知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

暮らしのトラブル 腰痛

ヘルニアも脊椎狭窄症も痛みの原因ではない!筋肉の血行不良が痛みを引き起こすって?

2018/11/13

もともと整形外科の世界では、

腰痛のうち、

85%は原因不明の非特異的腰痛で、
10%が椎間板ヘルニアや脊椎狭窄症
残りの5%が悪性腫瘍(がん)や感染症・リウマチといった

炎症性疾患によるものだという見方が主流でした。

でも、椎間板が飛び足したり(ヘルニア)
脊柱管がせまくなることで痛みを感じるという考え方には

疑問を感じてしまいます。

なぜなら、MRIなどで骨や関節に異常が認められても、
痛みを感じずに過ごしている人が数多くいるからです。

この記事では、痛みの本当の原因となっているものを
僕の実体験も交えてお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

筋肉の硬直が原因の圧痛点とは?

筋肉の硬直
もとに戻らなくなってできる圧痛点

”トリガーポイント”です。

そこで注目すべきは、

”筋肉と神経”です。

もともと筋肉はとても繊細な筋繊維の集合体

少しでも負担がかかればすぐ傷ついてしまいます。

すると、

交感神経が優位に働いて血管が収縮し、
周囲の血流が悪くなります。

その結果、筋肉は酸欠になり、
スパズム(けいれん)を起こして硬直し、

発痛物質が出てきます。

この発痛物質が近くて神経の先端にある

”痛みセンサー”にぶつかると、

痛みの情報が信号となって

脳に伝わり、痛みを感じるのです。

 

 

 

筋肉の硬直を放っておくと?

通常、このような痛みは

3~7日で自然と消えるものですが、

筋肉の負担が続いたり、
強いステレスに長期間さらされたりすると、

筋肉の硬直が

元に戻らなくなってしまう場合があるのですね。

この痛みの圧痛点である
”トリガーポイント”を放っておくと

その周囲の筋肉の血流が悪くなって
筋肉に酸素や栄養素がいかなくかったり、

発痛物質や老廃物の排出が滞ります。

その結果、

トリガーポイントが新たに生じて
痛みやしびれがより悪化するのです。

痛みは慢性化するほど治りにくく、

治療も難しくなります。

したがって、

トリガーポイントが
できるだけ早期に発見してほぐすことが大事ですね。

 

 

 

痛みを引き起こす3つの原因とは!

筋肉が緊張すると、

筋肉内にある血管や神経が圧迫されます。

すると、

①血管の圧迫による血行不良

②神経の圧迫による伝達機能の低下

③筋細線維間の障害

という3つのことが起こります。

なかでも①の血行不良は深刻です。

筋肉の緊張によって動脈の幅が狭まると

酸素や栄養素が詰まって
うまくいきわたらなくなります。

すると、痛みやしびれだけでなく、

冷えやだるさといった症状が出ます。

一方、静脈では

ただでさえたまりやすい
緊張成分や老廃物が排出されずに

むくみなどの症状を起こし、

ますます悪化させてしまうことになりかねません。

 


スポンサーリンク



style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-3418683727317010"
data-ad-slot="1406557081"

 

動かし過ぎても、動かさなくてもダメって?

筋肉が固くなる原因は、

動かすことで起こる緊張と、
動かさないことで起こる緊張の大きく分けて

2つ考えられます。

前者はいわゆる筋肉痛です。

筋肉を動かすためには酸素が必要ですが、

激しい運動をした場合、

その供給が追い付かなくなり、

一時的に筋肉内に蓄積しているピルピン酸が
酸素の代役である乳酸となって筋肉を収縮させます。

しかし、
この乳酸がうまく排出されずに体内に溜って

酸素の通り道を塞いでしまうと、

結果、呼吸困難となった細胞の悲鳴という形で

痛みを感じるのですね。

後者はデスクワークなど終始同じ姿勢でいることで、
全身に血液を送るポンプ機能事態が働かずに

緊張成分が溜り、痛みが出ます。

また緊張した筋肉は伸縮しずらいため、

動かさなければ
その範囲はどんどん広がっていきます。

積りに積もった慢性的な場合は
こちらのケースが考えられますね。

 

 

 

最後に

僕の場合で恐縮ですが、

僕もデスクワークを始めて、今年で32年目です。

仕事中は印刷物を取りにいくくらいで
ほとんどパソコンの前から動きません。

先日も、休日に車の洗車をしようとして

すこし腰を曲げた際に、

腰に”ピリッ”激流が走りました。

鋭いカッターで切られたような冷たい痛みです。

その場で体が硬直して

冷や汗が、タラ~っと出たことを今でも覚えています。

それからは、トイレに座ることもままならず、

日常の生活にも支障をきたしてしまいました。

お風呂に入るのも大変でした。

体を動かすことも本当に大変で
満足に洗うこともできないのです :^^;

それから、整骨院にも通い、
固まっている筋肉をほぐしてもらいましたが、

そう簡単にはよくならず、
およそ1ヶ月程度不自由な思いをさせられました。

ようやく回復してきたので、

”今度は腰を動かして、筋肉に血流を流さなあかんなあ”と思って

お風呂に入る前に、腹筋を50回するようにしました。

そして、そのあとでお風呂に入っています。

もともと僕の体はコチコチなのですが、
”血流よ、流れてくれ~”って、祈るような気持ちで!

その後、約1ヶ月が経ちましたが、
いまのところ、腰板の再発はしていません。

予断を許しませんが :^^;

この後、腰痛がどのようになるのかはわかりませんが、

整骨院の先生も、

”腹筋は効果ありますよ”と言ってくれていますので、

このまま続けようと思っています。

また、その後の経過もご報告します。

とりあえずは、祈りながら、腹筋を続けます。

祈りながらッて、少し大げさですね :^^;

 

◆こんな記事も読まれています

腰痛の原因の8割以上は筋肉炎症とストレス!重要なのは○○を鍛えることです!!

40歳からの膝痛は放置すると寝たきりにつながるかも?

クーラー病って?あなたの頭痛や肌荒れ、そのだるさはクーラー病かもしれませんよ!

冷や汗、腹痛に吐き気の原因。その症状にめまいがあると要注意ですよ!

胆嚢摘出後の後遺症ってどんなもの?手術後の正しい生活とは!

指の関節が腫れて痛い!原因は?何科を受診すればいいの?

腰痛で脊柱管狭窄症の症状 歩行困難やしびれが悪化したら手術も検討!

 


スポンサーリンク



style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-3418683727317010"
data-ad-slot="1406557081"

-暮らしのトラブル, 腰痛
-, , , , ,

スポンサーリンク