知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

アトピーQ&A

どくだみ茶の効能?子どもに塗ったら喘息が治るって本当??

2017/08/26

最近「アトピー性皮膚炎」
「アレルギー性反応」という言葉をよく耳にします。

でも、

気になるけど、
どんな病気なのか、
どうして起こるのか、
どうすればいいのかなど、

内容をなかなかつかめない人も多いのでは!

「どくだみ茶を子どもの全身に塗ったら?」

「2才の娘が猫アレルギーのようです」

「薬に頼らず治したいのですが・・・」といった

具体的な質問などを「Q & A」にまとめてみした。

 

スポンサーリンク

どくだみ茶を子どもの全身に塗ったら?

Q:

ドクダミ茶を子どもの全身に塗ったら

喘息が治ったという人がいます。

本当に効き目があるの?

 

A:

これも民間療法のひとつです。

しかし、
実際に治った人がいるとしても、
これらの療法の科学的根拠は
学会や論文には発表されていません。

このほか医師の行う治療
(オゾン治療、6スポット治療など)についても、

同様のものがあります。

つまり、ほかの医師の客観的評価を
受けていないということです。

むろん、
これらの医療が効かないと言っているわけではありません。

現時点で、
その医学的・科学的根拠が
示されていないということです。

その療法を行うか行わないかは、

最終的にご両親の判断となりますが、

場合によっては
症状を悪化させてしまうことがありますので、

くれぐれも慎重に。

 

どくだみ茶の驚くべき効能と4つの健康効果とは!でも副作用には要注意!!

便秘解消効果がある3つの食べ物!即効性を求めるあなたの便秘解消法とは!!

 

 


スポンサーリンク




 

 

2才の娘が猫アレルギーのようです。

Q:

2才の娘が猫アレルギーのようです。

 

A:

近年ペットアレルギーは増えています。

なかでもいちばん厄介なのは、
猫アレルギーです。

中心となる原因物質は皮脂腺の中の物質で、

だ液中のタンパク質も同様に
アレルギーの原因となります。

しかもこれらは乾燥すると
ハウスダストより細かいチリになって

空中に飛散、粘膜力が強いため

家具だけでなく
壁や天井にもくっつきます。

ご存知のように猫はお風呂が大嫌いです。

また自分の体をなめるので
毛にもアレルギーのもとがついています。

猫好きの人には残念ですが、
これを解決する決定打は見つかっていません。

 

犬アレルギーを治したい!治療はどうすればいい??

ダニ感染症の症状と予防!致死率高く最悪の場合は死に至ることも!!

アレルゲン、食物アレルギー、ダニ、花粉・・・人によってさまざまって!?

 

薬に頼らず治したいのですが・・・

Q:

薬に頼ら民間療法で治したいのですが、

どの方法がいちばんいいですか?

 

A:

民間療法にはいろいろなものがあります。

実際に効果があったという話も聞きますが、

どういう症状の人に
どんな効き目があるのかなど、

十分な医学的根拠には欠けるものが大半です。

アトピー性皮膚炎の原因はさまざまですが、

それをひとつずつ探し、
治療策を講じていくという地道なものです。

魔法のように、
これをやれば劇的に治るといったものではありません。

ですから、
どうしてもためしたいときは

自分の判断で行うしかありません。

しかしそれが
月に何万円もする高額なものだったり、

使用しても効果が見られないとき、

「長期に使用しなさい」

と指示される場合は要注意でしょう!

また、

ときには病院で処方された薬と
併用することで、

症状を悪化させるケースもあります。

まずは主治医にきちんと相談し、

本当に必要かどうか考えましょう。

 

爪水虫は市販薬で治るの?病院へ行かずに自宅で治療する方法とは!!

アレルギー性鼻炎の治療は薬物療法とアレルゲンの回避が大切です!

性差医療って何?男には効いても女には効かない薬があるって本当??

 

 

最後に

アレルギー反応は、
もともと生体の防御機能です。

近年ペットアレルギーは増えています。

なかでもいちばん厄介なのは、
猫アレルギーです。

中心となる原因物質の皮脂腺の中の物質で、

だ液中のタンパク質も同様に
アレルギーの原因となります。

しかもこれらは乾燥すると
ハウスダストより細かいチリになって

空中に飛散、粘膜力が強いため

家具だけでなく
壁や天井にもくっつきます。

また、

赤ちゃんの皮膚の症状が
ひどいのであれば、

アレルギーの検査をして、
原因を調べてみてください。

もしもアトピーの場合であるならば、
根本の原因を突き止めて、

その原因を除去しないと
なかなか根絶するのは難しいです。

赤ちゃんはまだ言葉を発することができないので、

ひっかいたりして細菌感染などの
症状が悪くならないうちに、
医師の指導に従って治療してください。

赤ちゃんの負担もその分、軽くすみますし、、
適切な処置を行えば、
必ずよい方向に向かうはずですよ!

頑張ってください。応援しています。

赤ちゃんに愛情たっぷりの子育てお母さん♪


スポンサーリンク




-アトピーQ&A
-, , , , ,

スポンサーリンク