知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

気管支喘息

気管支喘息の診断は?問診、聴診、検査などをしてからなの?

2017/09/03

喘息は、
気道が慢性的に炎症を起こしているため、

せきや喘鳴(ゼイゼイ)を伴う
呼吸困難発作を繰り返す病気です。

治療するのにけっこう時間がかかるし、
炎症も一進一退なので、

お母さんの不安や疑問、
迷うことなどがどんどん溜まってきますいよね!

喘息は発作の程度や頻度によって、
重症度が決まります。

重症度によっては、
発作のないときも服薬する
長期管理が必要なケースもあります。

この記事では、
実生活に即した情報をお伝えしますので、

毎日の生活にお役立てください。

 

 

スポンサーリンク

喘息は発作を繰り返す病気です!

ヒューヒューがひどい、
呼吸困難があった、

赤ちゃんやちいさい子どもには、
喘息と同じような喘鳴(ぜんめい)を伴う
せきの出る病気にかかったり、

生まれつきの喘鳴を起こすことがあるので、

そういった病気の鑑別診断が必要な場合もあるのです。

 

問診

・せきやゼイゼイの様子、
・いつからどのくらい続いているのか、
・呼吸の様子
・発熱や下痢の症状はあるのか、
・食欲、睡眠、機嫌などが聞かれます。

また、赤ちゃんや子供の喘息は、
アレルギー性のものがほとんどなので、

・アトピー性皮膚えんや食物アレルギーがあるか、
・家族にアレルギー疾患があるか、も

診断の参考になります。

 

 

聴診など診察

せきやゼイゼイ、
呼吸が苦しくなるなどの症状は、

かぜ、気管支炎、肺炎など
呼吸器感染症でもよく起こります。

これらの病気が合併していないかどうか、
診断するために、

胸部のエックス線撮影や血液検査、
咽頭のぬぐい液の細菌検査などを

行うことがあります。

せきやゼイゼイの原因を調べるために、
一般的な診察はかかせません。

 

 

気管支喘息とアレルギー性副鼻腔炎と診断されて手術を受けました!

喘息様気管支炎から気管支喘息に!ステロイド吸入で起こさなくなった?

気管支喘息の薬!吸入ステロイドを中心に重症度に合わせて使います!

 

喘鳴(ぜんめい)に対する治療方針とは!

初めて喘鳴のあるせきが出て、
呼吸困難が起こったときは、

基本的に、
気管支拡張薬が処方されます。

呼吸困難を伴うときは、
ステロイド薬(炎症を抑える薬)

静脈注射を追加することもあります。

冬期は、
かぜを何回もひくことがあり、

そのたびに喘鳴を伴う
呼吸困難、発作を繰り返すという場合は、

喘息と疑って検査することになります。

とくに
お父さんやお母さんがアレルギー体質である、

という場合には、

喘息の可能性が高いと考えて、検査します。

 

気管支喘息の症状!赤ちゃんは喘鳴(ぜんめい)を伴う呼吸困難を起こすことも?

喘息以外の咳が長引く病気?喘息と間違えやすい病気とは!

気管支喘息の自己管理 吸入用ネプライザーは常備しておきたい!

 


スポンサーリンク




 

喘息の重症度4段階

喘息(ぜんそく)と一口に言っても、
年に数回発作が出る人から

毎日発作が起こる人まで様々です。

喘息の重症度は、
発作の程度と発作の頻度を目安にして決めて、

その後の治療方針を立てていきます。

 

間欠型

年に何回か、季節の変わり目などに、
軽い喘鳴を伴うせきが続きます。

呼吸困難があっても軽く、
β2刺激薬を使うとすぐに症状が軽くなる。

 

軽症持続型

軽い喘鳴を伴うせきを月に1回以上繰り返す。

ときには呼吸困難が起こるが、
日常生活に差し支えるほどでなない。

 

中等症持続型

軽い喘鳴を伴うせきを週に1回以上繰り返す。

ときには中発作や大発作となって、
日常生活が普通に送れないこともあある。

 

重症持続型

軽い喘鳴を伴うせきが毎日続き、
中に1回以上、

中発作や大発作を繰り返す。

夜間に中発作や大発作を起こして
救急診療を受けたことがあり、

ひどくなると、

入院・退院を繰り返すこともある。

 

喘息は気道が狭くなる病気!ゼイゼイから大発作まで気づくことが重要!!

2才~5才の子ども!喘息症状が出るなら吸入ステロイドで長期管理を始めます!!

赤ちゃんでも喘息症状が出るなら吸入ステロイドで長期管理を始めます!

 

 

 

最後に

僕のケースで恐縮なのですが、
僕も若い頃から喘息持ちで、

とくに冬の寒い夜は、
眠っていてもせきをするごとに

喉を掻っ切られるような痛みに苦しみ、
2年程度の体質改善注射による治療を
余儀なくされました。

それから30年近く経った今でも、
季節の変わり目の、
とくに秋から冬にかけての時期には、

冬ふとんなどのハウスダストで、
寝る前にすこし咳き込んで、喉が痛んだりもします。

また、寝ていても、
口呼吸で喉が乾燥するせいで、

ヒューと喉の痛みで目が覚めたりも時々します。

だから、少しはわかるのですが、
赤ちゃんや子どものお母さんは、この時期大変ですよね。

とくに赤ちゃんは
気管支の平滑筋の働きも不十分なため、
ちょっとした刺激で痰が出ると

狭い気管にからまって、
喘息が聞こえることがありますが、

成長とともに治ることが多いのです。

お子さんの喘息が気になる時は、
かかりつけ医に相談しましょうね。

今は本当に大変ですが頑張ってください。

お子さんに愛情たっぷりの子育てお母さん


スポンサーリンク




-気管支喘息
-, , , ,

スポンサーリンク