知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

花粉症

スギ花粉の飛散量激増!花粉症とアレルギー性鼻炎はどう違うの?

2017/09/04

アレルギーは国民病です。
国民の3分の1がなんらかのアレルギー。
アレルギー性鼻炎は国民の13%

スギ花粉が始めて報告されたのは、
1993年で、それほど昔ではありません。

それに対して、
いつの間にか花粉症患者は増加の一途をたどっています。

これは似たようなアレルギー性疾患の病気、
たとえば気管支喘息やアトピー性皮膚炎でも、

同様の塚傾向が指摘されています。

これらの増加原因は特定できませんが、

・花粉やダニなどのアレルゲンの増加
・大気汚染などの環境汚染
・感染症の減少や抗生物質の使用
・食生活の欧米化
・ストレスの増加などが挙げられます。

「花粉症とアレルギー性鼻炎はどう違うの?」といった素朴な質問、

「花粉症はいつになったら治るのでしょう?」といった疑問や、

具体的な質問などを「Q & A」にまとめてみした。

実生活に即した情報をお伝えしますので、毎日の生活にお役立てください。

 

 

 

スポンサーリンク

花粉症とアレルギー性鼻炎はどう違うの?

Q:

花粉症と呼ばれるときと、

アレルギー性鼻炎と呼ばれる場合があるのですが、

どう違うのでしょう?

 

A:

花粉症とアレルギー性鼻炎とは、
あまり区別しなくてもかまわず、

同じようなと考えてよいでしょう。

病気が起こるしくみは同じで、
対策や治療法もほぼ同じです。

違うのは原因物質と、
症状の出る部位ですが、

同じ患者さんに対して
花粉症といっても、アレルギー性鼻炎といっても

差し支えない場合も多いと思われます。

 

花粉症以外でアトピーの原因は?皮膚科ではアトピー性皮膚炎と診断されたのに・・・

花粉症を根本から治す方法はあるの?免疫療法の効果と気をつけることとは!

アレルギー性鼻炎の治療は薬物療法とアレルゲンの回避が大切です!

 


スポンサーリンク




花粉症はいつになったら治るのでしょう?

Q:

花粉症を何年も繰り返していますが、

いつになったら治るのでしょう?

 

A:

スギ花粉症は1963年に発見されましたが、
10年、20年と続いている患者さんも多いようです。

花粉症が治る場合は、
原因の花粉がなくなる場合と、

花粉症を起こす体質が変わる場合の

2通りが考えれます。

残念ながらスギ花粉の飛散量が減少する見込みはなく、

まだまだ花粉の量が増えていくことが推測されています。

スギ花粉の飛散していない外国などに移住すれば、
治るかもしれませんが、

帰国すれば再度発症するでしょう。

また自然に花粉症を起こす体質に変わって、
花粉と反応しなくなることを

「自然覚解」と呼びますが、

この確率は10%以下だろうと考えられています。

ただし

老化により免疫機能が低下するのに従って、
花粉症がかるく治まることはあり得ます。

またブタクサ花粉症が国内では30年くらい前より
起こりにくくなっているので、

スギ花粉症も同様に、
軽くなる可能性は否定できませんが、

不明な点が多いと思います。

 

アレルギー性鼻炎の治療は薬物療法とアレルゲンの回避が大切です!

アトピー、アレルギー性鼻炎、気管支喘息は症状が違ってもアプローチは同じ!

アナフィラキシーショックって? 食べ物で口の中がかゆくなるのと関係があるの?

 


スポンサーリンク



style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-3418683727317010"
data-ad-slot="1406557081"

花粉を吸わない注意を払っているのですが・・・

Q:

花粉症を起こさないために
花粉を吸わない注意を払っているのですが、

十分ではありません。

どうしてでしょうか?

 

A:

花粉症は原因が花粉ですので、
花粉を回避することは非常に有効です。

ただし、

花粉以外の要素も
花粉症のような症状を起こすことがあります。

その要素としては、
花粉症以外の重複アレルゲン(原因物質)、

ウィルスや細菌による感染症、
乾燥した冷気による刺激、
寝不足やストレスによる自律神経の不調、
鼻の形態異常、薬剤性鼻炎などがあります。

これらの要素を見分けるには、
花粉の観測結果と症状を比べるアレルギー日記などが

役立つでしょう。

 

アレルギー性鼻炎の症状が軽くなるのは免疫機能の低下が原因かも?

アトピーで喘息になるかと不安!予防法はありますか?

花粉症以外でアトピーの原因は?皮膚科ではアトピー性皮膚炎と診断されたのに・・・

 

 

最後に

花粉症なのか、
アトピー性皮膚炎かどうかは、

原因物質(アレルゲン)、
かゆみの強さや湿疹のできる部位から、
推測できるみたいですね。

まずはしっかりしたお医者さんに受診ください。

必要であれば、アトピーの検査もしてみてください。

症状の軽いうちに原因を突き止めて、
医師の指導に従って治療していけば、
必ずよい方向に向かうはずですよ!


スポンサーリンク




-花粉症
-, , ,

スポンサーリンク