知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

食物アレルギー

食物アレルギー 除去食を解除するタイミングを逃さないで!

2017/09/05

卵や牛乳など
特定の食べ物を食べたあとに、

湿疹やゼイゼイなどの
アレルギー症状を起こすことを

食物アレルギーと言います。

でも、食物アレルギーがあっても、
成長するにつれてたべられるようになることが多いものです。

1才を過ぎて、
アトピー性皮膚炎の症状が落ち着いてきたら

除去をやめていいかどうか

主治医と相談しましょう。

漫然と除去を続けていてはいけませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

アレルゲンを除去する目的

子どもの心身の成長のためには、
いろいろな食物を食べられるようになることが重要です。

除去食は子どもだけでなく、
家族にも負担がかかります。

負担を少しでも軽くするために
除去食は除去する品目も期間も

必要最低限にすることが大切です。

「食べさせて、また症状が出たら困る」など、

除去をやめることに
消極的なお母さんも少なくありませんが

必要もないのにいつまでも
除去食を続けることはよくありません。

 

食物負荷試験 乳児は検査して除去する食物を特定しましょう!

食物アレルギー 除去食はいつまで続ければいいの?

食物アレルギーの除去食品とその対策!代替食品は栄養バランスが大切です!

 

 

一定の年齢になると治ってきます

赤ちゃんのうちは
消化の力も不十分で、

腸管免疫機能も低く、
食物アレルギーになりやすいのです。

成長するにしたがって
いずれも成熟していき、

かつてはアレルゲンとして
働いていた食物を食べても、

アレルギー反応を起こすような
大きさの分子量ままでは吸収されにくくなり、

アレルギーの反応を起こさなくなります。

ただし、
かぜをひいたときなど
体調不良時にはぶり返しやすくなるので
注意が必要です。

 

アトピーは卵を除去して改善!でもゼイゼイするので喘息が心配

食物アレルギー 除去食で症状は改善したけど予防接種は受けられる?

食物アレルギーで卵とミルクにアレルギー。除去さえすれば・・・?

 

 

除去の中止は負荷試験で判断します

除去をやめるかどうかは、
実際にアレルゲンを少量食べさせて

症状が出るかどうか(負荷試験)を見て、
その結果で決めます。

食べさせるものは、
アレルギー反応を起こしにくいように調理し、

(卵ならかたゆでにするなど)

ごく少量から開始し、

症状が出なければ
15~30分ごとに1回摂取量を増やします。

パンの生地に含まれる卵などの加工品を用いて試すこともあります。

負荷試験から2~3日たっても
症状が出てこなかったり、
悪化しないようなら、

少しづつ増やすことが可能ですので、
主治医と相談します。

即時型反応は起こらなくても、
アトピー性皮膚炎などの症状が悪化した場合は、

そのまま除去を続けます。

3ヶ月から半年たったら、
また負荷試験をすることになります。


スポンサーリンク




 

アトピーの原因は?妊娠中に卵や牛乳を除去すれば予防できるの??

卵アレルギーの治療方法は?卵は完全に除去すべき?

 

 

毎日食べると再び症状が・・・

負荷試験のとき症状が出なくても、

一度に大量に食べたり、
毎日続けて食べると

症状が再び出る可能性があります。

ですから、その食物に偏ることがないように

肉や魚、野菜、穀類を栄養バランスよく、
多品目食べさせることが大切です。

たとえば、
卵アレルギーの赤ちゃんの場合は、

パンの生地に含まれる卵などを
少量与えることから始めます。

卵の場合は、
よく加熱してあると

アレルギー症状を起こしにくいので、

かたゆで卵やよく焼いた卵料理から始めて、

オムレツや茶碗蒸し、プリンなど
火の通りが不十分なものは

少し遅らせたほうがいいでしょう!

 

アレルギー反応を起こす原因!3大アレルゲンを除去する方法とは!!

顔やおなかに赤い湿疹・・・ 血液検査で除去すべき食べ物を調べました・・・。

 

 

最後に

食物アレルギーが原因で
アトピー性皮膚炎を持つ子の率は、

0才のときは90%なのに、
2才になると60%、
3才以降になると20%以下

どんどん下がってきます。

また、

1つ以上のアレルゲンに対する陽性率は、

乳児と1才児では100%、
2才でも90%以上、
3才以降でも50%以上です。

つまり、成長するにつれ、
ラスト陽性の食品を食べても、

症状が出ないことが多くなってくるのですね!

今は本当に大変ですが頑張ってください!

お子さんに愛情たっぷりの子育てお母さん♪


スポンサーリンク




-食物アレルギー
-, , ,

スポンサーリンク