知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

気管支喘息

赤ちゃんでも喘息症状が出るなら吸入ステロイドで長期管理を始めます!

2017/09/03

 

喘息は、
気道が慢性的に炎症を起こしているため、

せきや喘鳴(ゼイゼイ)を伴う
呼吸困難発作を繰り返す病気です。

飲み薬や塗り薬、
吸入といろいろありますが、

使い方を間違えると効果もでません。

また、どんな薬を使うのかは、
子供の年齢や重症度などによって違いますね。

この記事では
お母さんの不安や疑問、気ががりにお答えします。

毎日の生活にお役立てください。

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんには発作予防の治療が大切です

2才未満の赤ちゃんは、
発作の頻度は低くても

いきなり重い発作を起こすことがあります。

月1回以上発作があれば、
長期管理の薬物療法を始めます。

喘息の発作を予防することで、
気道の炎症の発作を防ぎます。

赤ちゃんの場合、
ピークフロー検査などで
呼吸機能を検査することができないので、

ある程度の経緯を見ないと
よくなっているかどうかを判断しにくいものです。

 

長期管理を始めて、
1ヶ月くらいたっても

発作の回数が減らないときは、

かかりつけ医に相談して、
アレルギー専門医を紹介してもらうことも
ひとつの方法です。

また、症状が目立たないからといって
薬をやめてはいけません。

やめると発作が再び起きることがあります。

発作がコントロールできないときは、

薬の飲ませ方や
吸入のやり方がきちんと出来ているか、

確認します。

わからないときはかかりつけ医に相談しましょう!

 

気管支喘息の自己管理 吸入用ネプライザーは常備しておきたい!

喘息の増悪因子とは?過敏な気管支喘息の発症原因は何?

 

 

ステップ1の治療

基本治療

喘息発作を年に数回起こす程度のときは、

普段は喘息薬は使わず、
発作のときに治療をします。

 

追加治療

月に1回以上起こすときは、

ロリコトリエン受容体拮抗薬の飲み薬や
DSCGの吸入、

もしくは両方を行います。

赤ちゃんは、
かぜなどのウィルス感染で
喘息を引き起こすことが多いので、

症状が軽くなり、肺機能がよくなる
ロイコトリエン受容体拮抗薬(オノン、シングレアなど)

よく使われます。

 

気管支喘息の息苦しさの原因?気道過敏症があって果物に反応しやすいって?

気管支喘息とアレルギー性副鼻腔炎と診断されて手術を受けました!

 

 

ステップ2の治療

基本治療

ロイコトリエン受容体の飲み薬
DSCGの吸入、

もしくはその両方を行います。

 

追加治療

吸引ステロイド薬を毎日行います。

吸引ステロイド薬は、

直接気道に届き、
気道の炎症を抑えます。

肺機能もよくなり、
本人も呼吸が楽になります。

 

気管支喘息 呼吸が苦しそうなので病院にいくと即入院!

喘息様気管支炎から気管支喘息に!ステロイド吸入で起こさなくなった?

 

 

ステップ3の治療

基本治療

吸入ステロイドを使います。

(ステップ2とは薬の濃度が違います)

 

追加治療

ロイコトリエン受容体拮抗薬の飲み薬、
DSCGの吸入、
β2刺激薬(飲み薬、貼り薬)、
デオフィリン徐放性剤の

どれかひとつ、もしくは
いくつか組み合わせて使います。

 

気管支喘息の薬!吸入ステロイドを中心に重症度に合わせて使います!

気管支喘息の治療!発作を起こさないための服薬や環境整備とは?

 


スポンサーリンク




 

ステップ4の治療

基本治療

吸引ステロイド薬(ステップ3とは薬の濃度が違います)に、

ロイコトリエン受容体拮抗薬の飲み薬か、
DSCGの吸入、

もしくは両方を使います。

 

追加治療

β2刺激薬(飲み薬、貼り薬)
デオフィリン徐放性剤を追加します。

β2刺激薬は症状がコントロールされたら、
中止するのが基本です。

 

気管支喘息の症状!赤ちゃんは喘鳴(ぜんめい)を伴う呼吸困難を起こすことも?

気管支喘息の原因!その90%以上は吸入アレルゲンによるものです!!

 

 

最後に

長期管理は、
喘息発作を予防するために

普段から薬の吸入や
内服を続ける治療法です。

赤ちゃんの吸入は
ネプライザーを使います。

吸入は薬を微粒子にして
のどに吹き付けます。

ネプライザーは電動で
薬が噴射される吸入器。

口を開けていれば自然に出来るので
赤ちゃんでも使えますよ!

ちなみに
赤ちゃんの吸入に使う薬は

DSCGや吸入ステロイド薬ですよ。

今は本当に大変ですが頑張ってください。

お子さんに愛情たっぷりの子育てお母さん♪


スポンサーリンク




-気管支喘息
-, , , , ,

スポンサーリンク