知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

子どものアレルギー

アレルゲン、食物アレルギー、ダニ、花粉・・・人によってさまざまって!?

2017/09/05

アレルギー反応を起こす原因となる物質には、

さまざまなものがあります。

姿かたちは違っても、
動物か植物の「たんぱく質」がアレルゲンですね!

 

 

 

 

スポンサーリンク

アレルギーを起こす原因にあるもの

アレルギー反応を引き出す原因物質を

”アレルゲン”といいます。

 

食べ物が
アレルゲンになっている場合は、

皮膚症状や消化器症状が出やすく、

ダニや花粉など、
吸い込むアレルゲンは、

呼吸器や鼻の症状を引き起こすやすくなります。

代表的なアレルゲンのひとつに

ハウスダスト

つまり家のほこりがあります。

ほこりのなかには、

無数のダニの死骸や糞がまじっています。

これが”アレルゲン”になるのですね。

なにがアレルゲンになるかは、人それぞれです。

はっきり特定できる場合もありますが、
とくにわからないこともあります。

 

 

 

アレルゲンの種類

アレルゲンの種類は多様ですが、

体内に取り込まれる経路によって分類できます。

 

”食べるか” ”吸い込むか” ”触れるか”

3タイプです。

 

食べるもの(食餌性アレルゲン)


牛乳、乳製品
小麦
ピーナッツ
そば
大豆
魚類
甲殻類(エビやカニ)
米、肉類、野菜、果物

 

 

アレルギー性鼻炎の治療は薬物療法とアレルゲンの回避が大切です!

目のアレルギー症状 充血やかゆみのアレルゲンをつきとめる!

アレルゲンは年齢によって変わるって?食物アレルギーを起こす食べ物とは?

 

 

吸引するもの(環境アレルゲン)

(ダニの死骸や糞)

ダニの死骸や糞がアレルゲンになります。

ダニには、
室内のほこり(ハウスダスト)のなかに含まれる
ヒトのフケやあか、

食べかすなどやカビなどを餌にして繁殖。

気温25℃、湿度75%のときに

もっとも増えやすくなります。

 

(カビの胞子)

カビの胞子は
外の大気の中に飛んでいますが、

家具の裏の壁や
風呂場、キッチンなどの
水まわりなどにもついています。

目に見えるほどのカビがはえていたら、
その胞子が大量に飛散し、

室内の空気中に浮遊しているおそれがあります。

 

(ペットの毛やフケ)

(花粉)

アレルゲンとなる花粉の代表は、

春先に飛散するスギやヒノキです。

同じく春先に咲く
シラカンバ、ハンノキ、

初夏にかけては
カモガヤなどのイネ科植物

秋にはブタクサなど、

何らかの花粉が、
ほぼ一年中飛んでいます。

接触するもの(経皮性アレルゲン)

天然ゴム

金属
化学繊維
シャンプー


スポンサーリンク




 

食物アレルギー アレルゲンを除去して症状を抑えるために大切なこととは?

食物アレルギー 離乳食前に母乳中の食物アレルゲンに反応して・・・?

食物アレルギーの問診と診断?アレルゲンの特定に大切なものとは?

 

 

環境アレルゲンの皮膚テスト陽性率

代表的な環境アレルゲンに対して
陽性反応示した人の割合は、

ダニ:42%

ネコ:13%

イヌ:18%

ゴキブリ:9%

スギ花粉:47%

カモガヤ:9%

結果としては、

ダニとスギ花粉に反応する人がとくに多いですね:^^;

 

 

食物アレルギー 血液検査と皮膚テスト、食物負荷試験の危険とは?

気管支喘息の血液検査、皮膚テストと呼吸機能検査とは?

アレルギーの原因を調べるには?皮膚テストや血液検査はどうするの?

 

 

僕のアレルギー体験

僕も20歳の学生のころに
ひどい喉の痛みに悩まされて、

とくに夜寝るときに
一回でも咳をしようものなら、

喉がかっ切られるような痛みに襲われて

それから朝まで一睡もできない

というようなこともありました。

そこで、

耳鼻咽頭科を受診して血液検査を受けました。

結果、

スギ花粉とハウスダストに重度の陽性反応が出て、

それから2年間、
週一回の体質改善注射を余儀なくされました。

そのときは、

”軽い蓄膿ですね”、とも言われました。

その後は、すこしは良くなりましたが、

それでも

お香の煙や花火やタバコの煙には過敏に反応しました。

だから、30歳の時に禁煙押しました。

それからタバコを1本も吸っていません。
あれから、20年以上も経つのですが、

アレルギー体質は相変わらずで、

半年前に朝方のひどい蕁麻疹で、
内科を受診して血液検査をすると、

エビカニ類(甲殻類)とハウスダストに、

陽性3との結果になりました。

この歳で陽性3は結構きついみたいです。

これも一種のアレルギーマーチなのですかね:^^;

僕は寝る前には、

いまででも必ずマスクをして
就寝中に喉が乾かないように細心のケアをしています。

でも、
寝ている間に口からマスクを外したりすると、

朝方喉がピリピリしたり、
イガラッぽかったりします。

なかなか、長い付き合いになって

根気と覚悟が必要ですね:^^;

でも、あなたに大事なことは、
鼻の中にある蓄膿などのほかの病気がないかどうかを

しっかりと確認することです。

僕のようなアレルギーの連鎖にならぬように、

早めの原因対策をお願いします♪


スポンサーリンク




-子どものアレルギー
-, , ,

スポンサーリンク