知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

気管支喘息

2才~5才の子ども!喘息症状が出るなら吸入ステロイドで長期管理を始めます!!

2017/09/03

喘息は、
気道が慢性的に炎症を起こしているため、

せきや喘鳴(ゼイゼイ)を伴う
呼吸困難発作を繰り返す病気です。

基本的な薬の使い方は
赤ちゃんの時とあまり変わりませんが、

吸入ステロイドなどは
使える薬の種類が増えてきます。

また、どんな薬を使うのかは、
子供の年齢や重症度などによって違いますね。

この記事では
お母さんの不安や疑問、気ががりにお答えします。

毎日の生活にお役立てください。

 

 

スポンサーリンク

毎日の吸入や飲み薬が欠かせません

2才から5才の長期管理は、

吸入ステロイド剤など
使える薬の種類も増え、

赤ちゃん(2才未満)とは少し違ってきます。

喘息発作を予防するには、
長期管理は欠かせませんし、

長期管理をしていると
「みかけの」症状は軽くなっていきますが、

それは長期管理の効果であって、
薬を飲まなかったら、

発作を起こしたり、
症状が悪くなったりします。

主治医と相談しながら、

環境整備と長期管理をきちんとやってください!

 

気管支喘息の治療!発作を起こさないための服薬や環境整備とは?

気管支喘息の自己管理 吸入用ネプライザーは常備しておきたい!

喘息の増悪因子とは?過敏な気管支喘息の発症原因は何?

 

 

ステップ1の治療

基本治療

喘息発作を年に数回起こす程度のときは、

発作のときに
発作を抑える治療をします。

 

追加治療

月に1回以上起こすときは、

ロリコトリエン受容体拮抗薬の飲み薬や
DSCGの吸入、

もしくは両方を行います。

 

気管支喘息の息苦しさの原因?気道過敏症があって果物に反応しやすいって?

気管支喘息とアレルギー性副鼻腔炎と診断されて手術を受けました!

 

 

ステップ2の治療

基本治療

ロイコトリエン受容体の飲み薬
DSCGの吸入、

吸入ステロイドのいずれかを使います。

吸入ステロイド薬は、
気道の炎症を抑え、

肺機能もよくなるので、長期管理の根幹です。

 

追加治療

テオフィリン徐放製剤を飲みます。

テオフィリン徐放製剤とは、
気管拡張作用、抗炎症作用があり、

効果が長持ちします。

でも、
かぜなどウィルスに感染して
熱を出したときに薬を飲むと、

血中濃度が高くなり、
副作用が出やすくなります。

ご注意ください。

 

気管支喘息 呼吸が苦しそうなので病院にいくと即入院!

喘息様気管支炎から気管支喘息に!ステロイド吸入で起こさなくなった?

 

ステップ3の治療

基本治療

吸入ステロイドを使います。

(ステップ2とは薬の濃度が違います)


スポンサーリンク




 

追加治療

ロイコトリエン受容体拮抗薬の飲み薬、
DSCGの吸入、
β2刺激薬(飲み薬、貼り薬)、
デオフィリン徐放性剤の

どれかひとつ、もしくは
いくつか組み合わせて使います。

β2刺激剤
気管支拡張作用があるので、

発作のときに短期間服用します。

抗炎症作用はないので、
長期管理では、

吸入ステロイド薬と併用するのが原則です。

 

喘息様気管支炎から気管支喘息に!ステロイド吸入で起こさなくなった?

気管支喘息の薬!吸入ステロイドを中心に重症度に合わせて使います!

 

 

ステップ4の治療

基本治療

吸引ステロイド薬(ステップ3とは薬の濃度が違います)に、

ロイコトリエン受容体拮抗薬の飲み薬か、
DSCGの吸入、
長時間作用性β2刺激薬(飲み薬、貼り薬、吸入)、
テオフィリン徐放製剤の

1つもしくは複数を組み合わせます。

でも、
β2刺激薬は症状がコントロールされたら、
中止するのが基本です。

 

 

最後に

長期管理は、
喘息発作を予防するために

普段から薬の吸入や
内服を続ける治療法です。

長期管理の目標は

夜眠れる、
保育園や幼稚園、学校を欠席しない、
外遊びやスポーツができる
肺機能がよくなる、
ピークフロー値が安定する、など

喘息のない子と同じように、
日常生活を送れるようになることですね。

今は本当に大変ですが頑張ってください。

お子さんに愛情たっぷりの子育てお母さん♪


スポンサーリンク




-気管支喘息
-, , , , ,

スポンサーリンク