知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

健康常識のウソ・ホント

ビタミンCで風邪予防!でも取り過ぎは〇〇や○○○の危険って?

2017/09/10

「大量のビタミンCを摂取すれば、風邪が予防できる」

一時期はお医者さんでも、

こういう人は増えました。

しかし、

「ビタミンCの風邪予防効果」
はっきりと認められていないのです。

この記事では、そこを深追いしてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

ビタミンCの風邪予防効果は否定されているって?

ビタミンCの1g摂取による
風邪予防効果はすでに否定され、

40g近い大量摂取をしたとしても、
その予防効果に疑問符がついています。

日本では昔から

「みかんを食べると、風邪をひかない」
と言われてきました。

これも、
みかんにはビタミンCが豊富に
含まれていることからきているようです。

ただ、
ミカンのほかにもビタミンCが豊富な果物は、

イチゴを筆頭としてたくさんあるはずです。

どうしてミカンだけが風邪予防にいいと
言われるようになったのかははっきりしません。

 

「風邪は汗をかくと治る」はウソ?

風邪の食事はうどんがおススメ!その理由と効果的な食べ方とは!!

風邪に効く食事の簡単レシピ5選!症状に適した食事を摂ろう!!

風邪に効く食べ物が欲しい!コンビニで手に入るおススメは?

ロキソニンとカロナールの違い!効きが強いのはロキソニン?成分、特徴、服用時の注意点は?

 


スポンサーリンク




ほんの少し遅らせるくらいって?

ビタミンCは水に溶けやすく、
体内にとどまらない傾向が強く、

あまりに大量に摂りすぎると、

下痢や腎結石を起こす危険もあります。

サプリメントを摂るにせよ、
ミカンを食べるにせよ

”これで風邪予防になる”

といった過大な期待は寄せないほうがいいでしょう!

全く効果がないとは言いませんが、

その効果は

”風邪症状がでるのをほんの少し遅らせるくらい”の程度。

どんなにビタミンCを摂っていても、

風邪を引くときは引くものなのです。

 

冷や汗、腹痛に吐き気の原因。その症状にめまいがあると要注意ですよ!

胆嚢摘出後の後遺症ってどんなもの?手術後の正しい生活とは!

なぜか体中が痒い、その皮膚のかゆみや湿疹の症状は肝臓が原因かも?

足の裏にほくろがあると癌って!その特徴や実際の症状は?

指の関節が腫れて痛い!原因は?何科を受診すればいいの?

 

 

最後に

そうですか、

ミカンをたくさん食べても、
風邪を引くときは引くものなおですね。

でも、僕の認識は、
風邪薬の成分はビタミンCを多く含んでいるので

それが風邪の症状に効く、
というものでした。

少し話が変わって、
僕の場合で恐縮なのですが、

僕は20歳の学生のころに
ひどい喉の痛みに悩まされて、

とくに夜寝るときに
一回でも咳をしようものなら、

喉がかっ切られるような痛みに襲われて

それから朝まで一睡もできない

というようなこともありました。

そこで、耳鼻咽頭科を受診して血液検査を受けました。

結果、

スギ花粉とハウスダストに重度の陽性反応が出て、

それから2年間、
週一回の体質改善注射を余儀なくされました。

そのときは、”軽い蓄膿ですね”、とも言われました。

その後は、すこしは良くなりましたが、それでも
お香の煙や花火やタバコの煙には過敏に反応しました。

あれから、20年以上も経つのですが、
アレルギー体質は相変わらずで、

半年前に朝方のひどい蕁麻疹で、
内科を受診して血液検査をすると、

エビカニ類(甲殻類)とハウスダストに、

陽性3との結果になりました。

この歳で陽性3は結構きついみたいです。

僕は寝る前には、

いまででも必ずマスクをして
就寝中に喉が乾かないように細心のケアをしています。

でも、
寝ている間に口からマスクを外したりすると、

朝方喉がピリピリしたり、
イガラッぽかったりします。

なかなか、長い付き合いになって

根気と覚悟が必要ですね:^^;

でも、あなたに大事なことは、
鼻の中にある蓄膿などのほかの病気がないかどうかを

しっかりと確認することです。

ほかの病気があれば、
まずはそれを治療することで、

症状が改善するかもしれませんし、

優先して治療しなければならない
病気かも知れないからですね。

どんな治療をすれば一番症状が和らぐのか、
専門の医師と相談して、

最善の治療を探していくことが
大事なのではないでしょうか!


スポンサーリンク




-健康常識のウソ・ホント
-, , ,

スポンサーリンク