知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

食物アレルギー

食物アレルギー 離乳食前に母乳中の食物アレルゲンに反応して・・・?

2017/09/05

卵や牛乳など
特定の食べ物を食べたあとに、

湿疹やゼイゼイなどの
アレルギー症状を起こすことを

食物アレルギーと言います。

食物アレルギーは成長するにつれて
食べられるようになることが多いものですが、

母乳を飲んでいる赤ちゃんで
食物アレルギーがあるときは、

お母さんの食事にも気をつける必要がありますね。

 

 

 

スポンサーリンク

離乳食を始める前の赤ちゃんでも・・・

食物アレルギーは、
離乳食をまだ開始していない赤ちゃんでも

アトピー性皮膚炎を起こすこともあります。

それは、
お母さんが食べた食物の成分が
母乳中に出て、

それに対して
赤ちゃんが特異IgE抗体を感作したのです。

母乳中に出てくるアレルゲンの量はごくわずかですが、

赤ちゃんは毎日飲み続けるので、
感作が成立して、

アトピー性皮膚炎の症状が出るのです。


スポンサーリンク




アレルゲンは年齢によって変わるって?食物アレルギーを起こす食べ物とは?

アレルギーの治療法?アレルゲンの除去だけでなく○○要因を突き止める!

アレルゲン、食物アレルギー、ダニ、花粉・・・人によってさまざまって!?

 

 

お母さんが除去してください

お母さんが
アレルゲンの原因物質を除去すると

赤ちゃんの症状はよくなりますよ。

具体的に言うと、

 

卵アレルギー

だけはお母さんの食事から
きちんと除去しないと

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎はなかなかよくなりません。

お母さんは、

卵、
卵を使った料理(ハンバーグのつなぎ、フライの衣など)、
卵を使った食品(パンやケーキ、練り製品、ハムなど)、
アクとりに卵を使った料理(コンソメスープなど)など

完全に除去します。

 

牛乳アレルギー

お母さんは、
ペプチドミルクにするか、

牛乳の摂取量を1日200mlまでに抑えます。

ペプチドミルクとは、
牛乳タンパク質を加水分解し、分子量を小さくしたミルク。

(森永乳業「Eお母さん」など)

赤ちゃんが
普通の育児用ミルクを飲んでいるときは、

アレルギー用ミルクに変更します。

アレルギー用ミルクとは、

 

①アミノ酸乳

「明治エレメンタルフォーニュラ」

 

②カゼイン加水分解乳

「森永ニューMA-1」ビーンスタークほか

 

③乳清タンパク質加水分解乳(「明治ミルフィー」)があります。

 

小麦アレルギー

お母さんは、
パンやパスタなど小麦

主食とするのはなるべくやめましょう。

 

大豆アレルギー

豆乳をやめ、みそやしょうゆの開始を遅らせて、

毎日大豆製品を大量に食べるの避けましょう。

インスタント食品やスナック食品も避けます。


スポンサーリンク




 

食物負荷試験 乳児は検査して除去する食物を特定しましょう!

食物アレルギー アレルゲンを除去して症状を抑えるために大切なこととは?

食物アレルギー 除去食はいつまで続ければいいの?

アトピーは卵を除去して改善!でもゼイゼイするので喘息が心配

食物アレルギー 除去食で症状は改善したけど予防接種は受けられる?

 

 

最後に

食物アレルギー

アレルギーの最小限の除去をして症状を抑え、

アレルゲンの種類を増やさないことが大切です。

とくに
赤ちゃんのアトピーの場合は、

根本の原因を突き止めて、
その原因を除去しないと

なかなか根絶するのは難しいです。

赤ちゃんは
まだ言葉を発することができないので、

ひっかいたりして細菌感染などの
症状が悪くならないうちにその原因を突き止めて、
医師の指導に従って治療してください。

症状が悪くならないうちに
医師の指導に従って治療していけば、

お子さんの負担も悪くならない分、
軽くすみますし、

適切な処置を行えば、
必ずよい方向に向かうはずですよ!

今は本当に大変ですが頑張ってください!

赤ちゃんに愛情たっぷりの子育てお母さん♪


スポンサーリンク




-食物アレルギー
-, , ,

スポンサーリンク