知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

健康常識のウソ・ホント

コーヒーに糖尿病予防効果って!1日6杯以上飲むと糖尿病にならないですか?

2017/09/10

コーヒーと健康の関係については、

いろいろな研究がされています。

糖尿病との関係を調べた最近の調査をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

糖尿病の発生率が0.46倍に!

この研究は、
米国の男性医療職41,934人と、

女性看護師84,276人を対象に行われました。

アンケート調査を行い、
ふだんどれくらいコーヒーを飲むかたずねました。

男性医療職を、
1986年から12年間追跡調査したところ、

1,333人が糖尿病になりました。

また、女性看護師を、
1980年から18年間追跡したところ、
4,085人が糖尿病になりました。

その結果、
コーヒーを飲まない男性と比べて、

1日6杯以上飲む男性では、
糖尿病の発生率が0.46倍に低くなりました。

女性でも、
コーヒーを飲まないグループと比べて、

1日6杯以上飲むグループでは、
糖尿病の発生率が0.71倍に下がりました。

いっぽう、紅茶を多く飲んでも、
糖尿病の発生率は下がらないという結果でした。

(コーヒー摂取量と糖尿病の発生率の関係)

飲まない     :1.00倍

1日1杯未満       :0.98倍

1日1~3杯        :0.93倍

1日4~5杯        :0.71倍

1日6杯以上       :0.46倍

 

尿が泡立つと痛風って?腎臓病や糖尿病のサインかも??

健康診断でhba1c 6.2%は糖尿病予備軍?NASHという怖い脂肪肝とは!

肥満に関係する節約遺伝子とは!〇〇は大きすぎても長寿ホルモンが低下するって??

痛風に良い食べ物とは! 尿酸値を改善させるアルカリ性食品を取り入れましょう!!

歯周病と無呼吸症候群の関係とは!そのなりやすい原因はコレだった?

 


スポンサーリンク





 

インスリンの働きを弱めます

ところで、

コーヒーなどに含まれるカフェインは、

短期間に見ると

インスリンの働きを
弱める作用が有ることが知られています。

そのため、
糖尿病にはむしろ有害ではないかと、

これまで考えられてきました。

けれども、

10年以上の追跡調査に基づく今回の結果では、

コーヒーによる
予防作用をうかがわせる内容でした。

カフェインには、
エネルギー消費を作用をもあるため、

長期的には
そうした働きが前面に出るのではないかと、

研究グループは考察しています。

いずれにせよ、

この「糖尿病-コーヒー」仮説は、

まだ新しい考えですね。

そのため、今回の研究ひとつで、

コーヒーの効果が
証明されたと考えることができません。

今後の研究に期待したいところです。

 

冷や汗、腹痛に吐き気の原因。その症状にめまいがあると要注意ですよ!

胆嚢摘出後の後遺症ってどんなもの?手術後の正しい生活とは!

なぜか体中が痒い、その皮膚のかゆみや湿疹の症状は肝臓が原因かも?

足の裏にほくろがあると癌って!その特徴や実際の症状は?

指の関節が腫れて痛い!原因は?何科を受診すればいいの?

 

 

最後に

僕もコーヒーは毎日飲みますね。

でも、砂糖は微量ですが、
入れてしまいます。

この砂糖が
糖尿病に影響しているのではないでしょうか?

たぶん、
この記事では書いていませんが、

みんなブラックで飲んで、
砂糖は入れていないのでしょうね。

でも、僕は朝はコーヒーのみなので、
すこし、糖分が必要なのです。

朝以外は、できるだけ、
砂糖は入れないようにしていますが・・・。

砂糖という言い方自体が、
昭和っぽいのですが・・・;^^:。


スポンサーリンク




-健康常識のウソ・ホント
-, , ,

スポンサーリンク