知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

花粉症

アレルギー性鼻炎 鼻づまりを治す手術の種類とその効果と特徴とは!

2017/09/04

内服や点鼻などの治療を行っても、
なかなか鼻づまりの症状が改善しない場合には、
手術を行うこともあります。

原理は単純で、
腫れている鼻の粘膜のボリュームを小さくして、
鼻の通りをよくするというものです。

その方法にはいろいろあり、それぞれに特徴があります。

 

 

 

スポンサーリンク

レーザ手術・電気焼灼手術

レーザーや電気で鼻の粘膜を焼いて、

腫れていた粘膜を

やけどのように固まらせて、
縮こまらせて、
鼻の中を広くして、

鼻の通りをよくする手術です。

入院せず局部麻酔でもできる手術です。

麻酔の染みこんだ綿を
鼻の中にしばらくのあいだ入れておいて、

その後に行うので、
痛みはほとんどありません。

焼くのにかかる時間も数分~十分程度と短いです。

術後はしばらく鼻の中がひりひりしたり、

かえって鼻づまりが
ひどくなったりすることがありますが、

一週間もすると鼻が通るようになります。

この治療は、粘膜をとってしまう手術ではないので、

数ヶ月から数年すると症状が再発することがあります。

ですから、

花粉症の方であれば、
シーズンごとに行うことが多いのです。

手術の時期としては、
花粉が飛び始める2ヶ月くらい前がベストですね!

 

アレルギー性鼻炎の症状が軽くなるのは免疫機能の低下が原因かも?

アトピーで喘息になるかと不安!予防法はありますか?

花粉症以外でアトピーの原因は?皮膚科ではアトピー性皮膚炎と診断されたのに・・・

 


スポンサーリンク




後鼻神経切断術

鼻づまりは、

物理的に空気の通り道が狭いことから起きてくる症状なので、
手術しやすい症状なのですが、

鼻水やくしゃみは、
手術では直しにくい症状です。

この後鼻神経切断術というのは、
それらに対する手術です。

後鼻神経は、
鼻の後ろのほうから鼻の粘膜に出ている副交感神経で

鼻水をだしたり、くしゃみをだしたりする神経です。

この神経が鼻に出てきたところで、
切断したり焼いたりしてしまえば、

鼻水やくしゃみの症状を和らげることができます。

症状を完全にゼロにすることはできませんが、

この手術をすることで、
薬を使わなくて済みようになった人は多いです。

この神経は、適切な場所で切断すれば、
鼻以外の場所へ行く神経を傷つけてしまうことはないので、

心配はいりません。

 

気管支喘息の治療!発作を起こさないための服薬や環境整備とは?

2才4ヶ月で目をこすって真っ赤?アトピーは治っても再発するの?

花粉症cmでお悩みの方へ!その症状と原因、検査と治療法とは!!

 

 

最後に

これらの手術をする前に、

大事なことは、
鼻の中にある蓄膿などのほかの病気がないかどうかを

しっかりと確認することです。

ほかの病気があれば、
まずはそれを治療することで、

症状が改善するかもしれませんし、

優先して治療しなければならない病気かも知れないからですね。

どんな治療をすれば一番症状が和らぐのか、
専門の医師と相談して、

手術するにしろ、しないにしろ、
最善の治療を探していくことが大事なのではないでしょうか!


スポンサーリンク




-花粉症
-, , , , ,

スポンサーリンク