知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

健康常識のウソ・ホント

心筋梗塞の症状と原因?排気ガスを吸った直後の発症に要注意!

2017/09/10

心筋梗塞は、

心臓の筋肉に栄養を送る動脈(冠動脈)が
詰まってしまうために生じる病気です。

タバコや高コレステロール血症によって

リスクが高くなることは、よく知られていますね。

 

 

 

スポンサーリンク

大気汚染と心筋梗塞との関連は?

1999年から2001年にかけて、
ドイツ南部のアウグスブルグで生じた、

心筋梗塞の患者691人を対象にしています。

「大気汚染」の影響を調べるために、
患者が病気になる前の4日間で、

自動車、自転車、および
公共交通機関(バスや列車など)といった交通機関を、

どのくらい使っていたかをたずねました。

これらの交通機関を使っていた時には、
排気ガスなどの大気汚染の影響もうけていたと想定したわけです。

その結果、
心筋梗塞になった当日には、

対象者の5.7%がいずれかの交通機関を利用していました。

それに対して、
発症の1~3日前の利用率(4.6%~4.8%)は、

当日よりも低くなりました。

 

(交通機関の利用と心筋梗塞の関係)

交通機関利用アリ

1時間前      :2.92

2時間前      :2.01

3時間前      :1.15

交通機関利用なし   :1.00倍

 

心臓病で血管が詰まりやすいなら!!こんな人は納豆を食べてはいけない!

フロス・オア・ダイってなんのこと?心臓病予防に歯磨きが大事って??

睡眠と心臓病の関係とは!1日○時間だと発生率が1.45倍になるって?

放散痛?心筋梗塞の兆候を伴わない意外な場所に出る症状とは?

アルツハイマー病の予防にはタバコが効果的って本当?

 


スポンサーリンク





 

排気ガスなどの大気汚染を浴びた直後には・・・

心筋梗塞になる直前の時間ごとに分析すると、

交通機関を利用していなかった場合に比べて、

発症の1時間前に利用していた場合には、
リスクが2.92倍、

2時間前に利用していた場合には、
リスクが2.01倍と高くなりました。

つまり、
交通機関を利用して排気ガスにさらされると、

その1~2時間後に
心筋梗塞を引き起こす引き金になる

可能性をうかがわせる結果でした。

ただし、この結果は、
患者が病気になる前の

「交通機関の利用状況」を調べているだけです。

実際にどの程度の排気ガスを吸い込んだのか、

直接調べているわけではありません。

そのため、
ほんとうの排ガスなどの「大気汚染」の影響で
リスクが高くなったのか、

それとも、
自分で自動車を運転していたことによる
「ストレス」の影響なのか、

完全に区別することができません。

そのいっぽうで、
排気ガスなどの大気汚染を浴びた直後のには、

血液が固まりやすくなったり、
血管が収縮したりすることが知られています。

こうした状態が心筋梗塞の引き金になる可能性があるわけです。

「きれいな空気」の大切さを、
あらためて思い起こさせるデータです。

 

自律神経失調症とは?その症状や治療法!うつ病や更年期障害への対処とは!!

えごま油と亜麻仁油の違い!?認知症・うつ病に効果があるのはどっち?

自律神経失調症の症状は? 知っておくべき改善策と専門医の治療方法とは?

不眠でうつ寸前!不眠解消にはセロトニンが欠かせません!?

腹痛に吐き気、冷や汗が出た場合の対処法はどうすれば良い?

 

 

最後に

排気ガスと心筋梗塞の関係、

僕の母方の叔父も、
僕が大学生の21歳の時に、

いきなりの心筋梗塞で急死しました。

あとで知ったのですが、
叔父はその数日前から”胸が痛い”と言っていて

家族から病院での診察を
強く勧めたれていたにも関わらず、

会社で問題が発生していて、

その問題が解決するまでは
時間が取れないと言っていたそうです。

そうなんです、

圧倒的にストレスと過労が原因だったと聞きました。

僕もその叔父の年を既に超えて10年以上。

僕の母方の家系は血管が細く、
心筋にかかわらず、血流が詰まりやすいと

若いころから非常に気にしてきました。

偏頭痛などもすごく気になります。

排気ガスとの関係はよくわからないのですが、

ストレスとの関係は、非常にこわくて、
とくに寝不足とストレスを溜めることには、

今後も細心の注意を払っていきます ;^^:


スポンサーリンク




-健康常識のウソ・ホント
-, , , ,

スポンサーリンク