知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

アトピーQ&A

アトピーで喘息になるかと不安!予防法はありますか?

2017/08/26

最近「アトピー性皮膚炎」
「アレルギー性反応」という言葉をよく耳にします。

気になるけど、
どんな病気なのか、
どうして起こるのか、
どうすればいいのかなど、

内容をなかなかつかめない人も多いのでは!

「アトピーで将来喘息では?と不安。予防法は?」といった素朴な質問、

「アトピー性皮膚炎、皮膚を丈夫にするには?」といった疑問や、

「妊娠してから花粉症がひどくなりました・・・。」といった

具体的な質問などを「Q & A」にまとめてみした。

 

 

 

 

スポンサーリンク

アトピーで将来喘息では?と不安。予防法は?

Q:

アトピー性皮膚炎があるので、

将来喘息では?と不安です。

予防法はありますか?

 

A:

お子さんが将来、
喘息になるのではと心配されているのですね。

実際に発症したときは、

①薬を正しく使う

②チリダニ対策をしっかり行なう

がポイントですが、

3番目に「体を鍛える」があります。

予防としても、これが重要となります。

おすすめは、スイミングです。

体を動かす機会が減っている現代の幼児はかなり有用なトレーニングです。

アトピー性皮膚炎がある場合、

消毒薬(塩素)の刺激で
一時皮膚症状が悪くなるかもしれません。

けれど家に戻ったらすぐに体を洗い、
保湿ケアをを習慣づければ、

悪化も防げるでしょう!

目や耳に症状が出るときは、

抗アレルギー薬の点鼻、点眼を、
泳ぐ前後に使用しますが、

あまり症状がひどいときや
滲出性中耳炎を起こすときは、

体操、バレーボール、サッカーなどのスポーツを。

大切なのは子供自身が関心を持ち、
楽しみながら続けることです。

 

喘息の増悪因子とは?過敏な気管支喘息の発症原因は何?

小児喘息、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーはいまや国民病って!?

喘息は気道が狭くなる病気!ゼイゼイから大発作まで気づくことが重要!!


スポンサーリンク




 

皮膚を丈夫にする方法はありますか?

アトピー性皮膚炎ですが、

皮膚を丈夫にするには、どんな方法がありますか?

 

A:

アトピー性皮膚炎はだいぶよくなった、

でもまだ皮膚は弱いというお子さんは、

はやり皮膚の鍛錬をしていくといいでしょう。

 

スイミングもおすすめの一つですが、

「水かぶり」もいいと思います。

皮膚に熱い刺激と冷たい刺激を与えることで、

血行がよくなり、
皮膚代謝もよくなるとおもいます。

また、普段も薄着を心がけるといいでしょう。

こうしたことを1年以上続けると、
皮膚も少しづつ丈夫になり、

かぜもひきにくくなるのです。

乾布摩擦、水冷摩擦などは
喘息の子におすすめですが、

アトピー性皮膚炎の子は、
皮膚のバリア機能をますます壊すので、

行ってはいけませんね。

 

子どものアトピー性皮膚炎 ステロイドへの心配・不安にお答えします!

日光の紫外線を浴びると皮膚ガンになるって本当?

アトピー性皮膚炎でほっぺが赤くてカユイのはいつまで続くの?

 

妊娠してから花粉症がひどくなりました・・・

Q:

妊娠してから花粉症がひどくなりました・・・。

なにか使っていい薬はありますか?

 

A:

妊娠8週間以降なら、
妊婦さんが使っていい薬に、

抗ヒスタミンの内服薬があります。

内服が心配な場合は、
点鼻薬をうまく組み合わせることで、

症状を軽くできる場合もあります。

 

花粉症を根本から治す方法はあるの?免疫療法の効果と気をつけることとは!

花粉症が治る注射は危険って?ステロイドは使い方が重要です!

妊娠4ヶ月半までの花粉症に薬剤の使用は厳重に注意してください!

 

 

最後に

アレルギー反応は、
もともと生体の防御機能です

お子さんが将来、
喘息になるのではと心配されているのですね。

実際に発症したときは、

①薬を正しく使う
②チリダニ対策をしっかり行なう
③体を鍛える、があります。

予防としても、これが重要となります。

おすすめは、スイミングですね。

また、赤ちゃんの場合は、

皮膚の症状がひどいのであれば、
アレルギーの検査をして、
原因を調べてみてください。

もしもアトピーの場合であるならば、
根本の原因を突き止めて、

その原因を除去しないと
なかなか根絶するのは難しいです。

赤ちゃんはまだ言葉を発することができないので、

ひっかいたりして細菌感染などの
症状が悪くならないうちに、
医師の指導に従って治療してください。

赤ちゃんの負担もその分、軽くすみますし、、
適切な処置を行えば、
必ずよい方向に向かうはずですよ!

頑張ってください。応援しています。

お子さんに愛情たっぷりの子育てお母さん♪


スポンサーリンク




-アトピーQ&A
-, , ,

スポンサーリンク