知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

アトピーQ&A

IgE抗体が多いとアレルギー症状が重体になりやすいの?

2017/08/26

アトピー性皮膚炎は、
初めに症状が出てから治るまでには、

けっこう時間がかかるし、
炎症も一進一退なので、

お母さんの不安や疑問、
迷うことなどがどんどん溜まってきますいよね!

「生まれた季節によってアトピーになりやすいってことは?」といった素朴な質問、

「アレルギー症状は一度出たら治らないの?」といった疑問や、

「IgE抗体が多いとアレルギー症状も重症なるって?」といった

具体的な質問などを「Q & A」にまとめてみした。

実生活に即した情報をお伝えしますので、毎日の生活にお役立てください。

 

 

 

スポンサーリンク

生まれた季節によってアトピーになりやすいってことは?

Q:

生まれた季節によって

アトピー性皮膚炎になりやすいってことは
あるのですか??

 

A:

スギ花粉と
生まれ月が関係あるというデータがありますが、

まだ証明はされていません。

秋冬生まれの子は、
アトピー性皮膚炎を起こしやすいなどと言われますが、

あてはまる人とそうでない人がいます。

「血液型と性格」の関係に似ていますね!

 

アレルギー性鼻炎の症状!通年性と季節性を比較すると?

アトピーの皮膚症状 季節の変わり目にカサカサがひどくなる!

季節性気分障害でプチうつに!幸せホルモンのセロトニン量をアップするには?

 

 

 

アレルギー症状は一度出たら治らないの?

Q:

アレルギー症状は一度出たら治らないの?

逆に治ったら二度とならないの?

 

A:

アレルギーは体質ですので、
一生のおつきあいになります。

でも、それぞれのアレルギー症状は、

アレルゲンを遠ざけ、
適切なケアをしていくことで改善できます。

アトピー性皮膚炎の乳幼児も、
しだいに症状が軽くなることがほとんど。

これは成長にともに

免疫機能が高まって
体が丈夫になるからです。

ただし、
アトピー性皮膚炎は
よくなったり悪くなったりを

繰り返しながら改善していくものです。

思春期や成人になって、
ストレスでアトピー性皮膚炎が
再発することも珍しくありません。

また、中には

乳幼児期はアトピー性皮膚炎

就学前ごろに喘息発作

などとアレルギーの病気が
連続して出てくるようなこともあります。

これは「アレルギーマーチ」と呼ばれます。

 

アレルギーの治療法?アレルゲンの除去だけでなく○○要因を突き止める!

アレルギーの原因治療!病院では何科にかかればいいの?

僕のアレルギーマーチ? 年齢とともにアレルゲンが変わるって!?

 


スポンサーリンク




IgE抗体が多いとアレルギー症状も重症なるって?

Q:

IgE抗体が多いと

アレルギー症状も重症になりやすいのでしょうか?

 

A:

IgE抗体を多く産生する遺伝子は、
近年いくつか発見されています。

しかし、IgE抗体を多く持っている人でも、

アレルギー症状がでない人もいます。

また、IgEの多い少ないとアレルギー症状の重症度とは

直接関係ない場合が多いです。

たとえば、

アトピー性皮膚炎
ベースに皮膚のバリア機能の低下やドライスキン、

喘息であれば、機関の敏感さも影響しています。

このほかさまざまな環境因子もありますし、
アレルギーの発症や重症度は、

持って生まれた体質だけで決まるものではないのです。

 

アトピーの原因は?IgE抗体が多いとアレルギー症状が重体になりやすいの?

アレルゲン特異IgE抗体が関与する反応とは?

スギ花粉症患者は7割にヒノキ花粉に対するIgE抗体をもっていっるて?

 

 

最後に

アレルギーは体質ですので、
一生のおつきあいになります。

でも、アトピー性皮膚炎の乳幼児も、
しだいに症状が軽くなることがほとんどですね。

これは成長にともに

免疫機能消化機能が高まって
体が丈夫になるからです。

必要であれば、
アトピーの検査もしてみてください。

症状の軽いうちに原因を突き止めて、
医師の指導に従って治療していけば、
必ずよい方向に向かうはずですよ!

頑張ってください。応援しています。

赤ちゃんに愛情たっぷりの子育てお母さん♪


スポンサーリンク




-アトピーQ&A
-, , , , , ,

スポンサーリンク