知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

健康常識のウソ・ホント

睡眠と心臓病の関係とは!1日○時間だと発生率が1.45倍になるって?

2017/09/10

 

人間は、
生きている時間のおよそ三分の一を寝て過ごしています。

けれども、
睡眠の量や質が健康にどう影響するのか、

あまり多くのことはわかっていません。

そこで、睡眠時間と冠動脈疾患

(心臓に血液を送る冠動脈が詰まる病気で、心筋梗塞や突然死など)

との関係を調べた研究をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

睡眠時間と冠動脈疾患の発生率の関係とは?

1986年、
米国の女性看護師71,617人にアンケート調査を行い、

1日の睡眠時間をたずねました。

その後1996年まで10年間の追跡調査をおこなったところ、
934人が冠動脈疾患になりました。

その結果、
睡眠時間が8時間のグループに比べ、

5時間以下のグループでは、
冠動脈疾患の発生率が1.45倍高くなりました。

睡眠時間が
6時間のグループと7時間のグループでも、

発生率がすこし高くなりましたが、

統計的に意味のある結果ではありませんでした。

いっぽう、
睡眠時間が9時間以上のグループでも、

発生率は1.38倍と高くなりました。

 

(睡眠時間と冠動脈疾患の発生率の関係)

5時間以下           :1.45倍

6時間g           :1.18倍

7時間           :1.09倍

8時間(基準値)      :1.00倍

9時間以上     :1.38倍

 

心臓病で血管が詰まりやすいなら!!こんな人は納豆を食べてはいけない!

フロス・オア・ダイってなんのこと?心臓病予防に歯磨きが大事って??

放散痛?心筋梗塞の兆候を伴わない意外な場所に出る症状とは?

アルツハイマー病の予防にはタバコが効果的って本当?

胆嚢摘出後の後遺症ってどんなもの?手術後の正しい生活とは!

 


スポンサーリンク




睡眠不足の状態が続いてしまうと・・・

睡眠不足の状態が何日か続くと、

血圧や血糖値が高くなり、
交感神経の緊張も高まると考えられています。

この状態が何年という長期間に渡って続くことで、

心筋梗塞などの危険が高まるのではないか、
研究グループは推測しています。

ただし今回の研究では、
睡眠時間が9時間以上と長いグループでも、

冠動脈疾患の発生率が高いという結果でした。

この点について研究者らは、

どう説明すればよいのか、
よくわからないと留保しています。

たから、
長時間の慢性的な睡眠不足や、

睡眠のとり過ぎが、
心臓病のリスクにどう影響するのか、

さらに研究が必要ですね。

とはいえ、
だれもが忙しいこの時代、

睡眠不足に悩まされる人のほうが、
寝る時間が多すぎて困っている人より、
はるかに多いのは確かでしょう!

十分な睡眠を確保することは、

食生活に気を遣ったり、
体を動かしたりするのと同じように、

大切と言えそうですね。

 

自律神経失調症とは?その症状や治療法!うつ病や更年期障害への対処とは!!

えごま油と亜麻仁油の違い!?認知症・うつ病に効果があるのはどっち?

自律神経失調症の症状は? 知っておくべき改善策と専門医の治療方法とは?

不眠でうつ寸前!不眠解消にはセロトニンが欠かせません!?

腹痛に吐き気、冷や汗が出た場合の対処法はどうすれば良い?

 

 

最後に

そうなんです、

睡眠不足の人のほうが圧倒的に多いでしょうね!

僕も飲みつぶれて、
そのまま寝入ってしまうことが

最近多くなりました。

でも、
飲みつぶれて寝入ってしまう場合は、

”失神している状態と同じ”ということらしくて、

眠っていることにはならないらしいです;^^:

だからですね、

寝ている時間は多くても、
全然すっきりしていません。

ただ単なる”二日酔い”なのですかね!

もう、若くないので、
気をつけます、反省です;^^:


スポンサーリンク




-健康常識のウソ・ホント
-, , ,

スポンサーリンク