知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

遅発型フードアレルギー

アレルギー性鼻炎、喘息が腸内環境改善で劇的に良くなりました!

2017/09/03

遅発型フードアレルギーは

「好きなものを一生安全においしく食べ続けるために、
 上手な付き合い方を知る」ための検査だと思います。

一度、体内をリセットして、
アレルギー反応が低下した段階で、

自分の体と相談しながら、
ほどよいペースで好きなものを食べていけばよいのです。

この記事では、
遅発型フードアレルギーの検査後、

食生活の改善(代替食、除去食)に取り組みことで、
不調が改善した方々の例をいくつか紹介します。

つらい症状から、
誰もが感じているようななにげない不調まで、

さまざまな症状が、
アレルギー反応の低下にともなって改善しています。

 

 

 

スポンサーリンク

小学生のことからアレルギー性鼻炎、喘息が・・・(50代男性)

50代男性のこの方は、
小学生の頃から

アレルギー性鼻炎、喘息があり、
服役を続けていました。

年に1~2回は喘息発作があり、

吸入でなんとか症状を抑えていることもことです。

最初に検査を受けたのは、2012年1月。

もうアレルギー疾患が少しでもよくなるならと、
遅発型フードアレルギー検査を受けてみたところ、

かなり多くの食物に強いアレルギー反応が見られました。

とくに、
「乳製品」「卵」「バナナ」「パイナップル」

「アスパラガス」「バニラビーンズ」に強い反応が見られたため、

これらの食物の完全除去を徹底的に行いました。

ご本人の意志の強さもあり、
半年間ずっと、

フライの衣やかまぼこに至るまで、
アレルゲンが含まれている食物はすべて避けてきました。

改善を感じたのは約2週間後。

朝の爽快感を感じるようになり、
アレルギー性鼻炎の症状緩和が見られました。

「たった2週間で体調変化を感じられたことが、
 除去食を継続する大きな要因になった」
とおっしゃるとおり、

この短い期間での改善が、
完全除去をさらに徹底的に行う原動力となりました。

 

遅発性フードアレルギー 長期間続く咳と喘息に対処するには?

遅発性フードアレルギー 口腔ヘルペスを克服するには?

遅発性フードアレルギー アレルゲンなら一生、食べてはいけないの?

 


スポンサーリンク




腸内環境改善でアレルギー性鼻炎が劇的に改善!

6ヶ月の除去食を続けることができて、
アレルギー性鼻炎の症状が劇的に良くなり、
喘息も発作が起きることはなくなりました。

ご本人はこのアレルギーの改善を奇跡的とおっしゃいました。

でもこれは決して奇跡的ではなく、
アレルギー反応の強い食物を除去して、

腸内環境改善に取り組むことで、
このような改善がみられることはよくあることです。

さらに、特筆すべきことは、
この6ヶ月間で約7キロの減量にも成功されたそうです。

除去食をスタートしてから、
アレルギーの状況が良くなり、

朝の爽快感も得られるようになり、
軽いウォーキングを開始。

ウォーキングを始めてから3ヶ月後には、
5キロ程度のジョギングができるようになり、

その後も継続して
週3~4回のウォーキング&ジョギングを行っているそうです。

このように、鼻炎がよくなり、
朝の目覚めが爽快という理由から、

次々と健康的なライフスタイルにシフトしていく方が多いのも

遅発型フードアレルギー対策の特徴です。

また、

「まさか、食がいろいろな不調の原因だったとは・・・」

と思うくらい、

さまざまな症状が同時並行に的に
消失していくのも特徴的です。

 

遅発性フードアレルギーはなぜくしゃみやかゆみになるの?

遅発性フードアレルギーと即時型はどう違うの?その症状やアレルゲンは?

遅発性フードアレルギーの症状とは!僕にも得体の知れない蕁麻疹が?

 

 

最後に

遅発型フードアレルギーの検査により
原因となる食物を特定し、

食生活の見直しにしっかりと取り組みことができれば、

多少時間がかかることがありますが、
多くの不調を抱えていても、

すべてが改善していく可能性があります。

また、根本的なところにアプローチするので、

症状の再熱も起こりにくいのですね♪

僕も遅発性フードアレルギーの検査をして、
エビカニの除去を開始して6ヶ月です。

多少、寝つきがよくなり、
眠りも深くなったような気がしますが、

まだ今回ご紹介した男性のような爽快感は味わえていません。

現在は、眠る際にマスクをして
のどが乾燥しないようにケアをしながら、

エビカニなどの除去を続けています ;^^:

また、毎日の通勤時に
50分程度のジョギングも実施しています。

腸内環境が改善されて、
朝の爽快感を感じられるようになりましたら、

また、報告いたします♪


スポンサーリンク




-遅発型フードアレルギー
-, , ,

スポンサーリンク