知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

認知症

認知症や記憶力の低下の原因と脳を活性化させる対策とは!

脳血管に問題が発生し、
脳の血流不足による”脳の冷え”が起きたときに、

私たちにどのように影響があらわれるのでしょうか。

それは、脳梗塞や脳出血、
そして認知症や記憶力の低下、

仕事のやる気が出ずに
ボーッとするといった脳の病気・不快感です。

その影響は全身に及び、
高血圧や不整脈、
糖尿病や肝機能・腎機能の低下、
便秘や下痢、
代謝の悪化による脂質異常や肥満

こういった全身の病気の症状が起こる恐れも
十分に考えられるのです。

この記事では、
認知症や記憶力の低下の原因と
脳を活性化させる対処法をお伝えします。

 

 

 

スポンサーリンク

脳の働きはすべての生命活動の源なのです!

こそ、
私たちの生命活動を支えているすべての器官が、
正常に機能するように監視し、

指示を送り続けている司令塔なのです。

”脳の冷え”
脳の指令を伝える自律神経の働きを乱すので、

血圧や腸の運動、
新陳代謝のリズムまで乱れさせてしまいます。

”脳の冷え”を防ぐには、
脳ストレスを解消することが重要です。

脳も臓器の一つですから、
血流を促進させることが重要なのです。

 

 

 

脳内ホルモン分泌力の低下に対処するには

脳内のホルモン分泌力の低下には
脳を温めることが重要ですね。

”脳を温める”って、
どういうことなのでしょうか。

あまり、聞きなれませんよね。

睡眠不足になると

脳内で心を前向きにしたり、
疲労感を取り去ったりする
ホルモンの分泌が乱れるのですが、

これらホルモンの不足も心臓の働きや
糖尿病とかかわりの深いインスリンの分泌を乱す原因です。

うつ病や更年期障害、
月経不順との因果関係も認められています。

つまり、
潤滑油の役目をしているホルモンの不足も
”脳の冷え”とはいえないのでしょうか?

この睡眠不足についても、
真面目で悩みやすい性格の人が、

夜中にも考え事をして
寝付けずに起きるということがよく見られます。

つまり「心のストレス」
私たちの健康状態に大きく影響しています。

心や性格が原因の不調を、
「心」にアプローチすることで
改善するのは非常に難しいですが、

全身の血行がよくなり、
”脳の冷え”をとると、
ホルモンの分泌力も高まるので、
徐々に改善が見られます。

今のストレス社会において、
「心と体は一体」という考え方が広まってきています。

そして
この心と体を結び付けているのが
脳なのだということを
あなたにできたら、と思います。

 

 

 

空腹は脳を活性化させて認知症を撃退するって?

食事のあと、
頭がボーっしたり、
眠くなったりしたことはありませんか?

昼食後は眠くて
仕事がはかどらない、
授業に集中できない、

といった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

これは、
食べ物を消化しようと体が反応して、

胃腸に血液が集まり、
脳への血流が少なくなるためですよね。

この血流が足らず、
脳が鈍った状態が続くと、

記憶力や判断力が悪くなり、
認知症などを引き起こすようになるのです。

しかし、
おなかをすかせていると、
脳へも十分に血液が行きわたるので、

頭の働きがよくなり、
記憶力や洞察力、
さらには判断力を高めることまで可能になります。

キリストやお釈迦さんなど、
歴史上の偉人が悟りを開いたとき、
みな断食していたという事実も、

空腹が脳の活性化を助けるということの
裏付けでなないでしょうか?

さらに、
記憶力をつかさどる
「海馬」への血流をよくする

「グレリン」というホルモンが、

空腹時に胃から分泌されてくることも
頭がさえてくる要因ですね。

 


スポンサーリンク





 

 

最後に

そうです、
ストレスって本当に怖いですね。

現代社会はストレスだらけです。

ときに、
会社でも、
ご近所づきあいでも、
学校でも。

人間関係によるストレスからは、
何人も逃れられないと思います。

だから、
自分自身でストレスを少しでもコントロール
できるようになるべきです。

僕も、会社員としての生活がもう30年以上です。

当然、あらゆる場面で、

仕事のストレス、
人間関係によるストレス、
取引先とのトラブル等、

数えたらきりがありません。

でも僕はストレスをなんとか、
克服しようと自分なりに努力してきました。

その最も効果的な方法は、”忘れること”です。

僕は家族にもよく言う言葉が、

”人間は忘れるから生きていけるんだ”

でも、この忘れることが
実は一番難しいことなのかもしれません。

そんなストレスで苦しいとき、僕は、
別の楽しいことをイメージしたり、
予定を立てたりして、

その苦しいストレスを忘れようと努力します。

そうすることで、
気持ちはすこし落ち着いて楽になったりもします。

何か問題を乗り越えられたときに、
心に褒美を準備するようなイメージですね。

これで、
すべてが解決できるわけでもありませんし、

あなたが持って生まれた考え方や
性格ももちろんあるかとは思いますが、

”なにかを乗り越えたときに心に褒美を準備する”

それによって
今のストレスを解消するためのエネルギーを心に与える、

僕のこれまでの経験からの必勝法です。

これ、意外と効果的なことがありますよ。

一度、お試しあれ♪

 


スポンサーリンク





 

◆こんな記事も読まれています

認知症の症状と老化現象の違いを日常の行動で見分けるコツとは!!

認知症の進行を抑えるには?ウォーキングはボケ防止にいいは本当??

認知症予防に運動の効果が凄い!オススメの運動療法とは!

えごま油と亜麻仁油の違い!?認知症・うつ病に効果があるのはどっち?

胆嚢摘出後の後遺症ってどんなもの?手術後の正しい生活とは!

 

-認知症
-, , , , , ,

スポンサーリンク