知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

食物アレルギー

アナフィラキシーショックって? 食べ物で口の中がかゆくなるのと関係があるの?

2017/09/15

みなさんは
鼻がなんのためにあるかを
ご存知でしょうか?

鼻の重要な働きは
のどや気管支を守ることですね。

これを「下気道の保護」といいます。

逆に鼻の機能が低下すると
下気道をいためやすくなり、

長く咳が続くことや、
のどの炎症をくり返すことになります。

鼻の粘膜が乾燥して血流が悪くなると、

加温、加湿、除塵機能が働きません。

アナフィラキシーショックってなに?

小学生のころからダニ、スギ、カモガヤ、ブタクサに陽性って?

この記事では、
鼻の症状をもって苦しんでいる人の
失敗例と成功例をご参考にしてください!

花粉症で苦しんでいるのは、あなただけではないのです ;^^:

 

 

 

スポンサーリンク

食べ物で口の中がかゆくなった例

(症状)

E子さんは40歳女性で札幌に生まれ育ちましたが、

毎年春にはシラカバ花粉症を起こします。

最近、食事中に口の中がかゆくなっていることに気づきました。

りんごやサクランボ、メロンなどが原因のようですが、
いつも起こるわけでななく、はっきりしません。

しかし先日ももをたくさん食べたときに、

のどのかゆみだけでなく、
声がかれていき、

苦しくなって病院に運ばれました。

血液検査でシラカバ花粉、りんご果実、もも果実などが陽性で、

「シラカバ花粉症」
「果実過敏症」と診断されました。

りんご、サクランボ、メロン、ももなどを
食べないように注意されるとともに

薬を常時携帯することをすすめられました。

 

(解説)

果実性過敏症は花粉症に合併しやすく、
のどのかゆみが起こりますが、

重症の際には、
呼吸困難や全身的な「アナフィラキシーショック」が起こり、

危険な病気です。

これはある種の花粉と、
別の種類の果実に共通の成分が含まれていることによります。

でも、

食べるさいに熱を加えることでおこさなくなることもあります。

果実性過敏症は、

「口腔アレルギー症候群」とも呼ばれ、
ある果物や野菜を食べたときに

短時間で口の中を主体とした
アレルギー反応を起こす病気です。

とくにシラカバ花粉症が起こしやすく、
国内では北海道、世界的には北欧に多いようです。

そのほかにも
スギ花粉症、イネ科花粉症、キク科花粉症などでも

果実過敏症が起こります。

 

アトピーの食物アレルギー 卵とまぐろで顔や体のぶつぶつが・・・!?

食物アレルギーの原因は多いの?遅滞性蕁麻疹でお悩みの方へ!!

アナフィラキシーで息苦しさ いきなりショック状態になると命にかかわるって?

 


スポンサーリンク




減感療法により症状が軽くなった例

(症状)

F子さんは25歳女性で最近結婚し、
はやく子供が欲しいと思っていました。

小学生のころからアレルギー性鼻炎と診断され、

ダニ、スギ、カモガヤ、ブタクサに陽性です。

1年中鼻炎の症状が起こらないときが少なく、
いつもアレルギーをおさえる薬を使わずにはいられませんでした。

耳鼻科で相談したところ、
アレルギー性鼻炎は自然に治ることが少ないので、

積極的に治療をしないと
今の状態が続きやすいといわれました。

まずダニ対策と、
花粉回避を指導され、

さらに時間をかけてアレルギー体質を改善するために

「減感作療法」をはじめました。

毎週1度注射を受けに通ったところ、
2年目からは、前の年より薬の量が半分に減ってきました。

今後もさらに続けて
妊娠しても薬なしで済むようにしていきたいと思っています。

 

(解説)

アレルギー性鼻炎が自然に治っていくことは少なく、

ときに花粉症の場合は、
自然寛解(症状がおさまる)が1割以下と言われています。

そこで積極的にアレルギー体質を改善したい場合は、

減感作療法(免疫療法)を行うことができます。

薬を使うことが制限される妊婦さんや、
薬のアレルギーで苦しんでいる方が、

この療法のよい適応となります。


スポンサーリンク




 

アレルギーは遺伝する?免疫療法と舌下療法で体質改善するには??

免疫療法の効果とは?花粉症を根本からは治す方法はあるの?

エピペン?アナフィラキシーで唇や手足のしびれに自分でできる応急処置って!?

 

 

最後に

僕も20歳の時に
ひどいアレルギー性鼻炎に泣きました。

夜寝る際に、
一回でも咳をしようものなら、もう大変で、
喉がカッ切られるような痛みが伴いました。

もう、眠ることはおろか、横にもなれないのです。
朝まで、布団の上で座って過ごしたこともありました。

それをなんとか改善すべく、

耳鼻咽頭科で血液検査をして、
ハウスダストとスギ花粉が原因と診断され、

週に1回の体質改善注射を約2年間も続けました。

それで、少しはよくなったと思うのですが、

それでも、
線香の煙やスギ花粉には過敏に反応して、

春先の寒暖の差が激しい時期はとくにひどい状況でした。

軽い蓄膿症とも言われましたが、
本当に眠っていても

”ヒーー、ヒーー”

喉が乾いて悲鳴をあげていました。

今でも、

僕は眠るときにマスクをして
喉の乾きをケアしています。

鼻づまりがひどくなると、
口呼吸を起こし、

鼻の加熱・加湿機能が働かなくなってしまうからですね。

強い鼻づまりが続くようであれば、
医師の指導に従って治療してください!

症状が軽いうちに適切な治療をすれば
必ずよい方向に向かうはずですよ!


スポンサーリンク




-食物アレルギー
-, , ,

スポンサーリンク