知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

健康常識のウソ・ホント

日光の紫外線を浴びると皮膚ガンになるって本当?

2017/09/09

最近、日光を浴びることに
ナーバスになっている人が多い気がします。

お天気のいい日は、
どこへでかけるにしても

日傘を差し、
帽子を目深にかぶり、

サングラスや手袋まで着用して徹底ガードする。

とくに肌を気にする女性にそういう人が増えてきました。

 

 

スポンサーリンク

紫外線の驚異とは○○向けなのです!

・日光を浴びると肌の老化がはやまるって、

・紫外線を浴びすぎると皮膚がんになりやすいって、

・おまけにオゾン層が破壊されて
 紫外線の破壊力はますます強くなるって、

だいたい、そんなところが理由でしょうか。

たしかに、おっしゃる通りです。

日光の紫外線を浴びすぎるのは、
肌の健康によくないことですし、

皮膚がんにつながる可能性があります。

しかしです、しかし・・・。

いささか、神経質になりすぎではないでしょうか?

なぜなら、
日本人をはじめとしたアジア系の民族は、

比較的肌が強いほうだからです。

皮膚がんの患者にしても、

アフリカ・アジア地域ではごく少数しかいません。

それにそもそも、

「紫外線の驚異」というのは、

肌の弱い「白人向け」メッセージなのです。

 

不眠症にメラトニンとセロトニン!紫外線の意外な効用とは!!

ほうれい線の消し方!ためしてガッテン流リンパマッサージ法とその効果とは!

 


スポンサーリンク




紫外線を怖がりすぎではないですか?

ヨーロッパやオーストラリアなどでは、
皮膚がんはもっとも多いがんの一つです。

ヨーロッパは
北のほうから民族であり、
もともとメラニン色素が少なくて

肌の弱い体質の弱い人々。

しかも、
北ヨーロッパでは、
短い夏のありがたみを味わうために、

昔から「日光浴」の習慣を大事にしてきました。

そういう、
”日光のほんとうの怖さ”を知らない人々が、
さんさんと太陽が輝く土地に移住してきたわけですから、

無防備に肌をさらして紫外線を浴びていれば、
当然トラブルをおこしやすくなりますし、

皮膚がんを発生しやすくもなります。

その反省として、

「紫外線は怖い」
「日光を浴びすぎちゃいけない」

といったことが、

声高に叫ばれるようになってきたということですね。

でも、
こういう「白人向け」の日光脅威論を、

私たち日本人がそのまま額面通りに
受け入れて怖がるのはいかがなものかとも思います。

紫外線の浴び過ぎが健康上宜しくないのは、
事実ですが、

何もそこまで怖がることはないのです。

 

抜け毛を予防!女性が薄毛にならない効果のある抜け毛の対処法とは!!

日焼け止めは二度塗りが基本!その塗る量と塗り直しの時間にも気配りを!

目の下のクマの治し方!種類別の原因とその後のケア方法を伝授します!

 

 

最後に

日光を浴びることは
ビタミンDの合成にも不可欠ですし、

あまりに日光に当たる時間が短いと、

うつ病などの
精神的トラブルを招く恐れもあるのです。

要は程度問題であり、
日焼けをするほど
たくさん日差しを浴びなければいいんです。

必要以上に怖がらず、

お天気の良い日は、

たまにはお日様の光を
気持ちよく吸収するのもいいのではないでしょうか。


スポンサーリンク




-健康常識のウソ・ホント
-, ,

スポンサーリンク