知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

アトピーQ&A

ステロイド治療!でもすぐ再発?このまま塗り続けるの??

2017/08/26

最近「アトピー性皮膚炎」や
「アレルギー性反応」という言葉をよく耳にします。

気になるけど、
どんな病気なのか、
どうして起こるのか、
どうすればいいのかなど、

内容をなかなかつかめない人も多いのでは!

「ステロイドを塗ると湿疹もおさまるのですが・・・」といった素朴な質問、

「ステロイドを腕に塗っていたら?」といった疑問や、

「インタール内服で食物アレルギーを予防??」といった

具体的な質問などを「Q & A」にまとめてみした。

実生活に即した情報をお伝えしますので、毎日の生活にお役立てください。

 

 

 

スポンサーリンク

ステロイドを塗ると湿疹もおさまりまるですが・・・

Q:

ステロイドを塗ると湿疹もおさまりますが、

やめるとすぐ再発・・・。

このままステロイドを塗り続けるの?

 

A:

ステロイド薬を使うときの
最大の注意点は、

症状がよくなっても中止してはいけない、

ということです。

一度使用したら、
少しずつ弱いタイプに切り替えていったり、

保湿材とまぜて
ステロイドの量を段階的に減らすことが重要です。

不用意に中止すると再発しますし、
ときには以前より症状が悪化することもあります。

こうした注意を守らないために
(きちんと指導しない医師も問題ですが)

再発を繰り返し、

そのうちひどいリバウンドが起きて

「ステロイドはやはりこわい薬」という
印象を植え付けているのではないでしょうか?

症状がかくるなってくれば、
いつか必ず使わないでいい日もやってきます。

それまでは、正しく用いていきましょう!

 

子どものアトピー性皮膚炎 ステロイドへの心配・不安にお答えします!

アレルギーの治療法 タクロリムスを加えたステロイドでの薬物療法とは?

ステロイド点鼻薬は使い方次第で安全!血管収縮薬の点鼻薬はどうですか?


スポンサーリンク




ステロイドを腕に塗っていたら・・・

Q:

ステロイドを腕に塗っていたら

今度は顔に湿疹が!

これは薬の副作用?

 

A:

ステロイド薬とは、
もともと人間の体内でつくられている

ステロイド骨格という化学構造のホルモンを

人造的につくり出したもので、

アレルギーの病気、リウマチ、

血液・腎臓の病気の特効薬です。

かなりの量を

2週間以上内服薬として飲み続けたりすると

全身症状が出やすくなることは事実です。

しかし軟膏やクリームを、
少量皮膚につけるだけでは全身症状はでません。

副作用が出るとしたら、
それはステロイド剤を塗った部分にあらわれます。

塗っていない、
離れた場所に症状が出ることは、

ほとんどありません。

もし別の場所に何かできたとしたら、
それは別の理由と思われます。

 

アトピーのステロイド薬は強さで使い分けて段階的に減量すべき!

アトピーでステロイドを避けて症状が悪化 薬選びで笑顔の生活に!

赤ちゃんのアトピー?ステロイドでよくなったあとの対処法は?

 

 

抗アレルギー薬を服用すると?

Q:

抗アレルギー薬を服用すると、

食物アレルギーが出るのですか?

 

A:

抗アレルギー薬は、
アレルギーを治す薬ではありません。

ただ、食物を除去しても、
皮膚のかゆみがとれないとき、

抗アレルギー薬を服用すると、
抗ヒスタミン作用でかゆみが減ることがあります。

薬理学的には、
確かに抗アレルギー薬は
多少の炎症を抑える働きがありますが、

そのちからは弱く、
それだけで食物アレルギーを抑えることはできません。

つまり、卵を食べると皮膚がかゆくなる人が、

この抗アレルギー薬を服用しながら

卵や卵料理を食べても、

症状はほとんど抑えられないということです。

いまお話したように、
かゆみを減少することが目的です。

抗アレルギー薬は

乳児が長期間、

たとえば1年服用しても
問題がないというデータが出ていますが、

それとこの薬がアレルギーを治すということは、
全く別の話です。

 

遅延型フードアレルギーで鼻炎に抗アレルギー薬を毎日服用すると・・・

1才8ヶ月でアレルギー性鼻炎 抗アレルギー薬はいつごろまで飲むの?

アトピーと湿疹はどう違うの?抗アレルギー薬を長く飲ませても大丈夫?


スポンサーリンク



style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-3418683727317010"
data-ad-slot="1406557081"

「インタール内服」で食物アレルギーを予防?

Q:

「インタール内服」

食物アレルギーを予防できると聞きましたが。?

 

A:

「インタール内服」を食前10~20分に服用すると、

原因となる食物を食べても
消化管から吸収されないため、

食物アレルギーを予防できるといわれています。

でも、

この薬を用いていれば
なんでも食べられるという

魔法の薬ではありません。

中には効かない人もいますし、外食などで

やむを得ずたべてしまいそうなときなどに
用いるのが正解です。

食物が原因かどうかも
はっきりしないアトピー性皮膚炎の子に、

いたずらに飲ませ続けることは
まったくおすすめできません。

限られた場所で効果を発揮する、
特殊な薬とお考え下さい。

 

インタール内服は食物アレルギーを抑える薬です!

アレルギー性鼻炎の治療は薬物療法とアレルゲンの回避が大切です!

赤ちゃんのパン離乳食は早い?アレルギーは大丈夫なの?代替え品はなに?

 

 

最後に

アレルギー反応は、
もともと生体の防御機能。

抗アレルギー薬は、
アレルギーを治す薬ではありません。

食物を除去しても
皮膚のかゆみがとれないとき、

抗アレルギー薬を服用すると、
抗ヒスタミン作用でかゆみが減ることがあります。

また、赤ちゃんであれば

皮膚の症状がひどいのであれば、
アレルギーの検査をして、
原因を調べてみてください。

もしもアトピーの場合であるならば、
根本の原因を突き止めて、

その原因を除去しないと
なかなか根絶するのは難しいです。

赤ちゃんはまだ言葉を発することができないので、

ひっかいたりして細菌感染などの
症状が悪くならないうちに、
医師の指導に従って治療してください。

赤ちゃんの負担もその分、軽くすみますし、、
適切な処置を行えば、
必ずよい方向に向かうはずですよ!

頑張ってください。応援しています。

お子さんに愛情たっぷりの子育てお母さん♪


スポンサーリンク




-アトピーQ&A
-, , , ,

スポンサーリンク