知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

子どものアレルギー

アレルギーの治療法?アレルゲンの除去だけでなく○○要因を突き止める!

2017/09/15

アレルギーは

アレルゲンの除去で改善することもまりますが、

皮膚の状態を悪化させるのは
アレルゲンだけではありません。

悪化要因は
できるだけ取り除いていくことが大切です。

最後に

僕のアレルギー体験記も書いてみました。

よかったら、読んでみてください;^^:

 

 

スポンサーリンク

アレルギー治療の3本柱

アトピー性皮膚炎の治療には、

3つの柱があります。

 

スキンケア

皮膚がとても乾燥しやすいのは、
アトピー性皮膚炎の子どもの特徴です。

だからこそ、重視したいのがスキンケアですね。

しっかりと保湿するだけで、軽い症状なら落ち着きます。

 

薬物療法

ステロイドは治療の切り札になる薬ですが、

副作用を避けるために

タクロリムスという外用薬を使うこともあります。

いずれも適切に使えば大きな効果を発揮します。

 

アレルゲンと悪化要因を除去

検査でアレルゲン確定します。

小児科のアトピー性皮膚炎の90%は0歳で発症しています。

 

(主なアレルゲン)

アレルゲンは年齢によって変わっていきますね。

乳児期に多いのは食べ物ですが、

2歳以上になるとダニがアレルゲンになりやすいです。

 

(悪化要因)

人によって異なりますが、
ほとんが肌を刺激するものです。

汗や皮膚をかくことは
すべての人に共通する悪化因子ですね。

・汗
・細菌
・エアコンの風
・紫外線
・化学物質
・石けん、シャンプー
・汚れ
・乾燥
・洗いすぎ
皮膚をかくこと(かきこわし)


スポンサーリンク




食べ物がアレルゲンの場合は?

食べ物が
アレルゲンになっている場合は、

皮膚症状や消化器症状が出やすく、

ダニや花粉など、
吸い込むアレルゲンは、

呼吸器や鼻の症状を引き起こすやすくなります。

代表的なアレルゲンのひとつに

ハウスダスト

つまり家のほこりがあります。

ほこりのなかには、

無数のダニの死骸や糞がまじっています。

これが”アレルゲン”になるのですね。

なにがアレルゲンになるかは、人それぞれです。

はっきり特定できる場合もありますが、
とくわからないこともあります。

 

 

 

僕のアレルギー体験

僕も20歳の学生のころに
ひどい喉の痛みに悩まされて、

とくに夜寝るときに
一回でも咳をしようものなら、

喉がかっ切られるような痛みに襲われて

それから朝まで一睡もできない

というようなこともありました。

そこで、
耳鼻咽頭科を受診して血液検査を受けました。

結果、
スギ花粉とハウスダストに重度の陽性反応が出て、

それから2年間、
週一回の体質改善注射を余儀なくされました。

そのときは、
”軽い蓄膿ですね”、とも言われました。

その後は、すこしは良くなりましたが、

それでも
お香の煙や花火やタバコの煙には過敏に反応しました。

だから、30歳の時に禁煙押しました。

それからタバコを1本も吸っていません。

あれから、20年以上も経つのですが、
アレルギー体質は相変わらずで、

半年前に朝方のひどい蕁麻疹で、
内科を受診して血液検査をすると、

エビカニ類(甲殻類)とハウスダストに、
陽性3との結果になりました。

この年で陽性3は結構きついみたいです。

これも一種のアレルギーマーチなのですかね:^^;

僕は寝る前には、

いまででも必ずマスクをして
就寝中に喉が乾かないように細心のケアをしています。

でも、
寝ている間に口からマスクを外したりすると、

朝方喉がピリピリしたり、
イガラッぽかったりします。

なかなか、長い付き合いになって

根気と覚悟が必要ですね:^^;

でも、あなたに大事なことは、
鼻の中にある蓄膿などのほかの病気がないかどうかを

しっかりと確認することです。

 

◆こんな記事も読まれています

豆腐を食べると口の周りにプツプツができます。アレルギーですか?

食物アレルギー 血液検査と皮膚テスト、食物負荷試験の危険とは?

食物負荷試験 乳児は検査して除去する食物を特定しましょう!

目のアレルギー症状 充血やかゆみのアレルゲンをつきとめる!

アレルゲンは年齢によって変わるって?食物アレルギーを起こす食べ物とは?

 


スポンサーリンク




-子どものアレルギー
-, , ,

スポンサーリンク