知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

健康常識のウソ・ホント

アルコールと痛風 ビールよりウィスキーのほうがリスクが低い原因とは?

2017/09/09

アルコールと痛風との関係を調べた研究です。

痛風は、
足の親指の付け根の関節に

尿酸の結晶ができて、

発作的な激しい痛みが生じる病気です。

僕は根っからの「新しもの好き」です。

その血を騒がせながら、
面白く読んだ最新の健康情報を

あなたにも楽しんでいただければ幸いです。

生活に取り入れて役に立つ

「実験段階の情報」もいくつかお伝えします。

 

 

 

スポンサーリンク

アルコール量と発症率の関係とは!

1986年、
米国の男性47,150人を対象にアンケート調査を行い、

ふたん飲んでいるアルコール飲料の種類や量をたずねました。

その後13年間の追跡調査を行ったところ、
730人が痛風にかかりました。

その結果、
1日あたりのアルコール量が多いグループほど、

痛風の発生率が高くなりました。

例えば、
アルコールを飲まないグループと比べた場合の発生率は、

1日あたり

30.0~49.9gのグループでは、1.96倍となり、

50g以上のグループでは、2.53倍にもなりました。

ちなみに、
日本酒1合や、ビール大ビン1本には、

約23グラムのアルコールが含まれています。

 

(1日のアルコール摂取量と痛風の関係)

0g            :1.00倍

0.1~4.9g       :1.09倍

5.0~9.9g    :1.25倍

10.0~14.9g  :1.32倍

15.0~29.9g  :1.49倍

30.0~49.9g  :1.96倍

50g以上     :2.53倍

 

次に、
お酒の種類ごとの影響は、
アルコールの量は同じくらいでも、

ビールによるリスク上昇が一番大きく、
ウィスキーなどの蒸留酒が二番目でした。

 

痛風に良い食べ物とは! 尿酸値を改善させるアルカリ性食品を取り入れましょう!!

尿が泡立つと痛風って?腎臓病や糖尿病のサインかも??

胆嚢摘出後の後遺症ってどんなもの?手術後の正しい生活とは!

 


スポンサーリンク





 

痛風の危険性が高まります!

アルコールと痛風の関係は、

以前から知られています。

アルコールを飲むと
血中の尿酸値が高まるため、

痛風になる危険が高まるためです。

けれども、
お酒の種類ごとの影響は、

ビールの悪影響がもっとも大きく、

その理由は、
ビールには尿酸のもとになる
プリン体が豊富に含まれるためですね。

いっぽう、ワインの影響はあまりはっきりしないみたいですね。

ワインの中には、

痛風の予防となる
物質が含まれている可能性があるけれども、

まだよくわからないと考察されています。

ですから、
ワインならいくら飲んでも

大丈夫と考えるのは性急です。

ワインも含めて、
アルコール自体の量を減らすことが、
痛風を防ぐ上で大切でしょう!

 

足裏の親指が痛い!症状で疑うべき病気とその対処法とは!!

指の関節が腫れて痛い!原因は?何科を受診すればいいの?

冷や汗、腹痛に吐き気の原因。その症状にめまいがあると要注意ですよ!

 

 

最後に

僕もビールは大好きです。

冬でも、とりあえずはビールです。

冷凍庫で、
ビール専用の金属コップをキンキンに冷やして、

そこにアサヒの”クリアアサヒ”を注ぎます。

アサヒの泡はクリーミーで美味しいです。

そんなことはどうでもいいですね。

すみません、話を戻します。

ビールは毎日、欠かせません。

もう50歳すぎなので、
痛風怖いですが、やめられないのです;^^:。

知り合いにも何人か、
足の指先に包帯を巻いて、

杖をつきながら、
仕事をしている人がいます。

でも、もう若くないので、

本当に痛風は怖いですし、
いつなってもおかしくないと、

自分でもわかっているつもりです。、

「お酒の量もほどほどに」したいと思います。(*´∀`*)。


スポンサーリンク




-健康常識のウソ・ホント
-, , , , , ,

スポンサーリンク