知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

子どものアレルギー

花粉かダニか?花粉カレンダーでアレルゲンの対策が立てやすくなります!

2017/09/15

花粉とダニは、

アレルギー性鼻炎の原因としてもっとも多いものですね。

アレルギー反応を起こすもとなっているもの

アレルゲンがなにか、わかれば、

対策を立てやすくなります。

 

 

スポンサーリンク

花粉カレンダー

・1~6月・・・ハンノキ

・2~5月・・・スギ、ヒノキ

・4~8月・・・カモガヤ

・4~9月・・・オオアワガエリ

・8~11月・・・ブタクサ

・9~11月・・・カナムグラ

・10~12月・・・セイタカアワダチソウ

 

 

 

アレルギー検査とは!

鼻炎の症状があったからといって、

必ずしもアレルギー性鼻炎とはかぎりません。

正確な診断は検査をしてからです。

 

アレルギー性かどうか

・鼻鏡検査
・副鼻腔×線検査
・血液検査など

 

アレルゲンを確定する

・皮膚テスト
・血液検査など

 

問診も重要

・どんな症状がいつごろからあるか、
・症状が出る時期や合併症、
・アレルギー性の病気はあるか、
・家族にアレルギー性の病気を持つ人はいるか、

などといったことも診断にはかかせない情報ですね。


スポンサーリンク




何に反応するのか?

おおよその原因は
症状の表れ方で見当はつくものの、

確定はできません。

なかには、

ダニによるアレルギーを
花粉症と思い込んでいることもあります。

効果的な対策をとるには、

きちんと原因を確かめます。

アレルゲンを
徹底的に避けることができれば、

症状は改善していきます。

かぜなどの感染症が
鼻炎を悪化させていることもあります。

感染症の予防・治療も大切です。

 

 

紛らわしい病気とは!

かぜ

ウィルス感染によって鼻の粘膜に炎症が生じている。

はじめは、
さらさらとした鼻水やくしゃみだが、

やがて
ドロッとした鼻水になることが多い。

 

扁桃肥大

のどの奥にある扁桃や
アデノイドというリンパ組織の肥大は、

子どもでもよくみられる。

多少腫れている程度ならとくに症状はないが、

腫れがおおきくなると
慢性的な鼻づまりの原因になる

 

副鼻腔炎

鼻の穴の奥にある副鼻腔に
炎症が起こり、膿がたまる病気です。

慢性の副鼻腔炎がもとになって

気管支を起こすことがあり、
ぜんそくとの関連も注目されています。

 

血管連動性鼻炎

湿度や湿度、
天候の変化などが刺激になって

鼻炎症状が出るもの。

アレルギー性鼻炎になっているため、
刺激を受けやすい

 

 

 

最後に

僕も、

20歳の学生のころに
ひどい喉の痛みに悩まされて、

とくに夜寝るときに
一回でも咳をしようものなら、

喉がかっ切られるような痛みに襲われて

それから朝まで一睡もできない

というようなこともありました。

そこで、耳鼻咽頭科を受診して血液検査を受けました。

結果、

スギ花粉とハウスダストに重度の陽性反応が出て、

それから2年間、
週一回の体質改善注射を余儀なくされました。

そのときは、”軽い蓄膿ですね”、とも言われました。

その後は、すこしは良くなりましたが、

それでも

お香の煙や花火やタバコの煙には過敏に反応しました。

だから、30歳の時に禁煙押しました。

それからタバコを1本も吸っていません。

あれから、20年以上も経つのですが、
アレルギー体質は相変わらずで、

半年前に朝方のひどい蕁麻疹で、
内科を受診して血液検査をすると、

エビカニ類(甲殻類)とハウスダストに、

陽性3との結果になりました。

この年で陽性3は結構きついみたいです。

これも一種のアレルギーマーチなのですかね:^^;

僕は寝る前には、

いまででも必ずマスクをして
就寝中に喉が乾かないように細心のケアをしています。

でも、
寝ている間に口からマスクを外したりすると、

朝方喉がピリピリしたり、
イガラッぽかったりします。

なかなか、長い付き合いになって

根気と覚悟が必要ですね:^^;

 

◆こんな記事も読まれています

アトピーで顔や首が赤くなっておむつかぶれも!?アトピーは治るの?

アトピーの初期症状に薬は何がいいの?副作用は大丈夫なの??

アトピーの治療?蕁麻疹の予防接種を受けたら湿疹が??

皮膚科で血液検査とブリックテストしましたが!

ハウスダストアレルギーで起こりうる恐怖の症状とその予防策!

 


スポンサーリンク




-子どものアレルギー
-, , , ,

スポンサーリンク