知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

アトピー子の体験談

喘息は親の体質からの遺伝?いつかは治ると気長にやっています!

2017/08/31

生まれたときから顔にブツブツが出た子、

湿疹がみるみるうちに悪化した子、

医師によって違う病名をつけられた子、

アトピー性皮膚炎がよくなったと思ったら
ゼイゼイが始まった子、

厳しい除去食が始まった子・・・

卵?牛乳?ブツブツの原因は何だ?

喘息発作と聞いてびっくり!

喘息は親からの遺伝って?

たくさんの子どもの成長ぶりと
お父さんやお母さんの奮闘ぶり

じっくりご欄になってください。

すぐに役立つ情報もきっと見つかりますよ♪

 

 

 

スポンサーリンク

呼吸のたびにヒューヒューと音がします

新生児のころ、
ほっぺにポツポツと湿疹が出始め、
見る見る赤くなってグチュグチュに・・・

龍の生まれた病院の皮膚科では、
脂漏性湿疹との診断で、

亜鉛華軟膏
アンダームを出されましたが、

効果はありませんでした。

どんどんひどくなるので、
4ヶ月のときに病院を替えると、

アトピー性皮膚炎と診断されました。

血液検査では、
牛乳、小麦などにアレルギー反応があるとわかりました。

血清総IgE値は2229もありました。

お医者さんに

「お父さんが喘息なら、
 お子さんにも影響しているかもしれません」

「アトピー性皮膚炎とは
 これから何年も付き合っていかなければならないので、
 あまり完治にこだわらないようにしましょう」

と言われました。

このときは、龍の顔は真っ赤でジュクジュクだったので、

私は、

「こんなにひどい顔のまま
 この子は暮らしていかなければいかないの?」

と愕然としました。

お父さんは龍に

「ごめんな」と謝っていました。

薬は初めはステロイド入の軟膏で、

その後、アズノールなどきめ細かく指示が出され、
だんだん良くなってきました。

通い始めて3ヶ月たったころ
7ヶ月のころには、

普通の子と変わらないような
きれいな肌になりました。

 

アトピー、アレルギー性鼻炎、気管支喘息は症状が違ってもアプローチは同じ!

喘息の増悪因子とは?過敏な気管支喘息の発症原因は何?

気管支喘息 呼吸が苦しそうなので病院にいくと即入院!

 

 

龍くんのカルテ

症状

生後2週間ごろからほっぺにボツボツが。

だんだんひどくなって
3ヶ月にはグチュグチュに。

7ヶ月ごろきれいに

 

診断名

最初の病院では

脂漏性湿疹、

転院先で

アトピー性皮膚炎喘息

 

薬・ケア

亜鉛華軟膏、アンダーム

ステロイド入り軟膏、

ワセリン、アズノールを

症状に応じて塗る。

 

アレルギーの治療法 タクロリムスを加えたステロイドでの薬物療法とは?

脂漏性湿疹でもロコイドとアルメタと基本ケアで回復!

アトピーのやけどのような肌トラブルが回復 早めの保湿ケアを!

 


スポンサーリンク




喘息と言われて生活が一変しました!

離乳食と私の食事からは、
卵、牛乳、小麦を除去しています。

大豆はラストクラスが2でしたが、

食べても症状が出ないので
除去しなくていいことになりました。

苦労したけど、
除去しただけのかいはあり、

11ヶ月のとき、
血清総IgEは258(以前は最高2229)と大幅に下がりました。

塗り薬を指示通り使っていた効果もあるのでしょうね。

また、喘息が心配なので、

カーペットはやめ、
市販の洗えるプレイマットを敷くようにしました。

清潔だし、保温性も良いのでが嬉しいです。

おもちゃは、ゴムやプラスチック、
布製でも、洗えるものにしています。

アトピーとは長くつき合っていかなければならないので、

頑張れば、
いつかは治ると思いながら、
気長にやっていこうと思います。

龍ちゃん(1才2ヶ月)

 

喘息発作と聞いてびっくり!喘息は親からの遺伝って?

アレルギーは遺伝する?免疫療法と舌下療法で体質改善するには??

アトピーが原因で目の周りが赤い!アトピーって遺伝するの??

 

 

最後に

そうですか、お母さん。

ご苦労されているのですね。

でも、7ヶ月のころには、

普通の子と変わらないような
きれいな肌になりました、とのこと。

本当に良かったです。

アレルギー性の症状は、
長い付き合いになります。

血液検査でも11ヶ月のときに、

血清総IgEha258と大幅に下がったのですね。

アトピー性皮膚炎の場合は、
根本の原因を突き止めて、

その原因を除去しないと
なかなか根絶するのは難しいです。

赤ちゃんは
まだ言葉を発することができないので、

ひっかいたりして細菌感染などの
症状が悪くならないうちにその原因を突き止めて、
医師の指導に従って治療してください。

症状が悪くならないうちに
医師の指導に従って治療していけば、

お子さんの負担も悪くならない分、
軽くすみますし、

適切な処置を行えば、
必ずよい方向に向かうはずですよ!

今は本当に大変ですが頑張ってください!

赤ちゃんに愛情たっぷりの子育て真っ最中のお母さん♪


スポンサーリンク




-アトピー子の体験談
-, , ,

スポンサーリンク