知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

子どものアレルギー

アトピー素因の発症のしくみとは!アトピー性皮膚炎の正確な○○が大切です!

2017/09/15

湿疹ができて
かゆいからといって、

必ずしもアトピー性皮膚炎とかぎりません。

対応を間違えないためには、
本当にアトピー性皮膚炎かどうかの

診断を受けなければなりませんね!

僕のアレルギー症状も
最後の方に書きました。

あまり参考にならないかもしれませんが、
ご覧になってください。

 

 

 

スポンサーリンク

発症のしくみ

アトピー性皮膚炎の発症には、
もともともっている体質に加え、

乾燥による皮膚のバリア機能の低下、
皮膚に刺激を与える環境などが絡み合っています。

 

アトピー素因とは

①家族にアレルギー疾患をもつひとがいる。

あるいは本人がほかのアレルギー疾患にかかったことがある。

②IgE抗体をつくりやすい体質である。

 

 

ほかの湿疹と間違えやすい?

アトピー性皮膚炎で
受診する患者さんのなかで多いのは、

単なるドライスキンによる湿疹です。

アトピー素因がなくても
乾燥した肌はかゆくなり、

対応を誤ると
治りにくくなることがあります。

赤ちゃんに多い
脂漏性湿疹やおむつかぶれなども

見た目は似ていますが、

全く別のものです。


スポンサーリンク




アトピー性皮膚炎の症状とは

①かゆみを伴う

②皮膚症状がある

・湿疹を主病変とする

③慢性的に経過

・よくなったりわるくなったりを繰り返す。

・2ヶ月以上(乳児)、6ヶ月以上(幼児~成人)続く。

同じアトピー性皮膚炎でも、

すこし赤く皮がむけやすくなっている程度から、

強い炎症が広がったものまで。
皮膚の症状は様々です。

 

<アトピー性皮膚炎の重症度>

・最重症

強い炎症を伴う皮疹が体表面積の30%以上にみられる

 

・重症

強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%以上、30%未満にみられる

 

・中等症

強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%%未満にみられる

 

・軽症

面積にかかわらず、軽度の皮疹のみみられる

 

<アトピー性皮膚炎の発症率>

・4ヶ月   :12.8%
・1歳6ヶ月  :9.8」%
・3歳    :13.2%
・小学1年生 :11.8%
・小学6年生 :10.6%
・大学生      :8.2%

 

 

 

最後に

皮膚にかゆみのある発疹が現れても、
アトピー性皮膚炎かどうかすぐには判断できません。

アレルギーが根底にあるアトピー性皮膚炎は、
慢性的に続くのが特徴です。

乳児なら2ヶ月以上、
もう少し大きい子なら

半年以上経過をみなければ、
正しい診断はできません。

なお、「発疹」は皮膚に現れる
ブツブツなどの病変を指す言葉です。

病名としては、
「発疹」、「皮膚炎」といいます。

 

僕の場合で恐縮なのですが、
アレルギーの症状は、

アレルゲン(原因物質)の接触後、
しばらくたってからあらわれることもあります。

早朝に赤いブツブツ(蕁麻疹)がでる

僕の場合がぴったりなのです。

これを遅発型アレルギーっていうみたいです:^^;

僕は近くの町医者で、血液検査を受診しました。

結果、

甲殻類(エビカニ)とハウスダストに

陽性3の反応が出ました。

そして、しばらくは、

エビカニ類は食べないように(除去)に言われました。

それから半年間、
エビカニ類を食べていませんが、

それでも早朝に赤いブツブツが出ることもあります。

反応までの時間が長い場合、

IgE抗体の働きと別のしくみで
症状が起こる場合もあると考えられますが、

はっきりしたことは分かっていませんが

アレルギーとは長い付き合いになって
根気と覚悟が必要ですね:^^;

でも、あなたに大事なことは、
早期にその原因物質を特定して、

適切な処置を確認して
しっかりと対処していくことですね!

 

◆こんな記事も読まれています

アレルギー性鼻炎の治療は薬物療法とアレルゲンの回避が大切です!

目のアレルギー症状 充血やかゆみのアレルゲンをつきとめる!

アレルゲンは年齢によって変わるって?食物アレルギーを起こす食べ物とは?

アレルゲン、食物アレルギー、ダニ、花粉・・・人によってさまざまって!?

僕のアレルギーマーチ? 年齢とともにアレルゲンが変わるって!?

 


スポンサーリンク




-子どものアレルギー
-, ,

スポンサーリンク