知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

健康常識のウソ・ホント

焼酎は日本酒よりも体にいいはウソ?どれくらいが適量なの??

2017/09/10

 

A「さあ、酒を飲もう。何を飲もうか?」

B「俺は焼酎のお湯割りにしようかな。肝臓お疲れ気味だからなあ」

A「じゃあ、俺も焼酎にしようかな、体にも良さそうだし」

B「じゃ決定、焼酎のお湯割りお願いしま~す」

居酒屋でこんな会話しているサラリーマン、多いでしょうね。

古今はたいぶ焼酎の人気が高いようですが、

焼酎は日本酒などの
ほかのアルコールに比べて体にやさしいのでしょうか?

答えはノー、ですね

この記事では、その理由をお伝えします。

 

 

 

スポンサーリンク

アルコールと健康の関わりとは!

どれを選んだところで、

アルコールの健康に対する影響度には
差はないと考えるべきです。

そもそも、
アルコールと健康の関わりは、

「純アルコール度数」という尺度を基準にして
検討することになっています。

これはエタノール(エチルアルコール)の量このこと。

つまり、
焼酎であろうが日本手であろうが、
ワインやウィスキーであろうが、

みんなこのエタノール量に換算されたうえで、
”健康や病気にどれくらいの影響がある”

ということが決められているわけです。

お酒の種類では区別されていないのですね。

 

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)!脂肪肝は怖くない病気は怖くないウソ?

アルコールと痛風 ビールよりウィスキーのほうがリスクが低い原因とは?

アルコールと大腸がんとたばこの危険性とは!1日に30gを超えると・・・

花粉症 アルコールで鼻の粘膜がうっ血するって?

痛風に良い食べ物とは! 尿酸値を改善させるアルカリ性食品を取り入れましょう!!

 

 

どれくらいが適量なの?

「何を飲むか」は問題ではなく、

あくまで
「どれくらい飲むか」が問題になるわけです。

では、エタノールで換算したときに、
どれくらいが「適量」とされているのでしょうか?

厚生労働省の基準によれば、

ビールであれば中瓶1本(500ml)
日本酒なら1合(180ml)
ウィスキーダブル1杯(60ml)
ワインは2杯(200ml)

そして焼酎は0.6合(120ml)ということになります。

この適量基準によって、

日本酒と比べてみると、
焼酎の方が「量」を飲めないということになります。

だから、
「焼酎は体にやさしい」という幻想にとらわれて

クイクイと杯を運んでいると、
あっという間に飲みすぎてしまうわけですね。


スポンサーリンク




適量は認知症の予防になるって?

アルコールは、
その量と付き合い方によって、

健康の味方にもなれば、敵にもなります。

お酒は飲める人(アルコール分解酵素を持つ人)が
「適量」をたしなむのであれば、

健康維持や長寿にメリットになるとされます。

「適量」の飲酒が
認知症の予防につながることもわかっています。

しかし、「適量」を超えた場合に、
数々のデメリットがあることはご存知のとおりですね。

とくに、
肝臓機能障害がある人の飲酒は、

肝炎の悪化などを招き、
ハイリスクなものになります。

ぜひ、
正しい知識と付き合い方を学んで、

健康維持に役立てるようにしてください。

 

冷や汗、腹痛に吐き気の原因。その症状にめまいがあると要注意ですよ!

胆嚢摘出後の後遺症ってどんなもの?手術後の正しい生活とは!

なぜか体中が痒い、その皮膚のかゆみや湿疹の症状は肝臓が原因かも?

足の裏にほくろがあると癌って!その特徴や実際の症状は?

指の関節が腫れて痛い!原因は?何科を受診すればいいの?

 

 

最後に

お酒の飲み方は難しいですよね。

僕も50を過ぎて、

お酒に弱くなって、
翌朝に記憶がないというのも、

一回、二回ではないですね。

すごく怖いですね;^^:

嫁は
翌朝機嫌が悪いですし、

僕は酔っ払って
”暴言”を吐いていないかどうか・・・;^^:

人間の本性が出てしまいます。

ホント、お酒はホドホドにですね、

反省です、反省。


スポンサーリンク




-健康常識のウソ・ホント
-, , , ,

スポンサーリンク