知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

健康常識のウソ・ホント

ビールが成人病を予防する?善玉と悪玉のバランスが大事です!

2017/09/10

最近は
ワインの効用がよくいわれていますが、

こんどはビールが、
心臓病などの成人病予防に効果があると

という研究結果が発表されました。

どうゆことなのか?

その理由を調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

飲まない人のほうが○○○が多いって?

オーストラリアの研究者2チームによると

ビールは心臓病と脳出血の効果がある。

過去10年にわたって、
1930年以前に生まれた男性1500人と、

女性1500人を調査した結果、

男性では

全く飲まない人の死因の51%が心臓病だったが、
飲む人では42%に下がりました。

同様に女性でも、

飲まない人の53%が心臓病であったが、
飲む人は43%に下がるという結果でした。

また、13年間にわたって

500人を対象に、
ビールと脳出血に関する調査をおこないました。

節度ある飲み方は
良性のコレステロールを増やし、

血液の凝固をふせぐとする結果を発表しました。

コレステロールには、
善玉のHDLと悪玉のLDLがありますね。

HDLは血管の壁にくっついた
コレステロールを肝臓に運んでくれますが、

LDLは反対に、

コレステロールを肝臓から運んできて
血管の壁にくっつけてしまうのですね。

 

アルコールと痛風 ビールよりウィスキーのほうがリスクが低い原因とは?

痛風に良い食べ物とは! 尿酸値を改善させるアルカリ性食品を取り入れましょう!!

脳梗塞予防のカギとは?血管の粘性が高まれば詰まりやすくなるって!!

便秘が続くと臭い?おならだけでなく口も体も臭くなるって!

加齢臭の対策とは!和食はオヤジ臭撃退の強い味方です!!


スポンサーリンク




善玉と悪玉のバランスが大事です!

コレステロールがなくなってしまうと
血管は弱くなるから、

悪玉といえどLDLも必要で、

HDLとLDLがバランスを保っていることが大切です。

しかし善玉コレステロールが減ると
血流が流れにくくなるので、

増やす必要がありますね。

それには、
ビールのような多量の水分と少量のアルコールや、

適度な運動、食物繊維などがいいですよ。

心臓病の予防も脳出血の予防も、

”節度ある飲み方”が大切ですね。

飲み過ぎると、
高血圧など、ほかの成人病を引き起こす可能性もあります。

その節度とは、
習慣性がつくような毎日飲むのは避けて

飲むとすれば、
1日2杯ぐらいまでが適量ということですね!

 

自律神経失調症とは?その症状や治療法!うつ病や更年期障害への対処とは!!

えごま油と亜麻仁油の違い!?認知症・うつ病に効果があるのはどっち?

自律神経失調症の症状は? 知っておくべき改善策と専門医の治療方法とは?

不眠でうつ寸前!不眠解消にはセロトニンが欠かせません!?

腹痛に吐き気、冷や汗が出た場合の対処法はどうすれば良い?

 

 

最後に

僕もお酒が大好きです。

毎日、ビールと芋焼酎はかかせません。

記事で言っていることと矛盾しますね;^^:

まあ、
そのようなことを言う資格は僕にありませんね。

僕も50歳を過ぎて
このごろはお酒が弱くなってきたような気がします。

翌朝に
全く前の晩の記憶がないこともしばしばで、

嫁の機嫌はすこぶる悪いです;^^:

たまにひどい時は、
お風呂に入ったかどうかも記憶がありません。

だから、
僕にはお酒は適量は云々という資格はありません。

でも、やめられないのですね。

お酒は適量にとはいつも思うのですが、
飲み出すとそんなことはお構いなしです。

本当に反省です、反省!

周りに不快な思いをさせないようにと
最低限のルールを守って気を配るべきですね!


スポンサーリンク




-健康常識のウソ・ホント
-, , , , ,

スポンサーリンク