知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

健康常識のウソ・ホント

急性期治療法 tーPA治療とは?「脳卒中は動かしたらダメ」は大ウソ!

2017/09/09

昔はよく
「脳卒中の発作は決して頭を動かしてはいけない」
と言われました。

実際、佐藤栄作元首相は、
東京・築地の料亭「新喜楽」で脳卒中発作で倒れました。

その際、大学病院に搬送されたのはなんと 5日後!

佐藤元首相は大学病院に移って

2週間後に死亡しています。

その当時、”急に動かすな!”
というのが常識であり、鉄則だったのです。

しかし、今は違います。

この記事ではその理由をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

急性期治療法の飛躍的な進歩「t-PA治療」とは?

「動かしてはいけない!」は大間違いであり、
すでに遠い過去の話であるのですね。

現在は、
脳卒中発作を起こしたら、

できる限りスピーディーに
病院へ搬送するほうがいいとされています。

理由は、
治療技術が大きく進歩したからです。

そもそも
脳の血管が詰まる「脳梗塞」と、
脳の血管から出血する「脳出血」があわせて

「脳卒中」と呼ばれているわけですが、

とりわけ、
脳梗塞の急性期治療法は飛躍的な進歩を遂げています。

たとえば、「t-PA治療」

t-PA治療とは

「組織プラスミノーゲン活性化因子」の略で、

簡単に言えば、血栓を溶かす薬。

コレを注射することによって、
詰まってしまった血管を再開通させるわけです。

 

エコノミークラス症候群の初期症状 血栓が詰まると最悪の場合に死に至ることも!

心臓病で血管が詰まりやすいなら!!こんな人は納豆を食べてはいけない!

心筋梗塞の前兆症状を疑おう!その8つのチェック方法とは!

えごま油と亜麻仁油の違い!?認知症・うつ病に効果があるのはどっち?

認知症の予防と効果的な食事!今日からできるボケ防止の食事のコツとは!

 

 


スポンサーリンク




1分1秒が勝負なのです!

脳梗塞が起きると、
梗塞層は時間の経過とともにどんどん広がり、

脳の神経細胞が次々に壊死してしまっています。

しかし、
このt-PA治療を受けられれば、
回復率が1.5倍以上に増えると言われています。

もっとも、
この治療を受けるには
「発症後3時間以内でなければならない」という制約があります。

それ以上時間が経つと、
梗塞進行によって血管がもろくなっているために、

出血してしまう恐れがあるんですね。

つまり、1分1秒が勝負なのですね!

t-PA治療は、脳梗塞発症後、
早い段階で受けるほど効果を発揮するもの。

逆に、病院到着まで
1分、5分といった搬送の遅れが出てしまえば、

それだけ助かる確率が減ってしまうのですね。

ですから、発作時に

「少し容子を見よう」

「動かさないようにしよう」

などといった対応をとるのは絶対に禁物。

そのちょっとした遅れが生じたことにより、
助かるものもたすからなくなってしまうかもしれないのです。
 

冷や汗、腹痛に吐き気の原因。その症状にめまいがあると要注意ですよ!

胆嚢摘出後の後遺症ってどんなもの?手術後の正しい生活とは!

なぜか体中が痒い、その皮膚のかゆみや湿疹の症状は肝臓が原因かも?

足の裏にほくろがあると癌って!その特徴や実際の症状は?

指の関節が腫れて痛い!原因は?何科を受診すればいいの?

 

 

最後に

僕の場合も、

僕の母型の家系は
血管が非常にほそく、

若いときから
脳や心臓の血管が詰まる病気を
非常に気にしてきました。

僕の叔父は42歳の時に
心筋梗塞で急遽そてしまいました。

後でわかったことですが、
そのとき仕事で

すごいストレスを抱えていたことも・・・。

だから、血管というか、血流、血液のドロドロ、

部位は脳であろうが、
心臓であろうが、

非常に気にしてきました。

とくに季節や気温にかかわらず、
水分補給には気を配り、

一時流行った「血液サラサラ」を意識しました。、

僕も50歳をすぎて、
血液ドロドロにならないために、

お酒を控えて、
ストレスをためない、
睡眠を十分にとっているつもりですが、

お酒の量はなかなか減りません。

認識不足です、反省です。

病気になって初めて後悔しないように、です。

根気と覚悟が必要ですね:^^;


スポンサーリンク




-健康常識のウソ・ホント
-, ,

スポンサーリンク