知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

アレルギー

アトピーの原因治療?家でできることと病院ですべきこととは?

2017/09/02

かゆみが続いたり、
鼻や目になんとなく不快感があっても、

緊急な症状がなければ、
病院へ行くべきかどうか迷うところです。

アトピー性皮膚炎やアレルギー性の病気の場合、

家で出来ることと病院でできることの
違いは何なのでしょうか?

病院へ行くときに知っておきたい
ポイントをまとめてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

家庭でできることと病院でできること

家庭でできること

たとえば湿疹ができたら、まず

「悪いものを食べたかしら?」
「疲れているのかしら?」
「疲れているのかしら?」

食事や生活を自分で振り返ってみるのが、
対応の第一歩ですね。

生活や住宅環境を見直すことは、
アトピー性皮膚炎やアレルギー症状の予防と言えます。

家庭ではおもに

「予防」「実践」を行いますね。

しかし、症状がよくならないときなど、
家庭の対応の行き詰ったときには、

病院をじょうずに利用しましょう。

 

 

病院でできること

病院では、
皮膚や鼻の症状を抑える薬が処方されたり、
その症状の原因を突き止める検査を行います。

検査結果はもちろん、
住宅環境なども考え合わせ、

アトピー性皮膚炎や
アレルギー性の病気であるかどうかを診断。

さらに治療方法を立てて治療へ進みます。

たとえば、卵を食べると吐いたり、
湿疹が出るという場合は、

原因を突き止めて、
卵がアレルゲンと診断されたら、
卵を除去する食事治療が行われます。

この場合、
医師からの指導で

家庭で食品の除去を行います。

このように、
家でできるのは、

生活の見直しなどの「予防」

病院では検査や投薬、各種の治療の他、
具体的な生活指導を行います。

それが診療にフィードバックされて、
次の治療へと生かされます。

そうした医師との情報交換を積み重ねることが、
よい結果を産むことになるのです。

病気や症状にもよりますが、
通院してからは、

病院と家庭の両輪で治療が進むといえます。

 

気管支喘息 呼吸が苦しそうなので病院にいくと即入院!

アトピーの症状 肌の状態をきちんと説明してくれる病院に!

アトピー性皮膚炎の原因治療?病院ではどんなことをするの?

 


スポンサーリンク




どんなときに病院に行けばいいの??

我慢は人によって限度が違います。

「こんなことで病院へいっていいの?」と迷うこともあるのでしょう。

大切なのは、家庭で手に負えないと感じたら、
早めに病院へ行くことですね。

病気であれば、
放棄発見、早期治療が大切です。

アトピーの場合は、根本の原因を突き止めて、
その原因を除去しないとなかなか根絶するのは難しいです。

症状が悪くならないうちにその原因を突き止めて、
医師の指導に従って治療してください。

症状が軽いうちに対処すると、
体にとっては負担が少なくてすみますよ!

 

アレルギーの原因治療!病院では何科にかかればいいの?

アトピーの原因治療は?どんなときに病院にいけばいいの?

乳児湿疹が治りません!病院選びは何を基準にしたらいい?

アトピー性皮膚炎は治るのか?病院へ行く時に知っておきたい3つのポイント!

子供が40℃の高熱に!知っておくべき対処法と病院で受診する目安とは?

 

 

最後に

アレルギー反応は、
もともと生体の防御機能

精神的ストレスや肉体疲労が、
アレルゲン性の病気を発症させたり、
症状を悪化をまねくことがあります。

繰り返しになりますが、

心配事があったり、
緊張すると起こる心因性ぜんそくは、

昔からよく知られていますが、

アトピー性皮膚炎でも、
ストレス性や緊張などの精神的な因子が
関与した例は数多いものです。

また、
医師の指導を素直に聞いて実践する人は、
一般的に治りがよいですね!

疑問があったら質問し、
主治医と信頼関係を築いて、

”いっしょに治していく”という意識が必要ですね。


スポンサーリンク




-アレルギー
-, , , ,

スポンサーリンク