知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

めまい

めまい、耳鳴り、難聴の原因?耳の血流がアップする血液サラサラ食材とは!

 

 

動脈硬化
めまい、耳鳴り、難聴に関係していると聞いて
あなたは驚かれるかもしれません。

しかし、動脈硬化は、
脳卒中や心筋梗塞の原因になるだけでなく

めまい、耳鳴り、難聴の
重要な要因になっているのです。

この記事では、
めまい、耳鳴り、難聴の原因となっている

動脈硬化を改善し、
耳の血流をぐんぐんアップさせる
血液サラサラ食材をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

めまい、耳鳴り、難聴の原因とは

耳が空気の振動を
音として感じる機能を正常に働かせるためにも、

血流はとても大切な要因になってきます。

血液の流れがスムーズでなくなると、
代謝が悪くなってしまいます。

すると、空気の振動を音として
認識する機能がうまく働かなくなり、

耳鳴りや難聴の原因になってしまうのです。

これらのめまい、耳鳴り、難聴の原因になる
動脈硬化を防ぐには、

生活環境や食生活の改善はかかせません。

動脈硬化を防ぐために
積極的にとりたい食材は、

オメガ3脂肪酸(DHAやEPA)を含むものです。

オメガ3は、
血液中の脂肪濃度を下げて
血液をサラサラにする働きがあり、

サンマ、サバなどの青魚やえごま油、

オリーブ油などに含まれています。

ここで注意したいのは食べ方です。

えごま油やオリーブ油は、
そのまま生でとりいれてください。

どんな油でも、加熱を繰り返せば酸化します。

酸化すると、
オメガ3をとりいれるどころか、

体に悪い油になってしまいますので、
加熱せずに、

そのままサラダにかけたり、
お肉にかけたりしましょう♪

 

 

酢とたまねぎの血液サラサラ効果とは

酢たまねぎは、
生のたまねぎを薄切りにし、

酢とはちみつを加えるだけの簡単なものですが、

血糖値や血圧がグンと下がり、
耳鳴りやめまいも改善させます。

たまねぎには、
その独特の絡みのもとになる

「イオウ化合物」という成分が
10種類以上も含まれていますが、

中でも「硫化アリル」や「ジスルフィド」には、

血液中の中性脂肪や
悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

加えて、
そのほかのイオウ化合物も優れた抗酸化力を持ち、

「ケルセチン」というポリフェノール
同様の働きで血液をサラサラにしますし、

「ケンフェロール」
体内の糖や脂肪の燃焼を促します。

一方の酢にも、
血糖値の改善や血液サラサラ効果など、

さまざまな働きがあります。

このように、
お互いに優れた作用をもつ
酢とたまねぎを組み合わされば、

相乗効果が生まれることが期待できます。

つまり、酢玉ねぎは、
ドロドロ血液を防ぎ、

高血圧や糖尿病、耳鳴りを
改善する最強の特効薬なのです。

 

 

たまねぎ酒の作り方

材料

・たまねぎ    :1個

・焼酎      :500ml

 

作り方

①たまねぎは皮をむいて上下に切り落とし、

 縦半分に切り、繊維と直角の方向に厚さ1~2mmの薄切りにする

 

②密閉できる保存ビンに①を入れ、焼酎を注ぐ。

 

③それで完成です。

 漬けて1週間から飲めますよ。

 ストレートはもちろん、お湯で割ったり、

 はちみつを加えてもおいしく飲めますよ。

 3ヶ月~半年、冷蔵庫で保存可能です。

 

1ヶ月たったら、
たまねぎをキレイな箸で取り出します。

たまねぎは、
乾煎りしてアルコールを飛ばせば
料理にも使えますよ!

お酒は大量に飲むと
体によくありませんが、

おちょこ1杯くらいなら、
血液を拡張する作用あがるので

血流アップに役立ちます。

 

毎日たまねぎ酢を
おちょこ一杯飲んで、

血行をよくしてから
寝ると理想的ですね。

お酒が苦手な人は、
ハチミツを加えたらり、

お湯で割ったりして飲みましょうね。

めまい、耳鳴り、難聴の予防・改善に
たまねぎ酒をぜひ、役立てください!

 


スポンサーリンク





 

 

酢たまねぎスープの作り方

(酢たまねぎは作りやすい分量、スープは1人分)

材料

・たまねぎ    :中3個

・酢       :400ml

・はちみつ    :大さじ1

・塩       :塩少々

・コンソメ風のだし:150ml

 

作り方

①たまねぎは皮をぬいて上下を切り落とし、
 半分に切って厚さ2mmぐらいの薄切りする。

 薄切りが大変な人はスライサーを使ってもいいです。

 

②①に塩をふって混ぜ、30分おく

 

③②のたまねぎを保存容器に移し、酢を加える。

 まろやかにしたい人は、
 はちみつを入れてよく混ぜ、蓋を閉めて密閉する。

 2~3時間後から食べられますが、

 冷蔵庫で5日間程度おくと、
 味がまろやかになります。

 

④コンソメ風味のだしに③を15g加える

 

⑤それで完成です!

 

漬け酢も一緒にとると
健康効果がさらに高まりますよ!

それと、1日1回、1杯食べると効果的♪

 


スポンサーリンク





 

 

最後に

酢たまねぎは、
そのまま食べてもよいのですが、

さらに効果を得たい人におすすめなのが、
酢たまねぎスープなのです。

火を通さずに
コンソメスープを加えるだけですから、

あなたの健康効果が損なわれることはありません。

ぜひ、お試しあれ♪

 


スポンサーリンク





 

◆こんな記事も読まれています

耳鳴りの原因とは?突然キーンとなる耳鳴りの対処はどうればいい?

突然目が回る原因とは!めまいや冷や汗、腹痛は恐ろしい病気が潜んでいることも?

鼻呼吸が重要!口呼吸している人は鼻やのどになんらかの問題が??

40代の高血圧の症状とは!薬に頼らない対処方法とは!!

-めまい
-, , , , ,

スポンサーリンク