知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

子どものアレルギー

僕のアレルギーマーチ? 年齢とともにアレルゲンが変わるって!?

2017/09/15

アレルギーの症状はさまざまですが、

年齢とともに変化していくことがよくあります。

次からつぎへと進んでいくようすから、

この現象を「アレルギーマーチ」といいます。

 

 

 

スポンサーリンク

皮膚症状から呼吸器、鼻へ

アレルギー症状は、
年齢によって変化していきます。

複数の症状が同時に出てしまう子もいますが、

多くは、

赤ちゃんのときには
皮膚症状の湿疹や下痢に悩まされ、

それが落ち着いたと思うと、
気管支喘息が始まり、

やがて

アレルギー性鼻炎や花粉症などを
発症という経過をたどります。

 

<主なアレルギー症状>

(0歳~2歳ころ)

   アトピー性皮膚炎、
   蕁麻疹、
   下痢、
   腹痛

主なアレルゲンは、

”食物” (卵、牛乳、小麦ほか)

 

(2歳~7歳ころ)

   アトピー性皮膚炎
   蕁麻疹
   喘息

★アトピー性皮膚炎が治ることも!

主なアレルゲンは、

”接触するもの、吸引するもの”(金属、スギ花粉、ハウスダスト他)

 

(7歳~12歳ころから成人へ)

   喘息
   花粉症
   アレルギー性鼻炎

★喘息が治ることも!

主なアレルゲンは、

”接触するもの、吸引するもの”(金属、スギ花粉、ハウスダスト他)

 

 

 

治ることも少なくないって!

なんらかのアレルギー症状がみられるからといって

必ず次の段階に行くわけではありませんね。

どの段階でもコントロールでき、

治療を必要としなくなることはあるのですね。


スポンサーリンク




僕のアレルギーマーチ?

僕も20歳の学生のころに
ひどい喉の痛みに悩まされて、

とくに夜寝るときに
一回でも咳をしようものなら、

”喉がかっ切られるような痛み”に襲われて

それから朝まで一睡もできない

というようなこともありました。

そこで、耳鼻咽頭科を受診して血液検査を受けました。

結果、

スギ花粉とハウスダストに重度の陽性反応が出て、

それから2年間、
週一回の体質改善注射を余儀なくされました。

そのときは、”軽い蓄膿ですね”、とも言われました。

その後は、すこしは良くなりましたが、

それでも

お香の煙や花火やタバコの煙には過敏に反応しました。

だから、30歳の時に禁煙押しました。

それからタバコを1本も吸っていません。

あれから、20年以上も経つのですが、
アレルギー体質は相変わらずで、

半年前に朝方のひどい蕁麻疹で、
内科を受診して血液検査をすると、

エビカニ類(甲殻類)とハウスダストに、

陽性3との結果になりました。

この歳で陽性3は結構きついみたいです。

これも一種のアレルギーマーチなのですかね:^^;

僕は、エビカニが大好きです。

ホントに、”トホホ”です。

僕は寝る前には、

いまででも必ずマスクをして
就寝中に喉が乾かないように細心のケアをしています。

でも、
寝ている間に口からマスクを外したりすると、

朝方喉がピリピリしたり、
イガラッぽかったりします。

なかなか、長い付き合いになって

根気と覚悟が必要ですね:^^;

でも、あなたに大事なことは、
鼻の中にある蓄膿などのほかの病気がないかどうかを

しっかりと確認することです。

そして、
信頼の置ける専門医を受診して、
早めの治療をしてください。

これらの病気はほおっておいても
なかなか治りにくいと思います。

あなたの症状が悪化しないうちに、
僕のように症状が連鎖していかないうちに、

根本治療することが
治療の早道なのではないでしょうか!

 

◆こんな記事も読まれています

アレルギーの治療法 タクロリムスを加えたステロイドでの薬物療法とは?

ステロイド点鼻薬は使い方次第で安全!血管収縮薬の点鼻薬はどうですか?

アトピーのステロイド薬は強さで使い分けて段階的に減量すべき!

ステロイド治療!でもすぐ再発?このまま塗り続けるの??

喘息様気管支炎から気管支喘息に!ステロイド吸入で起こさなくなった?

 


スポンサーリンク




-子どものアレルギー
-, , ,

スポンサーリンク