知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

アレルギー 子どものアレルギー

アレルギーは遺伝する?免疫療法と舌下療法で体質改善するには??

2017/09/02

免疫療法は、
症状のもとにある体質そのものを改善し、

アレルギーを根本からなおしていこうとする治療法です。

時間はかかりますが、
大きな効果を得られる場合もあります。

僕もあとの「最後に」で書きましたが、
大学生の頃に2年間も体質改善注射をしました。
2年間毎週ですよ、もう大変でした;^^:

 

 

スポンサーリンク

アレルギーは遺伝する?

アレルギーを起こしやすい体質は、
親から子へ遺伝します。

親がアレルギーの病気を持っている場合、
40%~70%の子に、

アレルギーが見られると報告します。

お父さんやお母さんに
アレルギー症状がある場合、

アレルギーを起こしやすくする遺伝子は、

20以上あることが判明していますが、

その遺伝子があると
アレルギーの発症率が倍増します。

・気道過敏症
・IgE産生
・花粉症
・鼻炎症
・喘息

 

免疫療法の効果とは?花粉症を根本からは治す方法はあるの?

舌下免疫療法は自宅でできて痛みもなく、副作用も少ないって本当?

喘息は親の体質からの遺伝?いつかは治ると気長にやっています!

 

 

唯一の根本治療とは

免疫療法は、
減感作療法ともいわれます。

少量から始め、
アレルゲンを体に入れることによって

アレルゲンに対する感じやすさを減らし、

アレルギーを反応を出にくくするのです。

WHO(世界保健機関)が
アレルギー疾患の唯一の根本療法としています。

通常の治療法では
コントロールしにくい重症の人でも、

効果が得られる場合があります。

ただし、アレルゲンの注入で
激しいショック症状を起こす危険性も皆無といえません。

エキスの濃度調整など、
専門医の熟練した技を必要とするため、

実施機関は限られているのが現状です。

 

アレルギー性鼻炎の治療は薬物療法とアレルゲンの回避が大切です!

アトピー、アレルギー性鼻炎、気管支喘息は症状が違ってもアプローチは同じ!

アナフィラキシーショックって? 食べ物で口の中がかゆくなるのと関係があるの?

 


スポンサーリンク




免疫療法とは

治療効果は症状によって異なります。

アトピー性皮膚炎は
アレルギー体質以外の要素も強いもので

あまり効果がありません。

また、

食物がアレルゲンの場合は、

注射によるエキスの投与はおこないません。

 

ハウスダスト

・鼻炎
・喘息

気管支喘息や
通気性のアレルギー性鼻炎の多くは、

ダニ(ハウスダスト)がアレルゲン。

花粉症と同様、高い治療効果が期待出来ます。

 

スギ花粉

・花粉症

スギ花粉のエキスの注射を

2年以上続けると、
60~70%のひとは症状が出なくなり。

薬がいらなくなります。

 

喘息以外の咳が長引く病気?喘息と間違えやすい病気とは!

気管支喘息の自己管理 吸入用ネプライザーは常備しておきたい!

喘息の重症度を見極めてから薬と治療法を決めてください!

 

 

舌下減感差療法とは!

エキスを注射するのではなく、
口に含んで粘膜から吸収させる方法も

研究されています。

舌下減感差療法といわれるこの方法は、

エキスをたらした小さなパンのかけらを舌下に置き、

二分間放置してから飲み込むというもの。

持薬でできるので
通院回数が少なくてすみますし、

痛みもありません。

注射より投与量を増やせるうえに
副作用の危険が少ないというメリットもあります。

臨床試験では注射による治療法と
有効率は変わらないと報告されており、

早期の実用化がきたいされています。


スポンサーリンク




 

最後に

僕も20歳の学生のころに
ひどい喉の痛みに悩まされて、

とくに夜寝るときに
一回でも咳をしようものなら、

喉がかっ切られるような痛みに襲われて

それから朝まで一睡もできない

というようなこともありました。

そこで、

耳鼻咽頭科を受診して血液検査を受けました。

結果、

スギ花粉とハウスダストに重度の陽性反応が出て、

それから2年間、

週一回の体質改善注射を余儀なくされました。

2年間ですよ、2年間。

そのときは、

”軽い蓄膿ですね”、とも言われました。

実際のところ、その後は、

確かにアレルギーの症状はすこしは良くなりました。

それでも
お香の煙や花火やタバコの煙には過敏に反応しました。

でも、引っこしたこともあって、

夜にひどい喉を掻っ切られるような咳は出なくなりました。

あれから、20年以上も経つのですが、
アレルギー体質は相変わらずで、

半年前に朝方のひどい蕁麻疹で、
内科を受診して血液検査をすると、

エビカニ類(甲殻類)とハウスダストに、

陽性3との結果になりました。

この年で陽性3は結構きついみたいです。

僕は寝る前には、

いまででも必ずマスクをして
就寝中に喉が乾かないように細心のケアをしています。

でも、
寝ている間に口からマスクを外したりすると、

朝方喉がピリピリしたり、
イガラッぽかったりします。

なかなか、長い付き合いになって

根気と覚悟が必要ですね :^^;


スポンサーリンク




-アレルギー, 子どものアレルギー
-, , ,

スポンサーリンク