知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

暮らしのトラブル

不動産投資でサラリーマンが失敗しないために知っておくべきこととは!

2018/11/13

 

サラリーマンや公務員の方は本業が忙しいので、
株やFXなどの動向を細かくチェックして資産を形成するのは難しいでしょう。

でも、不動産投資であれば、
日頃の管理・運営は専門の会社に任せてしまえるので、
業務などに煩わされることなく不労所得を得ることができます。

この記事では
不動産投資で失敗せず、
サラリーマンを辞めても
生活できるようになるための知識やノウハウと

知っておくべきメリットとデメリットをお伝えします。

そして収入を労働だけに頼ることなく経済的に自立し、
仮にサラリーマンを辞めて労働からの収入がなくなったとしても

家族みんなが幸せに暮らせるようになるのが目標ですね。

 

 

スポンサーリンク

サラリーマンが不動産投資するメリットは?

では、サラリーマンの方が不動産投資をした場合のメリットをみてみましょう。

具体的なメリットは主に以下5つが挙げられます。

①管理の手間がかからない
②所得税・住民税が節税できる場合がある
③生命保険の代わりになる
④私的年金の確保ができる
⑤インフレに強い

では、それぞれについて見てみましょう。

 

①管理の手間がかからない

不動産投資の場合、
物件の管理、入居者の管理など多くの業務を
管理会社に委託することができ、

ほとんど管理の手間はかからないと言えます。

 

②所得税・住民税が節税できる場合がある

サラリーマンの方が不動産投資をした場合、
不動産投資による「不動産所得」と
本来の給与所得と損益通算することが可能です。

不動産投資に関連する費用を計上して
不動産経営での年間収支が計算上で赤字になった場合は、

給与収入と損益通算をし、

確定申告をすることによって納めすぎた「所得税」を還付させる事が出来ます。

また、所得税の納税額をもとに算出する「住民税」も節税する事が可能です。

 

③生命保険の代わりになる

不動産購入する際に金融機関から融資を受ける場合、
団体信用生命保険に加入しなければなりません。

万が一、ローンの返済期間中に死亡または高度障害者となった場合、
団体信用生命保険が適用されローンの残債は保険金から返済され、

残されたご家族には、無借金のマンションを残すことができます。

毎月安定した家賃収入も得ることができます。

このように残される家族には保険のような役割も果たせるのは、
不動産投資の大きな特徴と言えるでしょう。

 

④私的年金の確保ができる

日本の公的年金は、
財源不足により受給額減や受給年齢の引き上げなどで不安が高まる一方です。

今のうちから不動産投資を始めることによって、
賃料収入で長期的・安定的に資産形成していくことができ、

退職後のセカンドライフも期待できるでしょう。

 

④インフレに強い

インフレ時に現金を所有していても現金の価値が下がっていきますが、

相対的に不動産の価値が上がっていきます。

つまり、インフレ時には現金を持っているより

不動産を購入した方が資産運用の観点からはベターです。

また、家賃も上昇傾向になることから、

不動産投資はインフレに強いと言えるでしょう。

 

不動産投資でサラリーマンが失敗しないために知っておくべきこととは!

敷金不返却、会員料不返還、延滞金の巨額請求、リフォームの高額請求への対処法とは!!!

 


スポンサーリンク



style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-3418683727317010"
data-ad-slot="1406557081"

 

抑えておこう!不動産投資のデメリット

不動産投資とは、
個人が資産形成を実現する上で有効な手段の1つです。

でも、
不動産投資におけるデメリットも非常に気になるところですよね

具体的なデメリットは主に以下4つが挙げられます。

<不動産投資のデメリット>

①空室リスク
②物件の老朽化
③金利の変動による返済額の増加
④流動性が低い

 

①はすでにご承知だと思いますが、

不動産投資は家賃収入がローン返済の原資となるため、
空室はもっとも怖いことです。

こうならないためには、
一にも二にも物件選びをおろそかにしてはいけません。

 

②も資産価値の下落を意味しますので、
まめなメンテナンスが欠かせません。

質の低下が空室リスクにつながります。

 

③は変動金利にした場合、
物価の上昇とともに金利が上がる可能性があります。

固定金利にすれば避けることはできますが、
それだともともとの設定金額が高くなります。

 

④はすぐに現金化できないというリスクです。

こうしたことを考慮し、
投資を検討していく必要があります。

 

戸建てのトラブル!境界線、眺望権、騒音、迷惑駐車、ゴミ問題などへの対処法とは!!!

職場でいじめ、パワハラ、セクハラ、ストーカーへの対処法とは!!

借金返済、住宅ローンが払えない、身に覚えのない請求などへの対処法とは!!!

 

最後に

不動産投資家のバイブルとも言える
金持ち父さんシリーズは日本でも大ベストセラーになりました。

金持ち父さん貧乏父さんという本を、
子供や老人はもちろん主婦も読むことは少ないと思われるので、

普通はサラリーマンの間でベストセラーになったんだと思います。

でも、金持ち父さんには
具体的にどのように物件を購入する方法などは

一切書いていません。

なぜ不動産投資からの
不労所得を得るのが良いのかという

”考え方”が書いてあるだけです。

 

はっきり言って今(2017年)は物件が高いですね。

こういう時に良い物件を購入するのは非常に難しいです。

しかし、景気は必ず循環します。

必ず物件が安くなる買い場が来るのです。

その時のために今から
不動産投資の勉強をするという行動を取っておくことが重要です。

他にも不動産投資以外で
お金を稼ぐ手段はないか探すことも重要な行動の一つですし、

副業をしてお金を貯めておくのもとても良い行動です。

物件が安くなった時に
お金を持っているととても良い買い物が出来るでしょう。

その時に備えて、物件情報にアンテナをはって、

知識と人脈と新鮮情報を確保しておきましょう♪


スポンサーリンク



style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-3418683727317010"
data-ad-slot="1406557081"

-暮らしのトラブル
-, , ,

スポンサーリンク