知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

アトピーQ&A

アレルギーの原因治療!病院では何科にかかればいいの?

2017/08/27

いざ病院へいこうと思ったとき、
実際にどの診療科にいけばいいのでしょう。

アレルギー治療に
力をいれているかどうかの目安として

前もって電話などで
検査内容をきいてみても参考になりますよ。

 

 

スポンサーリンク

子供の場合の病院選びとは!

皮膚に症状が出ているだけなら、
皮膚科を、

アレルギーが心配であれば、
小児科やアレルギー科を受診。

子ども治療に関して相談しやすいという点では、
小児科に勝る診療科はありません。

皮膚の症状を抑えて
様子をみようと思うなら、
皮膚科もいいでしょう!

 

小児科

発達・成長途上にある子供を
トータルに診療。

アトピー性皮膚炎の場合でも、
原因を突き止め、

食事を含めた生活全般の改善に力をいれます。

 

 

皮膚科

かゆい、湿疹がある、赤くなるなど

皮膚に症状がある場合は、

皮膚科を受診しましょう。

治療は塗り薬が中心ですが、
ときに血液検査や皮膚テストを行い、

肌の手入れなどの指導をしてくれます。

 

 

アレルギー科

アレルギー性の病気を、
内科や皮膚科、耳鼻科、呼吸器科などの

総合的な見地から捉えて、
治療にあたります。

そのため、
検査は徹底して行われ、
食事療法や内服薬を用いた医療も行われます。

 

アトピーの症状 肌の状態をきちんと説明してくれる病院に!

アトピー性皮膚炎の原因治療?病院ではどんなことをするの?

アトピーの原因治療は?どんなときに病院にいけばいいの?

 


スポンサーリンク




 

大人の場合の病院選びとは!

とりあえず皮膚や眼・鼻の症状を落ち着けたいときは、

皮膚科、眼科、耳鼻科などの専門科を受診。

複数の症状がある場合や、
原因を突き止めたい場合は、

アレルギー科、

あるいは内科のアレルギー外来がよいでしょう。

 

漢方外来

西洋医学では
特定の症状に効果的な薬を使いますが、

漢方外来では、
症状に合わせるのではなく、

その人の体質や体力に合わせて薬を選びます。

血液検査や皮膚テストはほとんど行いません。

 

 

呼吸器科(内科)

思い当たる原因がないのに調子が悪いときは、

まず、内科へ行き、
そこで適切な診療科を紹介してもらうことができます。

ぜんそくなどの呼吸器科も内科に含まれます。

 

 

耳鼻科

くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、目がかゆいといった

アレルギー性鼻炎、結膜炎と思われる症状のときは、

耳鼻科や眼科を受診しましょう!

花粉症の相談にものってくれます。

症状を抑える薬による治療が主です。

 

 

その他心療内科、婦人科など

心療内科では、
アトピー性皮膚炎やアレルギー性の病気による
精神的ストレスなどのケアを、

婦人科では、
月経などのホルモン変調に伴う
症状の変化についての相談ができます。

 

頭部多汗症の原因と対策は?何科の病院にいくべき?

突然目が回る原因とは!めまいや冷や汗、腹痛は恐ろしい病気が潜んでいることも?

ダニ感染症の症状と予防!致死率高く最悪の場合は死に至ることも!!

 

 

最後に

アレルギー反応は、
もともと生体の防御機能。

アトピー性皮膚炎は

皮膚のかゆみ→かきくずす→症状の悪化、かゆみが増大

というパターンにならないように、
初期に適切な治療をすることが大切です。

赤ちゃんの場合は、
アトピー性皮膚炎の
根本の原因を突き止めて、

その原因を除去しないと
なかなか根絶するのは難しいです。

赤ちゃんは
まだ言葉を発することができないので、

ひっかいたりして細菌感染など
症状が悪くならないうちに、
医師の指導に従って治療してください。

赤ちゃんの負担もその分、軽くすみますし、、
適切な処置を行えば、
必ずよい方向に向かうはずですよ!


スポンサーリンク




-アトピーQ&A
-, , , ,

スポンサーリンク