知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

健康常識のウソ・ホント

脳梗塞予防のカギとは?血管の粘性が高まれば詰まりやすくなるって!!

2017/09/09

寒い冬の時期は血圧が高くなるから、

脳梗塞に気をつけなくちゃ・・・

そういった固定観念を
お持ちの人も多いことでしょう。

たしかに
冬も脳梗塞が多い季節ではあります。

でも、
この病気が一番多発しているのは冬ではありません。

じつは、夏なのです。

この記事ではその理由をお伝えします。

 

 

 

スポンサーリンク

血管にとっては大きな負担って?

夏に脳梗塞が多くなる理由。

それは、
大量の発汗によって体が脱水状態になり、

血液の粘性が高まってしまうからです。

血液の粘性が高まれば、
当然流れが悪くなって

血管が詰まりやすくなります。

それで、
脳梗塞が起こりやすくなるわけですね。

また、この時期は
夏バテや食欲不足、
睡眠不足などから疲労をためやすく、

体の代謝機能も落ち込んでいます。

しかも、夏はカンカン照りの屋外と
冷房の効いた室内の温度差が

かなり大きくなりますが、

この温度差も血管にとっては
大きな負担となるのですね。

 


スポンサーリンク





 

脳梗塞予防のカギとは?

では、危険な夏、

どうやって脳梗塞を予防すればいいのでしょうか?

やはり、いちばん大切なのは水分補給です。

食事以外に1日1.5~2リットルの水分を
小まめに補給するようにしてください。

水とスポーツドリンクを
半々くらいの割合で摂ると、

塩分によって体内の浸透圧が保たれるため、
より脱水を防ぐことができるでしょう。

また、よく言われているように、

よる寝る前や朝の起床後に

コップ1杯の水を
飲むように習慣づけるのもおすすめですね。

 

 

 

脱水を加速させてしまいますよ!

でも、
ビールなどのアルコールはいけませんね。

アルコールは利尿作用が高く、
かえって脱水を加速させてしまうことになるのです。

よく夏場、
ゴルフや野球などのスポーツを行った後で
ビールジョッキをかかげている人がいますが、

これは非常に脳梗塞を招きやすい行動です。

ただでさえ、
スポーツでたくさん汗を流して
血液粘性が高まっているのに、

さらに脱水加速の追い打ちを
かけているようなものでしょう!

 

 

最後に

汗をかいたあとに、

”ビールをクアッっと
のどに流し込むのがこたえられないんだよ!”

という方もいらっしゃるかもしれませんが、
健康のためには慎んだほうがいいみたいです。

同様に、
サウナや温泉などで汗をかいたあとの
「一杯」もできるだけ控えたほうがいいですね。

そういう僕は、
”ビールをおいしく飲むために汗をかきたい派??”

なので全然説得力がありませんね。

順番が逆ですよね!

でも、
汗をかいたあとのビールは最高です。

冬でも、
とりあえずはビール、派です。

でも、
もう若くないので、
もう一度考えてみます。

でも、でも、ですみません。

全然、覚悟が足りませんね!

反省です、反省;^^:


スポンサーリンク




-健康常識のウソ・ホント
-, , , , ,

スポンサーリンク