知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

糖尿病 高血圧

糖尿病を予防する血糖値を下げる牛丼の食べ方8ケ条とは!

 

牛丼は安くてボーリュームのある定番ですよね!!

でも、糖質はどうなの?

牛丼の食べ方は、
赤いショウガを肉の上にたっぷりかけて、

そのまま、肉とご飯を一気に喉にかっ込むみたいな・・・

そうして食べると血糖値はあがってしまうのでは?

現在日本には、

「糖尿病である」もしくは

「糖尿病の可能性がある」人を合わせると

2000万人以上いると言われています。

単純に計算しても、
実に国民の6人に1人が糖尿病か、

その疑いがあると考えられているのです。

未然に防ぐには、
早くからの血糖値のコントロールが必要です。

この記事では、

急に血糖値を上げない食べ方や
毎日の食事のときに気をつけることができる

血糖値を下げる「牛丼の食べ方 8カ条」をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

■その1

並盛りでもお腹一杯に。

大盛り・特盛りは頼まない!

並盛りで満腹感を得られない人は、

大食いである以上に早食いであることが多いと思います。

大盛り以上でないとお腹がいっぱいにならないという人でも、

まずは並盛りに挑戦してみましょう。

 

 

 

■その2

牛丼つゆには砂糖としゅうゆがたくさん。

つゆだくは太るもと

せっかく並盛りを頼んでもつゆだくにしては意味がありません。

しょうゆはマヨネーズ以上に糖質含んでいます。

(100g中にしょうゆは7.1g,マヨネーズは3.0gの糖質を含む)

つゆには砂糖もみりんも使われているので、

頼まないようにしましょうね!

 


スポンサーリンク




 

 

■その3

サイドメニューも注文。まずはサラダから食べる

サイドメニューのサラダ、みそ汁、卵を注文しましょう。

それらを食べることで、

牛丼単体を食べるときよりも
血糖値の上昇を抑えることができます。

まずはサラダを少し食べて、そのあと牛丼を。

みそ汁の具も流し込まずに
しっかりと噛んで食べてください。

 

 

 

■その4

牛肉とたまねぎは20回かんで食べる

牛丼の具は牛肉とたまねぎ。

甘辛く煮てある具はおいしいですが、

よりじっくり味わって満腹感を得るためにも

20回数えてから飲み込むようにしましょう。

牛肉のタンパク質も食物繊維と同様、

米よりも先に食べておくと

糖の吸収がおだやかになります。

 

 

 

■その5

ご飯は食事を開始して2分後から食べる

牛丼を頼んだら、

ご飯を食べるのは食事を始めてから2分後にしましょう!

8ケ条のうちの「その3」「その4」を実践していると

ちょうどいい頃合いで2分が経つはずです。

また、ご飯も牛丼の具と同じように

20回はかむことを心がけましょう。

 

 

 

■その6

牛丼に生卵に、もしくは半熟卵を食べる

炭水化物はそのまま食べるよりも
食物繊維やタンパク質と一緒にとったほうが

糖の吸収はおだやかになります。

卵もそのひとつ。

卵を割って溶くという作業が加われば
さらに食事に時間がかけられ、

サイドメニューに加われば
よりバランスが整った食事になります。

 

 

 

■その7

自由に使える紅しょうが、七味を利用する

満腹感は食べ物をかむことにより、

満腹中枢が刺激されて高まることがわかっていますが、

紅しょうがや七味により味にバリエーションを加えることは

この満足感つながりますし、

しょうがとトウガラシは

体を温めエネルギーの燃焼にもなります。

 


スポンサーリンク




 

 

■その8

ご飯の1/5を残してごちそうさまを!

作ってくれた方には申し訳ないのですが、

ご飯の1/5は残すようにしましょう。

牛丼並盛りの炭水化物の量は約100g。

これは牛丼全体の量なのでご飯だけではありませんが、

ご飯を残すことで約20gの炭水化物を減らすことができます。

 

 

 

最後に

僕もたま~にですが、
無性に牛丼が食べたくなります。

そんなときには
紅しょうがを肉の上にたっぷりと掛けて、

丼を一気に食べ尽くしてしまいます。

その間、たぶん、5分程度だと思います。

8ケ条とか、かっこよく書きましたが、

本人はまったく真逆のことをしています。

すみません、語る資格ないですね :^^;

サイドメニューは、
冷奴とお漬物と豚汁が多いです。

とくに豚汁が牛丼と抜群の相性?って
思っているのは僕だけでしょうか?

そんな僕でも一番厄介なのは、

やはり ”早食い” だと思います。

そうとは思っていても、
無性に食べたいときに食べに行くので、

いきなり喉にかっこんでしまうのですね :^^;

反省です、反省!

僕は、並盛りで量的には十分なのですが、
本当にその食べ方には注意が必要だと頭では思います。

でも、です、でも。

ついつい”食い意地”が勝っちゃうのです :^^;

そして後で
”早食い”と紅ショウガの食べ過ぎ”を後悔するのです。

とくに僕は、
昨年末に逆流性食道炎を患って
その薬を服用していたのですが、
噛まずに早食いをすると、
量はあまり食べていないにも拘わらず、

食べたあとで
胃のあたりがチクチクと痛み出して、

そのあとが大変なことも
わかっているにもかかわらずです。

ほんと、ダメですね。

だから、
最近はあまり牛丼を食べないようにしています。

でも、それでは全然根本解決ならないですけどね :^^;

また、食べるときに血糖値とか、
カロリーのことはほとんど考えていません。

これもまずいですよね。

ちなみに、
血糖値をコントロールして、

メタボリックメモリーを生じさせない3つのワザをご紹介します。

・ワザ1:野菜を食べる

・ワザ2:血圧を測る

・ワザ3:体重を量る

・その他:運動を行う

当たり前のことかもしれませんが、

意識して実行に移すと、
結果が違ってくるかもしれませんよ!

 


スポンサーリンク




 

◆こんな記事も読まれています

糖尿病にならない血糖値を下げるイタリアンの食べ方8ヶ条とは!

糖尿病を予防して血糖値を下げる中華料理の食べ方8ヶ条とは!

高血圧の食事で気をつけること~高血圧の改善レシピ3選

コンビニで消化の良い食べ物を7つ!買うならこれがオススメ!!

40代の高血圧の症状とは!薬に頼らない対処方法とは!!

血圧を下げるコンビニで買える即効性のある食べ物と飲み物は?

糖尿病にならない血糖値を下げる回転すしの食べ方8ヶ条とは!

 

-糖尿病, 高血圧
-, , , , ,

スポンサーリンク