知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

アトピーQ&A

豆腐を食べると口の周りにプツプツができます。アレルギーですか?

2017/08/26

アトピー性皮膚炎は、
初めに症状が出てから治るまでには、

けっこう時間がかかるし、炎症も一進一退なので、
お母さんの不安や疑問、迷うことなどがどんどん溜まってきますいよね!

「口のまわりにプツプツはアレルギーですか?」といった素朴な質問、

「湿疹がひどいという感じはないのですが、卵を牛乳を除去?」といった疑問や、

「食物のアレルゲン性は加熱でどの程度減るの?」といった

具体的な質問などを「Q & A」にまとめてみした。

実生活に即した情報をお伝えしますので、

毎日の生活にお役立てください。

 

 

 

スポンサーリンク

口のまわりにプツプツはアレルギーですか?

Q:

1才の息子は豆腐などを食べると
口のまわりにプツプツができます。

 

A:

食後の口のまわりの炎症は
すべてがアレルギーではなく、

いわゆる「塩かぶれ」のこともあります。

 

アトピーで顔のブツブツ!その湿疹の原因は卵かな?

アトピーの症状と原因 新生児のころから赤いブツブツが?

0~3ヶ月のアトピーで顔にブツブツ?市販の塗り薬は大丈夫??

 

 

湿疹がひどくなったという感じはないのですが・・・

Q:

血液検査の結果で
卵と牛乳を除去と言われました。

でも、

これで湿疹がひどくなったという感じはないのですが・・・

 

A:

食物アレルギーの診断において、

血液検査や皮膚検査は
決定的な検査ではありません。

確定診断のためには、

疑いのある食物を1週間以上与えない

「除去テスト」を行い、

それで症状がやわらぐようなら、

今度は注意してその食品をたべさせるという

「負荷テスト」を行います。

アレルゲンを特定するために、
2週間以上の日数をかけて、

様子を見ながら慎重に行うのです。

とくに乳幼児のアトピー性皮膚炎は、
すべてが食物アレルギーで起きているわけではありません。

それを血液検査だけで診断し、
除去を指導するのは、

乱暴な言い方をすれば、
乱暴な指導と言えるでしょう。

除去テストや負荷テストをしないで、断片的に

「食物アレルギー」と診断するのは問題があるのです。

だから仮に

「除去テストしてください」と希望して、

その医師が渋るようなら、
その医師は除去テストの経験が浅いのかもしれません。

アレルギーに詳しい、

経験豊富な医師に相談する方がいいでしょう。

 

乳児湿疹後も肌はカサカサ アトピーの原因は卵でした。

乳児湿疹が治りません!病院選びは何を基準にしたらいい?

脂漏性湿疹でもロコイドとアルメタと基本ケアで回復!

 


スポンサーリンク




食物のアレルゲン性は加熱でどの程度減るの?

Q:

子どもに卵を食べさせたら、
突然、呼吸困難に。

これもアレルギーですか?

 

A:

これは、食物アレルギーの中で、
最も激烈なショックを見せる

ショック症状=アナフィラキシーでしょう。

呼吸困難や不整脈など、
生命を維持するのに欠かせない

循環器や呼吸器の働きが急に妨げられて起こります。

大人では

そば、小麦、魚(さば、鮭など)が多いですが、

乳幼児では

卵や牛乳で起きることがあります。

ほおっておくと
生命にかかわる症状ですが、

この場合は何が原因かの特定も様子ですし、

何が原因かわかったら、
対策も容易に立てられます。

離乳食やこれからの食事などで
どんなことに気をつけたらいいのか、

専門医を受診し、指導を受けてください。

なお、この場合は

除去テスや負荷テストを省くことがあります。

 

食物アレルギー 離乳食前に母乳中の食物アレルゲンに反応して・・・?

食物アレルギーは治るの?アレルゲン特異IgE抗体が関与する反応とは?

血液検査と皮膚テスト、食物負荷試験の危険とは?

 

 

最後に

食物アレルギーの中で、
最も激烈なショックを見せるのは

アナフィラキシーショックでしょうね。

呼吸困難や不整脈など、
生命を維持するのに欠かせない

循環器や呼吸器の働きが急に妨げられて起こります。

 

大人ではそば、小麦、さば、鮭などが多いですが、
乳幼児では卵や牛乳で起きることがあります。

そうなんです、

乳幼児の場合、
アレルゲンになりやすいのは、

卵や牛乳で、原因は主にタンパク質なのですね。

また、

赤ちゃんは新陳代謝が盛んで、
皮膚もデリケートで、

アトピー性皮膚炎でなくても
よくトラブルを起こします。

必要であれば、
アトピー性皮膚炎の検査もしてみてください。

症状の軽いうちに原因を突き止めて、
医師の指導に従って治療していけば、
必ずよい方向に向かうはずですよ!

頑張ってください。応援しています。

赤ちゃんに愛情たっぷりの子育てお母さん♪


スポンサーリンク




-アトピーQ&A
-, , ,

スポンサーリンク