知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

めまい

めまいやふらつき、フワフワ感の怖さ!症状の重症度と病気の深刻度は別物ですよ!!

不快症状が起きれば
どれも少なからず不安になるものですが、

とくにめまいやふらつき、フワフワしたような症状

「命にかかわるような病気があるのでは」

という疑問をさらに不安を大きくします。

この記事では、
めまいやふらつき、フワフワ感の奥に潜む
怖い病気の病名とその症状や原因を
わかりやすくお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

突然目の前がグルグル回り出します!

めまいやふらつきは、

目の前がグルグル回るように感じられる
「回転性めまい」と、

体がフワフワするような
「浮動性めまい」に、

大きくタイプが分けられます。

回転性めまいを起こす病気として

よく知られている「メニエール病」は、

朝、目が覚めると
突然目の前がグルグルと回って、

吐き気がして起き上がれないというように、
症状は大変に強烈です。

通常は2~3日で治ってしまいますが、
また数年経つと起こるという特徴もあります。

 

 

 

なぜ起こるのか、そのメカニズムとは!

なぜ起こるのか、
そのメカニズムなのですが、

耳の奥、内耳の中のリンパ管に
水がたまって

平衡感覚を司る耳の器官を
圧迫するために起こると言われています。

めまいのほかに、
吐き気や耳鳴り
難聴が同時に起こり、

発作を繰り返しながら、
難聴が悪化していくのが

典型的なメニエール病です。

一般の症状は、難聴を訴えない、
めまいだけの患者さんが多いようです。

多くはそういう場合であっても
「メニエール病」と呼んでしまっています。

 

 

 

めまいとふらつきをまねく原因とは!

・起立性低血圧症

症状は、脳貧血・自律神経の乱れなど

 

・脳梗塞・脳出血

症状は、良性発作性頭位めまい症

 

・メニエール不全型

症状は、メニエール病

 

・その他(原因不明です)

 


スポンサーリンク




 

症状の強さと病気の重症度は一致しません!

このように話してしまうと、

原因を特定できないことに
強い危機感を持つ方もおられると思いますが、

緊急に処置をしなければいけない場合は
少ないのです。

つまり、
めまいやふらつきは確率的に
重病であることは非常に低く、

かつ、症状の強さと病気の重症度は
一致しないということなのです。

逆に、命に関わる
くも膜下出血や小脳出血、小脳梗塞も
めまいやふらつき、フワフワ感がおこります。

 

一般的には
激しい痛みを伴うと言われていますが、

じつはあまり痛みを感じない人もいるのです。

 

でも、
軽いめまいやふらつきだったら、

放おっておいてもいいというのは、

非常に危険なことなのでね。

 

 

検査はどこでうければいいの?

めまいやふらつきが起きた場合は、

脳出血ではないか、
重い脳梗塞はないか、

それだけで
病院で検査を受けて確認すべきです。

そして、
検査を受ける際には、
まずは「脳神経科」か、「脳神経外科」

受診することをオススメします。

あるいは、
救命救急センターのような

脳の断層画像(CT)や
時期共鳴画像法(MRI)

素早く撮影できる所で受診すべきです。

 

 

 

めまいやふらつきの注意点

めまいやふらつきの生活上の注意点は、

脳卒中の予防、
つまり血圧や血糖値に注意して

動脈硬化を防ぎ、
メニエール病の原因といわれる

ストレスをためないことですね。

また、立ちあがるときに
めまいが起こるという人は、

起立性低血圧症
良性発作性頭位めまい症

(耳の中で平衡感覚を保つ器官・耳石が
 あるべき場所からはがれおちたために起こる病気)

が考えられますが、

この場合、
ゆっくり立ち上がるということを意識してください。

もちろん、
この場合も病名を自分では決め付けず、

繰り返しになりますが、

まずは脳の検査を受け、
脳に異常がない場合は
耳鼻咽頭科の診察を受けることが大切ですね。

 

 

 

難聴の意外な原因とは

難聴は、よく「騒音」が原因と言われますが、

意外な原因として「動脈硬化」が考えられます。

 

動脈硬化とは
運動不足などの悪い生活習慣によって
血管が固くなり、

血液のめぐりが悪くなることです。

血管が十分に循環しないと、
必要な酸素や栄養が耳に届かず、

音を脳に伝える器官の働きが低下してしまいます。

その状態が長く続くと難聴になってしまいます。

だから、あなたは意識してください。

騒音とまでは認識していない生活音や、
知らぬ間に進行していた動脈硬化によって、

気づいたときには
難聴が重症化しているということがありうるのですね。

 

 

最後に

僕の場合で恐縮なのですが、
僕も21歳の夏の暑い日に、

いきなり目の前が
グルグルと回りだしました。

天井の木目が本当にグルグル回って、
立ち上げれないのです。

吐き気もひどく、
水を飲んでも吐いてしまうほどでした。

もう、お腹の中には何も入っていない状態でした。

でも、医者に行こうにも立ち上がれないのです。

僕は当時付き合っていた彼女に電話をして、
部屋まで来てもらって、

徒歩で肩を借りながら
駅前の耳鼻咽頭科まで
なんとかたどり着くことができました。

彼女にほんとうに感謝です:^^;

結果、”メニエール病の入口”ですね。

とその医師には簡単に診断されてしまいました。

”入口って何?”
その時はあまり、ピンときませんでしたが、

とりあえず、2日ほど安静にしていると
徐々にめまいも回復してきました。

但し、
それでも一週間くらいは立ち上がると
目の焦点が合わないというか、
ふらふら感は残りました。

あれからもう30年以上が経ちましたが、

今でもストレスが極限近くまでたまると、

自分である程度、
その兆候を感じることが出来て、
あまり無理をしないように注意して、
なんとか過ごしています。

ストレスがたまりすぎるとなんか、
目の前が”キラキラ”と揺れ出すのですね。

もう大変です。

今でも本当に怖いです。

会社などでは、
自分で”ふらふら病”と名乗っていますが、

本人はいたって真面目に、怖いです。

あなたもストレスをためすぎて、
フラフラする場合は、
一度耳鼻咽頭科を受診なさってください。

なかなか、
根本治療は難しいかもしれませんが、

自分で自分の症状を意識して、
その症状を悪化させないことで、

なんとか、深刻な症状を回避することが出来るはずですから。


スポンサーリンク




◆こんな記事も読まれています

突然目が回る原因とは!めまいや冷や汗、腹痛は恐ろしい病気が潜んでいることも?

冷や汗、腹痛に吐き気の原因。その症状にめまいがあると要注意ですよ!

胆嚢摘出後の後遺症ってどんなもの?手術後の正しい生活とは!

便秘に冷や汗や吐き気は要注意!めまいや腹痛などをともなう時は?

 

-めまい
-, , , , , , , ,

スポンサーリンク