知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

アトピー子の体験談

喘息とわかって生活が一変!薬と掃除でコントロールしています!

2017/08/20

生まれたときから顔にブツブツが出た子、

湿疹がみるみるうちに悪化した子、

医師によって違う病名をつけられた子、

アトピー性皮膚炎がよくなったと思ったら
ゼイゼイが始まった子、

厳しい除去食が始まった子・・・

卵?牛乳?ブツブツの原因は何だ?

喘息発作と聞いてびっくり!

たくさんの子どもの成長ぶりと
お父さんやお母さんの奮闘ぶり

じっくりご欄になってください。

すぐに役立つ情報もきっと見つかりますよ♪

 

 

 

スポンサーリンク

呼吸のたびにヒューヒューと音がします

ホナちゃんが
2才になる少し前から、

かぜをひくとこじらせて
長引くのが気になっていました。

熱や鼻水は治まっても、
せきがなかなか治まらないのです。

血液検査も受け、
2才過ぎにゼーゼーしているので、

お医者さんに連れて行くと

「これは喘息の発作です。
 これからもかぜをひいたら早めに診断を受けるように」

と言われました。

私が小さいころ喘息だったので、

体質がにてしまったのかな、と思います。

テオドールやメプチン、ムコダイン
を毎日飲んでいると、

せきは治ります。

ゼーゼー気味のときは
ホクナリンテープを貼ります。

春夏は具合が良いのですが、
秋から冬、春先まではかぜをひいては治り、

治ったころにまたひくの繰り返しです。

 

 

 

ホナちゃんのカルテ

症状

2才前からかぜをひくと、
せきが長引いてゼーゼーいうように。

冬はもちろん、
梅雨や秋もにがて。

 

診断名

喘息

 

薬・ケア

テオドール、メブチン、ムコダイン

ホクナリンテープ。

水遊びを積極的にする


スポンサーリンク




喘息と言われて生活が一変しました!

喘息と言われて生活が一変しました。

それまでは「お母さーん」と言われたら
すぐに飛んでいったのですが、

今は「掃除が先!」。

相手をしてあげる時間が
ちょっぴり短くなってしまったけれど、
しかたないですね。

布団カバーは高密度繊維にして、
空気清浄機をつけるなど、

いろいろやっています。

水遊びが
自律神経を高めるのにいいらしいので、

夏は毎日水遊びをさせました。

掃除の効果か、
3才10ヶ月で薬もストップしました。

4才過ぎて、
スイミングスクールに通い始めました。

たまにせきが出ますが、
かぜもひきにくくなったので喜んでいます。

ホナちゃん(4才2ヶ月)

 

 

 

最後に

喘息と言われて生活が一変したのですね。

でも、掃除の効果なのか、
3才10ヶ月で薬もストップしました、とのこと。

現在はかぜもひきにくくなったとのことにて
本当に良かったですね。

お医者さんの診断名ははっきりと

「喘息」なのですね。

アレルギー性の症状は、
長い付き合いになりがちですよね。

アトピー性皮膚炎の場合でも、
根本の原因を突き止めて、

その原因を除去しないと
なかなか根絶するのは難しいです。

でも、適切な処置を行えば、

必ずよい方向に向かうはずですよ!

これからも
余談の許さない状況が続きますが、
頑張ってください。

お子さんに愛情たっぷりのお母さん♪


スポンサーリンク




-アトピー子の体験談
-, , , , ,

スポンサーリンク