知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

子どものアレルギー

アレルギー性鼻炎の治療は薬物療法とアレルゲンの回避が大切です!

2017/09/15

つらい症状は
薬を使って治療していきます。

症状の出現じたいを抑えるために、

そもそもの原因であるアレルゲンへの対策

しっかりおこなっていくことも大切です。

 

 

 

スポンサーリンク

治療法

症状を抑えるために
薬を使いながら、

アレルゲンの回避につとめるのが一般的です。

・薬物療法
・アレルゲンの回避
・手術
・免疫療法

 

 

 

アレルギー性鼻炎の薬

科学伝達物質遊離抑制剤

・インタール
・リザベン
・アレギサール
・ペミラストン

 

化学伝達物質受容体拮抗薬

・抗ヒスタミン薬
・タジベール
・アリメジン
・ペリアクチン
・ザジテン
・セルテクト
・ゼスラン
・ニポラジン
・アレジオン
・アレグラ
・クラチオン

・ロイコトリエン
・オノン

 

噴射用

・フルナーゼ


スポンサーリンク




アレルゲンを回避しよう

・花粉を避ける

花粉の飛散する時期はかぎられているうえ、

おおよその飛散量の予測もつくので、

対策は立てやすいもの。

・ダニ、ハウスダストを避ける

・赤ちゃんのうちから気を付けよう

・花粉が飛ぶ草木に近づかせない

・外出はなるべく控えさせる

・うがい、手洗いを習慣づける

・掃除をする

・洗濯物、ふとんを外に干さない

・窓を開けない

・帽子屋メガネ、マスクも付ける

 

 

 

早めに使い始めるって?

アレルギー性鼻炎の治療には、

飲む薬のほか、

花に直接噴射する点鼻薬も含まれます。

季節性の花粉症であれば、
花粉が飛ぶ前から抗アレルギー薬を内服し始め、

花粉の飛散が終わるまで続けることで、
症状の出現を抑えることができます。

通年性のものに対しても
抗アレルギー薬の長期使用が有効です。

血管を収縮させる薬は、
鼻づまりの解消に有効ですが、

使いすぎると
かえって悪化することがあるので、

短期間の使用にとどめます。

 

 

 

最後に

手術を考えるのは、

鼻づまりが
ひどく薬では改善しない場合、

鼻内部の形状が
鼻づまりの原因になっている場合、

小学生以上の年齢になっていれば、

手術も選択肢のひとつです。

最近はレーザー手術のように、
患部を大きく切り開かずにすむ方法もあります。

 

◆こんな記事も読まれています

アレルギーの治療法 タクロリムスを加えたステロイドでの薬物療法とは?

ステロイド点鼻薬は使い方次第で安全!血管収縮薬の点鼻薬はどうですか?

アトピーのステロイド薬は強さで使い分けて段階的に減量すべき!

ステロイド治療!でもすぐ再発?このまま塗り続けるの??

喘息様気管支炎から気管支喘息に!ステロイド吸入で起こさなくなった?

 


スポンサーリンク




-子どものアレルギー
-, , , ,

スポンサーリンク