的に診断するには、

呼吸機能検査が必要です。

また、喘息の子どもは、
普段の呼吸機能を調べておくと

発作予防の治療の参考にもなりますよ。

ただ、

呼吸機能検査は、
言葉が分かる幼児期後半から
だんだんできるようになり、

信頼性があるデータは
6才以上でないと取ることができません。

だから、
赤ちゃんにはできないものもあるのですね。

 

パルスオキシメーター

発作時の症状の重さがわかります。

測定端子がついた布製のベルトを
指先に巻くだけで、

血液中の酸素飽和度が図れます。

赤ちゃんでも検査できます。

乳幼児でも簡単に検査できるため、
発作時に行われます。

発作で酸素吸入が必要なときは、
パルスオキシメーターの数値を参考にして
治療がおこなわれます。

 

 

ピークフロー検査

息を吐き出すときの最大流量によって
気管支がどの程度細くなっているのか、

毎日、ピークフローを吹いて
喘息日記に記録しておきます。

簡単に出来て、
体にも負担が掛からないために

自宅でも測定できます。

でも、
できるようになるのは、
「勢いよく息を吹いて」の指示が分かるようになる

小学生になるころからでしょう!

 

喘息以外の咳が長引く病気?喘息と間違えやすい病気とは!

喘息の増悪因子とは?過敏な気管支喘息の発症原因は何?

僕のアレルギーマーチ? 年齢とともにアレルゲンが変わるって!?

 


スポンサーリンク




 

とくに大発作のときなどは!

呼吸のたびに肩を大きく動かしたり、
小鼻をふくらませたりする鼻翼呼吸、
陥没呼吸がはっきりしてきます。

呼吸困難がひどく、
話すのも辛そうにします。

おっぱいやみるくはほとんど飲めず、
食事も食べません。

さらに症状が進むと、
唇が紫色になったり、

苦しそうに顔をゆがめたり、
唸り声を上げたり、

冷や汗をかくこともあります。

呼吸数は増え、
ピークフロー値は普段の30%以下です。

すぐに受診をするようにしてください!

 

喘息は気道が狭くなる病気!ゼイゼイから大発作まで気づくことが重要!!

喘息発作は薬と予防で治療すると言われて納得です!

気管支喘息の治療!発作を起こさないための服薬や環境整備とは?

 

 

最後に

生後2才ころまでの乳幼児は、
気道が狭く、

また、
気管支の平滑筋の働きも不十分なため、
ちょっとした刺激で痰が出ると

狭い気管にからまって、
喘息が聞こえることがありますが、

成長とともに治ることが多いのです。

しかし、なかには、
生まれつきの病気のために
喘息が続くこともあります。

お子さんの喘息が気になる時は、
かかりつけ医に相談しましょうね。

今は本当に大変ですが頑張ってください。

お子さんに愛情たっぷりの子育てお母さん♪


スポンサーリンク




-気管支喘息
-, , ,

スポンサーリンク